挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋をしたら死ぬとか、つらたんです 作者:みかみ てれん

第二章 ドッキドキ☆学園生活は恋の予感♡

19/103

17限目 友達を克服するので死にません

 前回のあらすじ:ヒナが死んだ。ヒナがいっぱい死んだ。
 
 ヒナは死に続けた。
 そりゃもう死んだ。

 その回数、なんと27回。

 シュルツはもはや廃人のように横たわって、
「あー……」とか「うー……」とかうめくだけの人形になってしまった。
 こわい。

 ヒナもまた、頭を抱えていた。
 難攻不落だ。陥落することのないコンスタンティノープルのようだ。
 強靭、無敵、最強の凜子だ。

 もちろんヒナとて、ただただ死に続けたわけではない。
 様々な対抗策を講じてはみたのだ。

 嫌われようとしてみた。
 逆に愛のある説教を受けた。
 ヒナは死んだ。

 完全に無視した。
 すると「スルーしないでよー」と笑いながら抱きつかれた。
 ヒナは死んだ。

 あからさまに避け続けた。
 すると辛そうな顔をされた。
 ヒナは死んだ。

 打開策などない。
 どこにもなかった。
 だが――

「でも……わたしは、負けません……」

 27回の死因とそれを防ぐための手段を書き綴りながら、ヒナは進む。
 不屈の精神力だ。

 一体なぜそんなことができるのか、とシュルツが問うと。
 ヒナはこう答えた。

「恋とは、振り返らないことです!」

 53万の恋愛力は、
 彼女自身に諦めることを許さないのだ。


 そしてヒナは再び乙女ゲーの世界に戻る。
 生きるために、そして死ぬために。

 長い旅路に挑む彼女は、映画アルマゲドンのブルース・ウィリスのようだった。

 

 ◆◆

 

 とはいえ。

 具体的な策があるわけではないので、やはり考え込んでしまう。
 ただのゲームならそのままにしておけば、時間は流れないけれど。
 このバーチャル乙女ゲーには制限時間があるようなものだ。

「わたし、世話焼きキャラに弱すぎると思います……」

 小声でうめく。
 結局、優しい子が最強なのだ。

 遠目から見ているなら、はちゃめちゃな子も好きだけど。
 つき合うならやっぱり、思いやりのある子だ。

 シュルツの前では元気でいたけれど。
 でも不安はやはり、ある。
 もしかしたら一生この世界に閉じこめられるのではないかと。
 ちょっと怖い気もする。

 校門、職員室をクリアーし、教室までやってきた。
 ここまでの道のりは慣れた。たぶん。
 問題はここからだ。
『乙女は辛いデス』の北緯38度線を踏み越えなければならない。

 いつものように凛子が後ろからやってくる。
 ここまでは平気だ。

 問題はこの先。
 凛子との受け答えだ。

「転校初日だけど、勉強についてこれそう?」

 そんな彼女の変わらぬ笑顔を見たら、涙がこぼれそうになる。
 可愛いすぎる。こんなの可愛さの暴力(物理)だ。
 もうどうしようもないのか。

 死んでもいいから、一度くらい思いっきり甘えたい。
 ヒナはそんなことを思ってしまう。
 でもだめだ。秘めないと。

 代わりにぽろりと不安が口から出た。

「えと……あのね、凛子ちゃん」
「うん?」
「わたし、もしかしたら好きかもしれない子がいて……」
「お、本当に? 初日からすごいね!」

 凛子はしっかりと食いついてきた。

 そういえばキャラクター説明にもあった。
 恋愛経験豊富な彼女は様々な場面で自分を助けてくれる、と。
 助けてほしい。本当に。
 心から思う。

 スタイルの良い凜子は背筋を正し、胸を張った。

「へへへ、困ったことがあったら、
 なんでもこの凛子さんに聞いてみて。
 恋愛のことだったらちょっとしたものだと思っているからさ」
「そうなんだ……凛子ちゃん、すごい」
「まーね。たっくさん恋をしてきたから。へへっ」

 えへんと笑う凜子。

 思いをぶちまけたいけれど、そんなことはできない。
 得意げな凛子の笑顔に、またクラッといきそうだ。
 しかし、今は好奇心が勝った。

 ヒナは友達たちと恋愛の話をすることはもう滅多にない。
 だから平均というのが、よくわからない。

 乙女ゲーやマンガではほとんどが一途な人ばかりだが、
 あんなのはきっと、創作上のフィクションだろう。
 実際はどの程度なのか……といっても、凛子もゲームのキャラクターなのは間違いないのだが。
 それはそれ、おいといて。

 自分はどうやらシュルツの言い分では少し気が多いほうらしい。
 豊富というと一体何人ぐらいとつき合っていたんだろう。

 ほぼ初対面ということも忘れ――ヒナ的にはもう出会ってから相当な時間が経っているからだ――質問してしまう。
 すると凛子は、頬をかきながら。

「あ、あたし?
 そうね、中学時代は……
 その、先輩も後輩も合わせて、合計八人とつき合ったからね!」
「え?」

 八人……?

 耳を疑ってしまう。
 思わず、ヒナは聞き返していた。

「……八人?」
「そ、そうよ。別にビッチってわけじゃないの。
 告白したし、されたことだってあるよ。
 そのときは結構本気のつもりだったんだけど、
 ただ、なんとなく相性が合わなかったりして、長続きしなくてね」
「……」
「本当の恋って難しいなって思って、今はちょっと休憩中だけどさ。
 ヒナちゃんにはあたしみたいにはなってほしくないなって。
 よけいなお節介だけどね、あはは」

 心配してくれている。
 それは嬉しい、けれども。

「八人って……八百人の間違いじゃないよね?」
「……へ?」
「あ、もしかして、同時に最高八人ってことかな?」
「いや、三年間で八人だし……
 ふ、二股とかしたことないけど……?」
「え?」
「え?」

 瞬き。
 お互い、言っていることがすれ違っている。

 ヒナは改めて問いかける。
 相手をバカにする意図などまるでない。
 あくまでも本気だ。

「たった八人、なの? 三年間で?」
「え? え?」
「それで豊富……なの? 本当に?」
「ちょ、ちょっと待ってよ、ヒナちゃん。
 誰と比べているのかわからないけどさ、
 別に数を自慢するならそりゃもっとすごい人だっていると思うよ?
 でもあたしは本気だったんだから。
 大体、ヒナちゃんはどうなの」

 軽く睨まれて。
 このゲームの主人公はうぶなキャラということになっているにも関わらず、ヒナは答えた。

「中学三年間では、誰ともつき合わなかった、かな」
「ほらー、もー。
 変な雑誌とかで聞きかじった知識はやめてよね。
 あたし、そんなに軽くないし」
「うん、ごめんね。
 でもわたし、小学生二年生までに、400人ぐらいとつき合ったよ」
「え?」

 ぽかん、と。
 凛子は口を開けていた。

「わたしもひとりひとり本気だったよ。
 期間は短かった……かもしれないけど」

 その彼女に気づかず、語るヒナ。

「みんなと真剣に結婚したかったけど、でも子供だったからダメだったんだ。
 法律とか条例もあったし。
 当時は押さえがきかなかったから、二股が悪いことだとわからなくて、
 最高三十股ぐらいして、分単位でデートの約束とかしていたんだよね」
「……8才で?」
「バレンタインデーはすっごく大変だったなあ。
 貯めてたお年玉も全部使って、チョコレート500個ぐらい作っちゃったんだ」
「……業者?」
「ううん、ただの小学生だったけど……」

 小声でつぶやき、眉をひそめる凛子。
 なんだろう。彼女の様子がおかしい。

 ああそうか、とヒナは気づく。
 ついつい自分のことばかり話してしまった。これはいけない。
 そんなことよりも、凜子のほうが大切だ。

 ヒナは凜子に微笑みかける。

「凛子ちゃんすっごく綺麗だし可愛いんだから、
 恋をしないなんてもったいないと思うなあ、えへへ」
「あ、はい」
「八人なんかじゃ運命の人は見つからないよ。
 もっともっといっぱい恋しなくっちゃ」
「そうですね」
「凛子ちゃんならきっと素敵な人がいっぱい見つかるよ。
 あ、なんだったらわたしが手伝う?
 一日中ずっと街で名刺配って歩いたら、1000人ぐらいすぐ集められると思うよ。
 凛子ちゃんはその中でいいなって思う人を選んでくれれば」
「いえ結構です」

 凛子はなぜか表情を失ったような顔で、こちらに手を挙げた。

「えと、じゃあもう少しで授業が始まるので」
「あ、もうそんな時間なんだ」
「また後でにしましょう、藤井さん」
「うん、じゃあねー……って」

 後ろの席に座り直す彼女を見て、ヒナは首を傾げた。
 口の中でつぶやく。

「……藤井、さん……?」

 先ほどまであんなに感じていた凛子からの親愛の情が、
 今ではまるでジュラ紀の化石のように硬く、遥か遠かった。

  
 ――かくして、
 ついにヒナは一時間目後の休み時間を生き延びた。

 
 百地凛子;再起不能(リタイア)



 To Be Continued...(ドドドドド)
 
 
 シュルツより一言:おまえは……自分が『ビッチ』だと気づいていない……もっともドス黒い『ビッチ』だ……
 
j394zx03hdrixedjjhljwbecwqv_9t8_4k_y_q4.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ