挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
王太子とダジャレ侍女 作者:菜宮 雪
1/10

1.侍女たちのうわさ話

 横並びに存在する三つの王国。
 その真ん中に位置するセヴォローン国は、西隣の国との関係が急速に悪化し、戦争勃発の危機感に包まれていた。
 王城内では、王を交えた軍事会議が連日夜遅くまで開かれていたが、王城で働く侍女たちの日常は何も変わらず、彼女たちは与えられた仕事を普通にこなしていた。

 王族専属の二人の若い侍女が、話しながら王城内の廊下を歩いている。二人とも共に十七歳。紺色の侍女服に身を包み、髪を後ろで束ねている。ひとりはふわふわとした癖毛で、もうひとりの方は、まったく癖がないまっすぐな髪で、重そうな前髪が目のすぐ上まで覆いかぶさっていた。

 くせ毛の女性、ココルテーゼが直毛のアンジェリンに話しかけている。
「ねえ、アンジェリン、王太子殿下用に昨日届いた衣装、見た?」
「ごめんね、昨日は非番だったから」
 アンジェリンが「見ていない」と答えると、ココルテーゼは茶色の目を輝かせて説明を始めた。

「とにかくもう、すっごく豪華な衣装だったのよ。王太子殿下には珍しい真っ赤で、金糸が贅沢に使われた大きな刺繍が背中にあって」
 アンジェリンは、うん、うん、と頷きながらココルテーゼの話を聞く。
「あの衣裳は絶対にご本人の婚約式用ね。そうでなければ、濃紺色の衣裳が多い王太子殿下があんな派手な赤い服を仕立てるわけがないわ。お相手はたぶんザンガクム国の王女様よ」
「やっぱりそうなの? 先輩の侍女の方もそんなことを言っておられたわ。王太子殿下が隣の国の王女様と政略結婚なさるって」
「正式な発表はまだでも、この状況なら普通はそうなるって思うわよ」
「そうね……こんな情勢だから」
 西隣のシャムア国と戦争になりかけており、東隣のザンガクム国から王太子妃を迎えて東と二国同盟を結ぶ、といううわさ話は、このところあちこちで頻繁に飛び交っている。

「あの衣裳だけでなくて、そのうちに殿下のお部屋に豪華な小物や花が届いたら、政略結婚決定間違いなしよね。近いうちに婚約発表がありそう」
 ココルテーゼは、アンジェリンを相手に『自説』を熱く語り続ける。
 アンジェリンの方はココルテーゼの早口に全く付いて行けず、いつも相槌を打つ側だった。

「ねえ、ねえ、やっぱり無理よねえ? 隣国の王女様が王太子殿下のお相手なんて、私なんかが勝てるわけがない」
 アンジェリンはくすくす笑った。
「ココちゃんったら、想像がすぎるわよ。王太子殿下がご結婚、なんて発表はまだないし、赤い衣装が婚約式用とは決まっていないのに」
「そう? まだ希望を持ってもいい? じゃあ、私でも王太子妃になれる可能性は残っているかしら。王太子殿下って本当にすてきよねえ。大人っぽくて二十歳には見えないし、あの低めの声もゾクゾクするわ。ああ、殿下ぁぁ」
「う、うん」
「私、まだあきらめないわ。王族に嫁いでお父様とお母様を喜ばせたいの。王太子殿下のご結婚がまだ本決まりでないなら、私に目を向けてもらえるよう努力するから、応援してね」
「がんばって、ココちゃん」
 わざとらしい咳払いが背後から聞こえ、二人はそこで話を止めた。

 いつの間にか、侍女長のマリラがそこに来ていて、怖い顔で二人を睨んでいた。
 マリラは、ふっくらした顔立ちの四十歳前の女性で、怒ると丸い顔がさらに膨らんで大きくなる。
「あなた方、失礼なうわさ話はしてはいけないと前にも言ったはずですよ。よいですか、あなた方は王族の世話を許された特別な侍女。誰でも王族のお世話をできるわけではないことを思い出しなさい。大きな声で下品にうわさをするようなことがあってはなりません」
「すみませんでした」「気をつけます」
 アンジェリンたちが同時に謝罪すると、マリラはさらに険しい顔になった。
「なんですか、その謝り方は。気持ちが入っていません。きちんと反省しなさい。だいたいあなた方は、いつもいつも事の重大さをわかっていないのです。気をつけるつもりならもっと自身の言動に責任を持って――」
 ブツブツブツブツと長い説教はしばらく続いた。

 説教が終了し、マリラの姿が見えなくなると、ココルテーゼは大げさに顔をしかめ、両手を広げて見せた。
「はー、侍女長さんってほんとにうるさいおばさん。あの人だって若いころは絶対に国王陛下のお妃様の座を狙っていたに決まっている」
「しっ、聞こえたらまた叱られるわよ」
「王太子殿下にあこがれてどこが悪いのよねえ? 廃貴族の娘なら、できるだけ身分の高い男性に嫁ぎたいって思うのは普通じゃない。あっ、しまった!」
「どうしたの?」
「殿下の部屋の前にそうじ道具を置いてきちゃった。ごめん、取りに行ってくる」
 ココルテーゼは一方的に話を切ると、アンジェリンを置いて駆け出して行った。

 この国には、貴族の分家など、貴族の血が比較的薄いため平民扱いされている『廃貴族』という中途半端な身分があった。廃貴族と呼ばれる人々の多くは、王族の近くにいることを許された特別の兵や侍女など、もしくは地方役人の高官として不満をおさえられながら都合よく使われていた。
 ココルテーゼも、アンジェリンも共に廃貴族の娘として城で働いていた。廃貴族の娘たちは、できるだけ高貴な人に嫁いで貴族扱いしてもらうことが幸せなことだと刷り込まれて育つ。王太子妃の座を狙う侍女がいてもおかしなことではない。

 ひとりになったアンジェリンは、下を向きながら侍女部屋へ向かった。
 王族の妻になる夢を語る同僚の話は、養女の自分にとっては、おとぎ話のように感じてしまう。アンジェリンは廃貴族の娘とはいえ養女で、実の両親は平民。本来ならば王族の世話をさせてもらえるような出自ではない。
 ココルテーゼの家は父親が諸子のため廃貴族の扱いだが、名門貴族の血は濃い。
 しかも、アンジェリンから見ると、ココルテーゼは小柄で妹のようにきゃしゃだが、体つきの割には男性が好みそうな大きな胸も魅力的だった。

 ――ココちゃんなら願いが叶うかも。彼女、かわいいし。王太子殿下はすてきな方だと、私も思うけれど、私がお妃さまの座を狙うなんて考えられないわ。私は平民、しかも最悪の親から生まれた娘だから。

 アンジェリンは歩いている最中にふと浮かんできた言葉をつぶやいてみた。
「現実はどうしようもないんだから、悩むだけ無駄ね。いつも明るく、歯【は】を見せてあは【は】はと笑って楽しく……ね。私は私らしく」


  ◇


 侍女たちのうわさの主、王太子フェールは、その日も、王の代行業務を終えて自室に戻っていた。
 仕事はいっこうに減らない。仕事を終えて部屋に戻ると、いつも夜になっていた。
 父王は連日の軍事会議で忙しく、フェールがやる王の代理の事務的な仕事はどんどん増えている。多忙な王と話す暇もなく、軍事会議でどのようなことが決められているのかすら知らない。

 自室の大きな椅子に腰かけていたフェールは、侍女の手によって温かなお茶が用意される様をぼんやり眺めていた。年若い侍女が茶を淹れ終わると頭を下げて部屋から退室していく。
 フェールは、その姿を目で追い、こみあげる不快感を飲み込んだ。
 ――今日のこの時間はあの侍女ひとりだ。ということは今日も。
 今退室した重そうな前髪のその侍女は、化粧はほとんどしておらず、まだ若く、やわらかそうな頬には幼さが残る。癖が全くない茶金色の髪は、前髪を残して後ろで一つに束ねられ、背中の真ん中あたりまであった。侍女の制服である白い襟が付いた濃紺のブラウスに、同色の胸当て付きの長いスカート姿。どこにでもいる普通の侍女に見える。

 扉が閉まり、侍女の姿は消えた。
 フェールが想像した通りの喧騒が耳に入って来た。
 ――予想通りか。
 あの侍女がひとりの時に仕事を終えてこの部屋を出て行くと、必ずと言っていいほど、閉まった扉の向こうで、クスクス、と笑い声が起こる。笑い声の主は、扉の向こうに立つ警備兵たちや、控えている侍従だと思われる。もちろん、王子の部屋の前でのことで、皆、それなりに大声にならないように気をつけている様子ではあるが、それがよけに不快だった。

 扉の外はすぐに静かになったが、フェールは無意識に眉を寄せていた。この部屋から退室するだけというのに、何をそう笑うことがあるのか。毎日ではなく、彼女がひとりで当番をこなしている時だけとはいえ、押さえた笑い声を聞くと、いらだちの塊が胸の底から泥の泡のように膨れ上がってくる。見逃すのもそろそろ限界だ。

 昨日は別の侍女が来ていたが、笑い声は聞こえなかった。
 やはり、人々が笑うのはあの前髪が重い侍女がひとりの時だけらしい。どう見ても自分より年下に見える若い女性に毎回笑われていてはこちらもたまらないではないか。

 フェールは、重い前髪の侍女が次に当番になった日に、厳しく問い詰めてやることに決めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ