挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

雑音アレルギー

作者:すけ。
 話しながら歩く子連れの親
 何が気に入らないのか泣き続ける子供
 仲良さげに群れてはしゃぐ学生
 電話をしながら歩くサラリーマン

 全部が全部 等しくうるさい
 周りのことを 考えてくれ

 通り過ぎるバスのエンジン音
 ドアの隙間から響くパチンコの音
 信号が変わる音
 商店街に流れるBGM

 全部が全部 等しくうるさい
 そんな音 聞きたくないんだ

 イヤホンを耳に詰め 耳から薬を流し込む
 音が消える 世界から孤立する
 静かになったと安い幸せで自己満足する
 それが平和だと錯覚して

 人を詰めて輸送する列車の中 人に押され音楽が止まる
 ノイズが耳にまで届きおかしくなりそうになる 人が邪魔で音楽のスイッチを入れられない

 誰か僕の耳から 精神安定剤を入れてくれないか?
 三角のボタンを押すだけなんだ 簡単だろ?

 もみくちゃにされ 耳からイヤホンが抜け落ちた
 汚物が耳から入ってきて 狂ってしまいそうだ!

 誰か僕の耳から 精神安定剤を入れてくれないか?
 それがないと僕はダメなんだ 取り上げないでくれ

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ