挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

地獄からの手紙

作者:Sal
 田中 啓志がその日大学から帰ってきたのは、午後6時頃のことであった。

 春からアパートでの独り暮らしになって少し経ったが、特に問題もなく日々を過ごしていた。

 啓志はいつもどおりに、自分の部屋の番号が書かれている郵便受けの中身を確認する。

 そして、今朝に取り忘れた新聞を中から取り出した。

「?」

 ふと何か黒い物が郵便受けの奥の方に見えた。

 奇異に思いながら、啓史はソレを手に取る。

 何だこれは。


 それは、不気味なまでに真っ黒な手紙だった。


 差出人の名前は無い。ただ、端の方に小さく、修正液で書いたような白い文字で、『To:KT』とあった。

(KT……けいし、たなか……?)

 やはり自分宛てなのだろうか。

 中身を見てみるが、何も書かれていない。真っ黒な面に、灰色の罫線が引いてあるだけだ。

 ひょっとしたら、友人の誰かが悪戯で入れたのかもしれない。

 それならば、何も気にすることは無い。明日、思い当たる人物達に問い質してみよう。

 啓志は特に気に留めることも無く、自分の部屋へと戻っていった。










 奇妙なことはそこからだった。

 翌日、啓志が最も親しくしている四人の友人に尋ねると、四人揃えて皆、「自分も送られてきた」と言ったのだ。

 そんな馬鹿な、そう言うと、全員あの手紙を懐から取り出した。

 言うまでも無く、それは啓志の持っている物とそっくりだった。

 ただ端っこに書いてある文字が、それぞれのイニシャルになっているだけだった。

 啓志は混乱した。

 誰かがふざけてやったのだと、そう思っていた。いや、もしかしたらその誰かが全員にやったのかもしれない。それとも、全員がグルになって自分をからかっているのかもしれない。

 しかしどうやら、みんながそう思っているようで、警戒心を剥き出しにしている。

 ただ一人を除いて。


「もしかしたら、地獄からの手紙……だったりしてね?」


 そう言ったのは、オカルト好きのルミだった。

「どういうこと、それ?」

 利奈が声を震わせて彼女に問うと、

「ほら。『これからお迎えにあがりますよ』みたいな」

 ルミはくすくすと笑う。

「ふざけんなッ!」

 その様子を見て怒鳴りだしたのは、一番怒りっぽい章吾。

「なに笑ってやがる! さてはこの手紙、お前が作ったんじゃないだろうな!」

「おいおい、落ち着けよ……」

 ヒロがなだめる。

「黙ってられるかッ! 冗談でやってるにしたって気持ち悪いんだよ、この手紙!」

 それには同感、と啓志は心の中で思った。

 昨日は何とも思っていなかったが、こうも全員が自分と同じことをされているとなると、流石に気味が悪い。

 しかし、どうも誰がやったというわけではないようだ。

 となれば、考えられることは。

(また別の誰かの仕業か……)





 結局、その日は何も解らないままで、全員は別れた。

 啓志は家路の途中で、今日の会話を思い出していた。

 ルミは面白がっていたが、他の人達は少なくともそうは思っていないだろう。

 ヒロが一番落ち着いていたが、利奈は怖がりで、章吾は短気。どうにも良くない。

 正直、自分としてもこれ以上に険悪なムードになるのは避けたいところだった。

 ならば、明日からはどうするか。

 そうだ、もう忘れよう。あんな手紙のことなんか。

 他の誰かがほんの少し悪戯をした、それでもういいじゃないか。

 啓志はそんなことを考えながらアパートに着き、黒い手紙をくしゃくしゃに丸めてゴミ箱に投げ捨てた。










 翌日、啓志達は悪い知らせを聞いた。


 ルミが死んだのだ。


 啓志達は驚愕した。何故。昨日まで、普通に話していたのに。

 どうしてこんなことに。

 話によれば、殺されたらしいのだ。

 遺体があったのは通学路の途中。鋭利な刃物によって何度も切り付けられた跡があったという。

「多分、通り魔だろう……可哀相に」大学に来ていた警察はそう言っていた。

 四人は、それは違う、と感じていた。

 何となくだが、例の『アレ』が関係しているような気がしたのだ。





「どうしよう……」

 ルミが死んだことを聞いて、最も暗い顔をしていたのは利奈だった。

 ルミの死のショックもあるだろうが、あの手紙による死の恐怖もあるのだろう。

 それは恐らく、皆同じだ。

 だが、利奈は異常なまでに体を震わせていた。

 どうしたのかと訊けば、彼女は啓志達にあの黒い手紙を見せた。

 それには、昨日とは明らかに違う点があった。

 文面である。

 黒い面に引かれている灰色の罫線の間。


『ツギハオマエ』


 たった六文字。修正液で書いたような白い文字でそう書かれていた。

「いやだよ……わたし、ルミみたいになりたくない!」

 利奈は途端に泣き出した。

「お願い! わたしを護って!」

「うるせえよッ!」

 章吾が声を荒げた。

「自分の身くらい、一人で護れよ! オレ達まで巻き添えにする気か!」

「わたしを見捨てるの!?」

 互いが怒鳴る。

「落ち着けよ、二人とも!」

 ヒロが間に入る。

「章吾。僕は、利奈に付くよ」

「正気か、お前!? 殺されたらどうすんだ!」

「そんなの関係無いだろ! ルミが死んだんだ! 僕はこれ以上、友達を失いたくない!」

 流石にヒロも相当に感情的になっていた。

「……勝手にしろッ!」

 章吾は一人で帰った。

「啓志。君はどうする?」

 ヒロは、残った啓志に尋ねた。

 利奈と一緒にいることが怖くないわけでは無かった。

 ただ、章吾のように一人でいる方が、啓志は危険だと思ったのだ。

 啓志は首を縦に振った。

 偽善だ。最初から護る気など無い。

 それでも素直にありがとう、と感謝を言う利奈を見て、啓志は少しだけ心が痛んだ。










 その日の帰り道。

 ルミは下校途中に殺されたとなれば、『ソレ』はそろそろ来るはずである。

 ヒロ、利奈、啓志は道を横に並び、周りを警戒しながら進む。

 しかし、何かが出てくる気配も何も無い。

「やっぱり、考えすぎ……かな」

 利奈が呟く。

「いや、僕はいくらなんでも偶然とは思えない。誰かの悪戯だったとしても、用心に越したことは無いよ」

「で、でも……二人に迷惑かけちゃ―――」

 利奈の言葉が突然途切れた。

 飛び散る鮮血。

 ヒロと啓志は絶句する。

 それは、背後。


 白のワンピースを着た、長い黒髪の女が手に鎌を持って立っている。


「あ……ぁ……」

 啓志の口から出るのは、声にならない声だけ。

 女が持つ鎌から血が滴れ落ち、コンクリートの道路に赤い斑点を付ける。

 ヒロが倒れている利奈に近付いて呼びかけているが、何も反応は無い。

 確認しなくともその傷の具合を見れば、どうなのか分かる。

 利奈はもう死んでいる。

 たった今、この女に殺されたんだ。

 女の目が何を見ているかは、髪で隠れていて見えない。

 啓志は汗が止まらないでいた。

 こっちへ来るな。やめろ。来ないでくれ。待ってくれ。殺さないでくれ!

 カラン、という音がして、啓志はハッと我に返った。

 道路に、血で染まった鎌が落ちている。


 女はすでにどこにも居なかった。


「利奈……っ……!」

 ヒロが傍らで悔しそうに声を上げる。

 対して、啓志は恐怖以外の感情を抱いていなかった。

 目の前で友人が殺された。

 得体の知れない存在によって。

 あの手紙が原因で?

 次は自分が狙われる?

 手が小刻みに震える。

 利奈は殺されたんだ。あの女に。

 啓志は落ちている鎌に視線を落とす。

 そして、拾い上げた。

(この鎌で………)

 自分も殺されてしまうのか?


「……お前ら……!?」


 啓志とヒロは顔を上げた。

 道の突き当たり。

 章吾がそこにいた。

 一体何でここにいるのか。いや、今はそんなことどうでも良かった。

「お前らが……やったのかッ!!」

 章吾は、現場を見てそう言った。

 一瞬、呆気に取られた啓志とヒロだが、啓志は自分の手に持っている物に気付いて、慌てて言う。

「ち、違うっ! 違うんだ!」

「何が違うんだよッ! その手に持っているのは何だッ!」

「落ち着け、章吾! 話を聞くんだ!」

 ヒロがなだめようとするが、

「ふざけんな……次は、オレを殺す気か? オレは絶対、お前らなんかに殺されねぇぞッ!」

「お、おい、章吾!」

 章吾は全く話を聞かずに、その場から走り去って行った。

「……啓志。今、あの手紙持ってるか?」

 啓志は、昨晩のことを思い出す。

「いや……あれは捨て―――」

 ふと、自分のズボンのポケットに何か入っていることに気付いた。

 馬鹿な。

 何でここにある。


 啓志はポケットから黒い手紙を取り出した。


「……あるな。ちょっと中を見てみてくれ」

 啓志は言われたとおり、手紙を開く。

 何も変わったところは無い。文が出てきている訳でもない。

 ヒロはそれを見ると、懐から自分に送られてきた手紙を取り出し、中を確認する。

「……僕の方にも何も書かれてない」

 それが、何を意味するか。

 啓志とヒロは確信した。


「……章吾が危ない」


 ヒロは素早く携帯を取り出し、どこかへ連絡を入れる。

「啓志。君はここで警察と救急車を待ってくれ。僕は章吾を追う」

 それだけ言って、ヒロは駆け出した。

「ヒロ……!」

 啓志はただ呆然と立ち尽くす。

 まだ頭の中が混乱している。

 利奈が死んだ。

 女が殺した。

 ヒロは章吾を助けに行くのか。

 警察と救急車はあと何分で来るんだ。

 啓志は、居ても立っても居られずに頭を掻き毟る。

 そして、あることに気付いた。


 自分がさっきまで握っていた鎌はどこだ?


 辺りを見回す。

 無い。無い。無い。どこにも無い。

 鎌がその場から消えている。

「………章吾……ヒロ……」

 啓志は何も考えずに走り出した。















「嫌だぞ……オレは絶対に死なない……死なない……」

 とある公園の公衆トイレの中。

 章吾は一人でぼそぼそと呟く。

「あいつらに殺されてたまるか……こんなもので……」

 章吾は、死の宣告が書かれた手紙を握る。

「こんなものでッ!」

 その場に叩き付け、何度も踏み潰す。

「はぁ……はぁ……」

 息切れを起こし、トイレの洗面台の水を流す。

 軽く顔を2,3回洗い、顔を上げて、鏡を見る。

「……お前……ッ!?」










「うわあああああぁぁぁぁ!!」

 悲鳴が聞こえて、ヒロは公園の方へ走る。

「章吾!?」

 公衆トイレの中に入る。

 そこには誰も居なかった。

 だが―――

「何だよこれ……」

 トイレの中は血が飛び散った跡で真っ赤に染まっていた。

「…………」

 ヒロはトイレから出て、自分の黒い手紙の内容を見る。

 肝心の章吾自身が居ないが、ヒロは章吾が死んだことを確信した。

「……僕も駄目か」

 『ツギハオマエ』と書かれた手紙を投げ捨てる。

 そして―――










 啓志は道の途中で立ち止まった。

「章吾……ヒロ………」


 『サイゴノヒトリ』


 手紙にはそう書かれていた。

 何で。

 一体何でこんなことになった。

 この手紙は何なんだ。


「知りたいのか?」


 気が付くと、背後にあの女が立っていた。

「その手紙が何か訊きたいのか?」

 啓志はこの声に聞き覚えがあった。

「その手紙は、『地獄からの手紙』と言っただろう」

「……ルミ?」

 ルミのような姿をしたソレは、無表情な顔で近付いて来る。

 その手には、血が付着した鎌。

「その手紙は私の最期で始まり、お前の最期で終わる」

 鎌を振り上げる。

 そして―――


 女は最後に笑った。















「警部、どうしたのですか? 何か考え事でも?」

「いや……この大学生が5人殺された事件のことでな……」

「何か分かったのですか?」

「そういう訳では無いのだが……この5人を殺された順番に並べてみろ」

「こうですか?」

「そうするとな………浮かび上がってくるだろう?……最後の方に奇妙な言葉が」








 どうも、この小説を書いたSalと申します。


 これは、夏のホラー2009参加作品です。

 作者の手違いで投稿指定日時を過ぎてしまいました。本当、何やってるんでしょうね私は。


 最後に、この小説を最後まで読んでいただきありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ