挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

塔の魔女の最終候補生

作者:天崎 剣
 緊張のしすぎで口から心臓が出てしまいそうだとモニカは思っていた。ただでさえ上がり症で引っ込み思案なのに、この日だけは皆の前で魔法を使わなければならない。それが彼女にとってはかなりのプレッシャーだった。
 塔の魔女になる、そのために頑張ってきたのだとモニカは自分に言い聞かせる。
 緊張などしなくても良いはずなのに、どうしてもドキドキが止まらない。それはきっと、自分の目の前に居るローラも同じ。けれど、試合を始める前からローラの方がどうしも優位に見えてしまう。彼女は自信家で美しい。場に映える金髪に、白い肌。この日も柔らかい日差しのような色のローブを纏い、明るく健康的なイメージを初っ端から試験官たちに見せつけていた。
 街の中央に高くそびえる白い塔。その天辺に住み世界の全てを見渡す魔女は礎。“表”と“裏”、二つあると言われる世界のうち、“裏”と呼ばれるこの世界、“レグルノーラ”の絶対権力者。絶大な力を持つ魔女が現れれば代替わりする仕来りだ。今の魔女ディアナは未だ若く美しいが、それでも前倒しで候補を探すのは、彼女が塔の魔女に選ばれたその手法があまりにも強引だったからだという。
 世界中から素質のある少女達が中央に集められ、日々鍛錬に努めた。下はまだ読み書きができるようになったばかりの子から、上は結婚適齢期真っ盛りまで、幅広い年齢層の少女達が訓練所に通い、或いは共に生活し、高みを目指す。
 塔の魔女の候補生として修行を積み、数々のライバルたちを蹴落としてやっと手にした最終試験だった。
 これほどまでに普段より分厚い雲が空を覆っていなければ気分も晴れていただろうか。いや、生まれてこの方お日様などというものを見たことがない、気のせいだとモニカは首を横に振る。
 ローラとは正反対に上から下まで見事なまでに真っ黒だったが、これはこれでモニカなりの精一杯の盛装だった。黒いフリル、黒いレース。彼女は“表世界”で見た奇抜な格好に憧れていた。それを周囲がどう思うかは別として、彼女は気合いを入れるとき、必ずと言っていいほどにこの格好を選んだ
 石畳の上に引かれた白い線。この中を出れば失格。周囲に影響が及ばぬよう結界も張るという。観客は協会の上層部と鑑定士たち。そして、最終戦に進むことのできなかった魔女の卵が十数名。
「ガチガチね、モニカ」ローラはモニカを完全に見下していた。
 モニカは何も言わず、両手で杖を握りしめる。
「始めますよ。開始の合図から終了の合図の間に降参する場合は手を上げて意思表示を。お互い、命に関わるような魔法は使わないこと」
 協会の係員が二人の間に立ち、ルールの確認。 
「始め!」
 役員の女性が白線から出て手を挙げたのを確認すると、早速ローラが最初の魔法を唱え始めた。彼女の細い杖の先に、紫色の魔法陣。性格を表すような花の装飾が美しい魔法陣。――“敵の速さを奪え”
 至極単純な魔法ほど、術者の力量が加算される。魔法陣と同じ紫色の光がモニカを取り囲むと、途端に動きが鈍くなる。
 モニカは慌てて自身に速度回復の魔法をかけようとするが、ローラの方が格段素早かった。
「ゴメンねモニカ! 悪いけど私が勝たせて貰うわよ!」
 今度は深緑色の魔法陣、石畳の隙間から何本もの蔦が這い出して伸び、モニカに向かっていく。
「そうはいきません!」
 モニカは咄嗟に杖をかざした。魔法陣なしで落雷、蔦をどんどん焼き払っていく。
「チッ……! じゃ、こういうのはどう?」
 バッとローラが左手を掲げると、そこには炎の鳥が一羽。羽を広げればモニカの身長と同じくらいの幅がありそうな大きな鳥が、モニカめがけて火の粉を散らし、突っ込んでくる。
 咄嗟にシールド魔法、モニカの真ん前に現れた透明な盾が上手く攻撃を躱すも、飛んだ火の粉が肌に当たり、モニカは思わず顔を歪めた。
 グルッと空を一回りし、また火の鳥が突っ込んでくる。
 守ってばかりではダメ、攻撃をすることが最大の防御となると何度も教官に言い聞かされたことを思い出し、モニカは意を決する。本当は苦手なのだ。塔の魔女にはなりたいと心から思うが、それは民を守りたいからであって戦うためじゃない。そう思っているからこそ攻撃魔法の訓練に踏ん切りが付かず、いつもギリギリ合格ラインで通してきた。
――“水の精よ、炎を食い止めよ”
 青色の魔法陣を出現させたモニカは、力の限り魔法を注ぎ込んだ。半人半漁の美しい水の精をかたどった水の固まりが火の鳥の前に立ちはだかった。火の鳥は構わず水の精の身体めがけて急降下、水の精が広げた両手から猛烈なシャワーをお見舞いすると、火の鳥は慌てふためきパッと姿を消す。
「召喚魔法が使えるって聞いてなかったけど」
 ローラが悔しそうに舌打ちすると、
「言いませんよ。手の内を全て見せてどうするんですか」
 モニカも負けじと言い放った。
 負けるわけにはいかなかった。未だ若いローラとは違い、二十歳を優に過ぎたモニカにとって、これは最後の戦いだったのだから。勝負に負ければ失格となってしまう。もう二度と、塔の魔女になるチャンスを得られないと突きつけられていた。
「負けられないんです。私、絶対に……!」
 ローラは候補生の中でもずば抜けた才能の持ち主。彼女はどうだったのかわからないが、モニカは少なくとも、ローラに嫉妬していた。若いし美しい。才能も力もある。もしかしたら選ばれるのは彼女かもしれないと常に恐怖していた。
 容姿や年齢で採用されるものではないと言いながら、候補生に年齢の線引きをしている協会や幹部たちにも、モニカは不信感を募らせていた。塔の魔女とはそういうものだろうか。皆を守るために尽力する、それには確かに力が必要だが、それだけなのだろうかと。
「負けられない? 可笑しいわね。普段は静かなモニカがそんな激しい言葉。どうなさったの?」
 十は年下のローラは、モニカより頭一つ分低い位置からアゴを突き上げ、クルクルと余裕たっぷりに杖を回している。
 この勝負に勝った方が最終候補生となる。まだ年端のいかない彼女には荷が重すぎやしないかなどと、モニカは老婆心ながら考える。世界の全てを任せるには、彼女は未だ幼稚だ。全てを捨てなければ塔の魔女になることができないという話を聞いたときがある。それは違うと否定する人も居たが、今の魔女ディアナは独り身で親族も居ないと聞く。するとやはり、ローラには不向きではないかと、モニカは相手が自分の敵であるのに心配してしまう。
 五つの時から候補生として親元を離れて過ごしていた彼女には、本当の意味での家族は居ない。親と最後に会ったのは十歳の頃で、そのときでさえ互いに他人行儀だった。ローラのように今でも家族とともに暮らしているのとはわけが違う。
 モニカにとって塔の魔女になることが全てで、それ以上でもそれ以下でもない。塔の魔女になるために生まれ、育てられてきたのだと何度も言い聞かせられてきた。だのに、臆病な性格が邪魔をして実力を発揮できないことに苛立ち、挫折し、何度も最終候補生への切符を逃してきた。
 最後の二人に選ばれたとき、モニカは教官に耳打ちされたのだ。これが最後、ダメだったらもう諦めなさいと。素質がなかったと諦めて、訓練所から出るのだと。
「ローラは何故塔の魔女に?」
 息を切らしながらモニカが問う。ローラは馬鹿ねと鼻で笑い、
「それをあなたに話したところで、私を最終候補生にしてくれるの?」
 眉間にシワを寄せて、明らかな敵意を見せてきた。
「ごめんなさい。ちょっと聞いてみたかっただけ」
 同じ質問を自分にされたらどうだろうという疑問がモニカに湧いた。きっと笑われる。世界を守りたいだなんて言ったところで彼女は信じない。それどころか、そんなザックリした気持ちで向かうなら、私に権利を寄越せと言ってくるはずだ。
 私にはそれしか生き方がわからないからと、そう言えば良いのだろうか。何を求めて生きているのかわからないけれど、私自身が生きてきたのは塔の魔女になるためだからと言えば納得するのだろうか。しかし、それすらもローラに笑われそうで、モニカはグッと言葉を呑み込んだ。
 ローラは馬鹿ねと鼻で笑い、
「それをあなたに話したところで、私を最終候補生にしてくれるの?」
 眉間にシワを寄せて、明らかな敵意を見せてきた。
「ごめんなさい。ちょっと聞いてみたかっただけ」
 人にはそれぞれ事情がある。聞いたところで彼女の言う通り、権利を渡すなんて絶対に嫌だとモニカは思う。
「ただ、私よりもあなたの方が塔の魔女に相応しいのかどうか。判断材料になればと」
 モニカは言いながら魔法陣を展開した。幾何学模様の美しいそれは、責任感の強さを覗わせる。
――“凍てつく波動よ、渦となり敵を呑み込め”
 再び青く光る魔法陣。全ての文字が刻み終わると、全てを凍らせる寒風が音を立てて吹き荒れ、ローラを襲った。彼女は慌ててローブの端を掴み、身体を縮めた。身体にはたちまち霜が付き、髪の毛は凍り、睫毛まで白くなる。口元を隠したローラが「水の魔法ばかり」と揶揄すると、モニカは「では次」と、吹雪の魔法が切れる前に新たなる魔法陣を描き始めた。
 紫色の光。ドッと大きく地面が揺れ、石畳の下から土柱が何本も迫り出してくる。
「ヒィッ!」とローラは奇声を上げ、必死に土柱から逃げようとするが、冷たい風に晒され、かじかんだ身体が言うことを聞かないらしい。何度もよろけ、転びそうになりながら必死に避けている。
 一人の試験官がモニカを制止しようと歩を進めるが、未だ早いと別の試験官がそれを止める。「大丈夫、未だ正気です」とモニカは試験官らに笑顔を見せ、「これが最後です」と杖を高く掲げた。
 その先には、皓々と光を放ち宙に浮く大きな魔法の玉があった。まばゆい光に誰もが目をくらませている。
「この世界では力が全てだというなら、私は今、全ての力を光の玉に注ぎます。私はどうしても塔の魔女にならなくちゃいけない。私を止めたいなら、ローラ。あなたも全力で向かってきて。本気で勝負をしましょうよ」
 モニカは腹の底から声を出した。
 ローラはそれまでの緩んだ表情を消し、奥歯を噛んでモニカを睨んでいた。
「私はいつだって本気」
 眉間に刻まれた皺は、ローラの美しさをかき消していく。
「モニカ、あなたにはそう見えてはいなかったかもしれないけど」
 数歩下がって体勢を整え、ローラもモニカに杖を向ける。
「自分だけが必死だと思っているのなら大違いよ、モニカ。私にだって人生がかかってる。それにね、私はあなたみたいに小さな頃から丁寧に魔女の候補生として育てられたのとは違う。十三歳よ……。私が訓練を受け始めたのは十三歳。あなたみたいに長い間そればかりやって来た人間には負けたくないの。ここに辿り着くまで五年。これが長かったのか短かったのかはわからないけど、少なくともあなたよりはずっと効率的に力を身につけたと思ってる。最年少で塔の魔女になって見返してやるのよ。始めるのが遅すぎだと私をからかってきた世間に。そして、そんな私を必死に庇ってくれる両親を馬鹿にする周囲にね!」
 ローラの力が徐々に高まっていく。モニカに対抗し、杖先に炎を集めていく。
 巨大化していく炎の玉は、モニカの光の玉と大きさを競った。どちらかが大きくなれば相手もそれ以上の大きさに、それを見てまた片方が更に玉を大きくする。繰り返した挙げ句、二つの玉は結界ギリギリにまで達し、その熱が外に漏れて周囲がざわつき始めた。
「二人とも止めなさい! 『命に関わるような魔法は使わない』約束ですよ!」
 試験官の一人が結界の外から注意喚起するが、モニカもローラも魔法を止めない。
 それどころか、そんな弱い結界がいけないのだと試験官を完全無視した。
「本物の塔の魔女なら……、どうするかしら」
 ローラが呟く。
「ねぇ、どうすると思う? モニカ。やっぱりこのまま魔法を打って、二人のどちらが生き残るか確認するかしら。それとも、どちらかが互いの魔法を打ち消して平和的に力を示すよう勧めるかしら」
「さぁ、どうでしょう」
 モニカは真剣な眼差しで首を傾げた。
「塔の魔女は絶対的な力を持たなくちゃならない。慈悲深く、且つ最強であり続けなければならないと聞きます。結界を張り魔物の侵入から世界を守り、同時にありとあらゆることに目配せしなければならないと。言うなれば、こんなことでくたばるようなら塔の魔女なんかにはなれないと私は思うのですよ。だからこそ、私はこの光の玉を放つ。私はあなたを打ち負かさなければ、塔の魔女にはなれないのですから」
「なるほどね。残念だけど同感よ。けど、競り勝とうと負けようと、このままでは負傷しかねないのも事実。でもだからと言って、私はモニカの加護なんて受けたくない。……賭けをしましょう」
「……賭け?」
 顔を引きつらせ震えた声で言うローラに、モニカは首を傾げて返事する。
「試験官の言葉なんか無視して、本気でやり合ったらどちらが勝つか。勝った方が、相手を服従させる。恨みっこなしよ」
「いいわ」
 二人は互いの目を見合った。
 立場は違えど追い詰められた者同士、目指すものは一つだけ。
 譲ろうだなんて気持ちは更々ない。モニカもローラも、自分の確固たる居場所を求めているのだ。
 二つの魔法が激しくぶつかり合った。バチバチと火花が散り、熱風が巻き起こった。
 モニカは自身に回復と加護の魔法をかけて対処した。ローラは防御力と攻撃力の両方を上昇させる魔法をかけた。
 睨み合いは長く続いた。
 二人とも一歩も譲らない。ギリギリのところで均衡を保ったまま、二つの力は弾けることも押されることもなくぶつかり続けた。
 集中力が切れたら負け。
 わかっていたからこそ、二人とも必死に睨み続ける。
均衡が崩れるのは些細なこと。
 カツンと石畳によく響くブーツの音が二人の耳に届いたとき、どちらともなく緊張の糸がプツンと切れた。暴走した力が互いに直撃し、二人はそれぞれ真逆の方向に弾き飛ばされる。
 二人がほぼ同時に石畳に身体を打ち付けられた頃、その人物は彼女らのそうした場面を目撃した。そうして、パンパンと注目を集めるよう高い位置で手を叩いた。
「終わりだ」
 低い女の声がする。
 二人を囲っていた結界が消え、音と光が周囲と混ざり合っていく。
 モニカとローラは傷ついた身体を擦りながら慌てて身体を起こした。
「残念だけど、試験は終わり」
 二人とも、その人物を一目見て同時に息を飲んでいた。
 魔女だ。赤い魔女。上から下まで見事なまでの赤いドレスに身を包んだ、黒い肌の魔女がそこに居る。
 憧れに憧れた塔の魔女ディアナ、その本人が、二人の試合を見にわざわざ塔の下まで降りてきたのだ。
 だけれど塔の魔女は、戦いに傷ついた二人に向かい、残酷な言葉を放つ。
「二人とも、失格。残念だけど、二人に後任は任せられない」
 モニカとローラは、互いに自分の倒れた位置を確認した。白線の少し手前。白線からの距離はほぼ同じ。ルールから言えば二人とも失格を免れたはずなのに。
「何故ですか!」
 ローラが先に叫んだ。
 続けてモニカも、
「理由をお教えいただけませんか」と懇願する。
 塔の魔女は気に入りの三角帽子を深々と被り直し、姿勢を正して二人の顔を交互に見た。 まだ志半ばの若い魔女たちは、堂々たる塔の魔女の気迫に怯えながらも、真剣な眼差しを向けている。
「そうだな」と塔の魔女は短く息を吐いて、
「二人にはまだまだ余裕というものがない。どんなに力が強くても、前しか向けないのでは困るのだ。広く、遠くまで見つめながら、的確に動けるようでなければ務まらない。二人とも、そういう意味で失格。また挑戦するがいい」
 赤いマントを翻し、長い髪をなびかせ塔に戻ろうとする魔女に、モニカは慌てて駆け寄った。
 擦り傷と汗まみれの顔を腕で拭い、息を整えつつ「待ってください」と叫ぶと、塔の魔女は仕方なさげに立ち止まり、クルッとモニカの方を向く。
「挑戦は……できません。これで最後だと言われています。塔の魔女になるためにこれまで頑張ってきて、やっと掴んだ最後のチャンスだったんです。教官に聞きました。年齢制限を設けたのは塔の魔女本人なのだと。その、意図を、教えてはくださいませんか」
 泣きたいのをグッと我慢し、モニカは必死に訴えた。
 塔の魔女はそんなモニカを見て、困ったようにはにかんだ。
「それはね」と魔女は言ってから、モニカとローラ、そして塔の魔女の卵たちや鑑定士、試験官や協会の係員をぐるっと見渡す。曇り空の下で塔の魔女の言葉を待つ彼らに、彼女は慈悲深い目を見せ、ゆっくりと口を開いた。
「若いうちなら、やり直しが利くからだよ」
 モニカはその意外な言葉に目を丸くする。
 ローラもまた、目を点にして塔の魔女を見つめている。
「塔の魔女としての素質がなかったからといって、何も残念がることはない。別の素質があるかもしれない。晩年になって気付くより、早めに気付いた方がやり直しが利くだろう。人生は一度きり。何も一つのことに囚われなくてもよいのではないか。訓練に勤しんだ日々も、若いうちなら取り返すのは容易い。外の世界へ出れば、新しい出会いがあるだろう。自分の知らない一面に気付くこともあるだろう。新しい夢を見つけることもできるはずだ。確かに、やり直しはいつでもできる。けれど、早いほうが絶対にいい」
 塔の魔女はそう言って、ニッコリと笑う。
 笑顔はモニカだけに向けられていた。
 そんなことを言われてもと、モニカは未だ納得できない様子で、それを塔の魔女もわかっていた。だからだろうか、魔女はゆっくりとモニカに歩み寄り、自分よりも背の高いモニカの頭をよしよしと優しく撫でた。乱れた髪の毛が揺らぎ、魔女の手が頬に当たると、モニカは溜めていた涙を一気に流し始めた。
 塔の魔女はまた仕方なさそうに笑い、モニカの大きな身体を受け止めるようにして抱きしめる。
「お前はまだ若い。私と違って後戻りもやり直しもできる」
 モニカの耳元で、塔の魔女は囁いた。
「私は普通の人生を送りたかった。可愛いお嫁さんになって、たくさんの子どもに囲まれて暮らすという夢は、とうとう叶わなかった。いいかい。人生には制限がある。今ならばやり直しが利く。大丈夫、お前は烙印を押されたわけじゃないんだ」
 塔の魔女の言葉は、深く深く、モニカの心に染みていった。 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ