挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋をしたら死ぬとか、つらたんです 作者:みかみ てれん

幕間2 ヒナ&シュルツ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/103

幕間(シュルツパート) ほのぼのしない話

 
 
 ボクが死ぬ前に、この日記を残しておこうと思う、と。
 シュルツは書き出す。

 休憩時間だ。
 観測ルームに戻り、シュルツはキーボードの前に座る。
 ふー……と深くため息をつく。

 初日をともに行動して、
 ヒナという少女について色々とわかったことがある。

 彼女の底知れなさ。彼女のスペック。
 彼女の海よりも深い愛。彼女の目的達成能力。

 どれもが一個人が持てるようなシロモノではない。
 もっと本格的にヒナについて調べてくれば良かった。
 はっきりいって、油断をしていたのだ。


 このモニターに挑むにあたって、
 シュルツもそれなりに同僚たちと話をしていた。

 誰もが様々な時代の少女に会うために、研修を受けていた。
 その時代のマナーや情勢、そういったものを勉強してから臨んでいる。

 モニターから帰ってきたものたちもいたが、
 その誰もが「楽な仕事だった」「チョロい」「遊んでお給料もらえるみたい」「楽しいよ」などと口走っていた。

 どこがだよ、と思う。
 てめーら全員地獄に落ちろ、とも思う。
 こんなに割りが合わない仕事などない。

 もしシュルツが会社に戻ったら、彼らにこの記録を見せよう。
 始めのうちは笑っていた同僚たちも、
 最終的には全員声を揃えて「……ヒ、ナ、さ、ま……」としか言わなくなるはずだ。

 
 その、藤井ヒナという少女。
 会社に差し出された事前のレポートが、こちらだ。

 
『高校2年生:17才
 健康状態:問題なし
 ストレス:低

 学力:良
 芸術:並
 流行:良
 運動:並
 気配り:良
 魅力:並
 恋愛力:53万』

  
 嘘だらけじゃねーか、と思う。
 てめーらの血は何色だ、とも思う。

 シュルツはタイピングし、内容を書き換える。
 真実はこうだ。


『高校2年生:17才
 健康状態:頂点は常にひとり
 ストレス:必要なし

 学力:超スゴい
 破壊力:超スゴい
 スピード:超スゴい
 メンタル:超スゴい
 社交性:超スゴい
 犯罪性:超スゴい
 恋愛力:究極』


 そんなことをしたところで、溜飲が下がるわけではない。
 実態が知れたところで、今更どうしようもない。

 ただ、会社からこんなレポートが回ってきたところで、自分は一笑に付すだろう。
 そして一生後悔するのだ。

 それにしても、だ。
 シュルツは自らの手を見やる。

 ヒナに請われて、彼女の頭を撫でてしまったけれど。
 あれでヒナがなにか勘違いしなければいいが。

 自分は決してヒナに気を許してなどはいない。
 ヒナはこの世界を一緒に脱出するための、ただのパートナーだ。

 隙あらば、寝首をかくぐらいの勢いでいかなければ、
 ヒナに取り込まれて、自身もヒナの一部にされるだろう。

 そんな恐ろしいことはだめだ。
 シュルツは自我を保つために十分に己を律さねばならない。


 ちらりとモニターに目を向ける。
 するとそこでは、ヒナが妙に嬉しそうに父親とお喋りをしている。
 翔太をツブした後の、一日目のセーブデータを使っているのだろう。

『どうしたヒナ? なにか探しものか?』
『あ、ううん、お父さん。なんでもないの。えへへ』

 シュルツの目を意識しているのか、時折天井などを見上げて、
 まるで監視カメラを探しているような挙動をすることもあるが。

 それでも、基本的にはリラックスしているようだ。
 口元がいつもより少し緩んでいる。

 あんなことをしておいて、よく呑気にしていられるものだ。
 現実とゲームの区別がはっきりとついているのだろうか。
 いや、違う。もっとドス黒いものが潜んでいるはずだ。

「……」

 しかし、だ。
 画面の中に映るヒナは、全力でゲームを楽しんでいるように見える。
 そこに邪悪さはまるで見当たらない。

『えへへー、お父さんー』

 ただの純粋な、恋をする少女だ。
 そう見える。見えてしまう。

 さっきのナデナデだって、そうだ。
 ヒナは心から恥ずかしがっているようだった。

 決して常在戦場の覚悟で恋愛をしている少女ではない。
 隙だってあるのだ。

 それならば恐らく、弱点も。
 そこを突けばれる――いやいや、殺さない殺さない。

 頭を撫でてもらうと首筋を晒していたときに、
 あるいは頸動脈を断ち切れば……いやいや、しないしない。 

 だが、敵を知り己を知れば百戦危うからずと言うではないか。
 古事記にも書いてあるし。
 そのために、シュルツはヒナに取り込まれないために、彼女を知る必要があるのだ。

『あ、あのね、お父さん……その、わたし……』
『ん、どうした、ヒナ?』
『その、あのね……ひ、久しぶりに、その、
 ぱ……パパって、呼んでみても、い、いいかな?』
『……ふふふ、まるで昔みたいだな、ヒナ』
『ぱ、パーパ……?』
『こんなに大きな娘が甘えん坊か、ははは』
『えへへ、ぱ、パパぁ――モルスァ!』
『ヒナ!?』

「……」

 曇りなき眼で正体を見極めしようとしても、
 未だ、その本性は掴めていない。

 果たして彼女は悪なのか、そうではないのか。
 善なのか、悪魔なのか、女神なのか、死神なのか、天使なのか。

 救世主なのか、あるいはこの世界を滅ぼす破壊者なのか。

 藤井ヒナ。
 一体藤井ヒナとは一体。

  
 シュルツはため息をついて、キーボードを叩く。
 記録を締める言葉は、以下のように。

 これは17才の少女に翻弄され続ける、
 哀れな一匹の黒猫の物語である――と。
 
 
 584回目。
 585回目。
 586回目。
 587回目。
 588回目。

 死因:息抜き。(呼吸機能を停止、という意味で)

 シュルツより一言:ヒナさんなんかに絶対に負けないんだからね。きり。

 
 明日明後日は更新をおやすみします。
 更新しなければシュルツくんが悲しい目に合うこともありません。
 わたしはそういうことに喜びを感じるのです。
 
j394zx03hdrixedjjhljwbecwqv_9t8_4k_y_q4.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ