挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

御徒町樹里シリーズ

御徒町樹里の西遊記(番外編)

少しでも皆様の癒しになればと思います。
 御徒町おかちまち樹里じゅりはある国の僧です。

 樹里は夢で観音様のお告げを聞きました。

「御徒町樹里よ、ありがたい経典を授かるため、天竺に旅に出るのだ」

「そうなんですか」

 樹里は笑顔全開で応じました。

「明日にも旅に出るのだ。頼んだぞ」

「はい」

 樹里は更に笑顔で答えました。



 翌朝です。

 樹里はいつものように寺院に行き、お経を唱えます。

「こらこら!」

 観音様が現れました。

「早く天竺に旅立たんか!」

 観音様は切れました。

「そうなんですか」

 樹里は笑顔全開です。

「では旅に出ます、御手洗様」

「誰がキヤノン会長だ!」

 観音様はまた切れました。股が切れたのではありません。

「そうなんですか」

 樹里はそれでも笑顔全開です。

「頼んだぞ」

 観音様はそう言って消えました。



 樹里は天竺へと旅立ちます。

 馬に揺られて進むと、山賊が一人現れました。

「金を出せ」

 山賊が言いました。

「はい」

 樹里は鐘を出しました。

「ふざけるな、その鐘じゃねえよ、ぜにだよ!」

 山賊は怒りました。

「はい」

 樹里はジェニー人形を出しました。

「いつの時代のおもちゃだ!」

 時代設定のいい加減さに山賊は切れました。

「そうなんですか」

 樹里はそれでも笑顔全開です。

「坊主、俺を舐めるなよ!」

 山賊はまた切れました。股は切れていないのでご安心下さい。

「舐めたくないです」

 樹里は笑顔で応じます。

「このヤロウ!」

 山賊は樹里を馬から引き摺り下ろします。

「きゃ!」

 樹里の帽子が脱げて、長い髪がサラサラと広がります。

 山賊は樹里が女の子だと気づきました。一目惚れのようです。

「これをお持ち下さい」

 山賊は自分の持っていたものを全て樹里に渡しました。

「お金はいくらあっても邪魔にはなりませんよね」

 山賊は自分の財布を樹里に差し出します。

「そうなんですか」

 樹里は旅の資金を手に入れました。

 ファンファーレが鳴った気がします。

「どうかご無事で」

 樹里が見えなくなるまで手を振る山賊です。



 めでたし、めでたし。
お読み下さり、ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ