挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

オニゴッコ

作者:川犬
これはフィクションです。信じてはいけません。
 「ねえ。鬼ごっこしようよ。」
 突然見知らぬ男の子に俺はオニゴッコをさそわれて、とりあえず了承した。
 「いいけど2人でやるのか?」
男の子はにやりと笑い、俺を思いっきり――――――――


 ――――――俺は、はっとなった。周りを見渡す。俺は鬼ごっこをしようと誘われたはずだ。カァーッ。カラスが鳴く。
 そこは暗い森林の中で、夜だった。不気味だった。何か出てきそうだ。
「鬼は誰?」
 いつの間にか隣に見知らぬ男の子が現れた。あのオニゴッコを誘ってきた男の子だ。
「知らないよ。」
 俺はそう返事をすると男の子はいつの間にかふっと消えた。俺はそれに驚いたが、すぐにその男の子が現れた。
「鬼さんが来たー!」
 そして、森の奥へと奥へと行ってしまった。
 また、俺は一人になった。とぼとぼと道らしくない道を歩いていると、さっきの男の子が座り込んでいた。
「どうしたんだい?」
 俺は質問をしたが無反応だった。何故か胸騒ぎがして、その男の子の顔をそっと覗きこんだ。
「うわぁああ!!」
 俺は勢いよく後ずさりをした。
「鬼さんに僕やられちゃったんだ。だから今度は僕がオマエヲヤッツケル。」
 俺はゆっくりとおきあがる男の子から数歩離れた。途中から男の子の声が低くなった。
 その男の子の顔は普通ではなかった。片目が何物かによってやられたのかなくて、そこから血がゆっくりと滴り落ち、きている服が少しずつ赤に染まっていっていた。歯はなぜかサメのように鋭くなっていて、爪は恐竜のヴェロキラプトルの鋭い爪のようだった。
 突然頭から一本の角が生えてきて、全てが真っ赤に染まった。それはアカオニそのものだった。
 俺は一目散に逃げ出した。
「マアァァアアテエェエエェエェエエェエ!!!」
 アカオニの走るスピードは異常なくらいに早くて、あっという間に差が1メートルにも満たなくなった。
「マアァァアアアァアテエエエェエェエエェエ!!」
 俺は紙一重で真横に体を無理やりそらすと、アカオニは残念そうに手を見つめて、その後また片方しかない眼がこちらをぎろりとにらんだ。
「マアアアァアァアアテエェェェェエエエエ!!」
 再び、俺をアカオニは追いかけてきた。俺とは3メートル離れている。
「マアアァァァァアアテェェェェェエエエエ!!」
 俺とアカオニの差2メートル。
「マアアァァァァアアアアテエエェェェエエエ!!」
 差1メートル。
「マアァァァアアアアテエエェェェエエエエ!!」
 差10センチメートル。
「ツカマエタ」
 俺は首を絞めつけられた。ところどころ爪が当たっていて血がぽたりぽたりと落ちてきた。
 悲鳴すらあげることができない状態だった。体がだんだんということをきかなくなっていった。
 アカオニはもう一度言った。
「ツカマエタ」



     よく私がわかったわね
※なんか短すぎる気がしたので(よく私がわかったわね)という作品も載せます。


 私はちょうど会社に着いたところだった。ここからは階段を使って3階のオフィスに向かう。遅刻しそうなので、いつもは使わないエレベーターを私は使うことにした。
 エレベーターには人がたくさん乗っていた。6,7人ぐらいだろう。それに無理やり入り込んだ。
 2階に上がった。そこでいったん止まり、ドアが開いた。そこには、青白い顔をしていて、かなり病弱そうに見える女性がいて、入ってきた。それと同時に、皆がエレベーターから出ていく。その女性と二人きりになった。
 私はなぜか寒気がして、隣にいる無表情の女性が気になった。
 さらに悪化して、私は震えてしまうほどになった。いったいどうしたのだろう。
 エレベーターが3階に上がり、私は逃げるようにして、出て行こうとした。が。女性がこう言った。
「よく私がわかったわね」
 私は金縛りにあったかのように動けなくなってしまった。首だけは動かすことができ、恐る恐る振り向いた。
 そこには、血まみれの女性が立っていた。
いかかでしたか?

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ