挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
都立第三中学シリーズ 作者:和泉葉也
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/7

第二話 橋本部長の秘密のコバコ

「海ーの男にゃ、戦地が似合う。月月火ー水木金金ーっとくら!」

 町外れのさびれたカラオケボックスに軍歌が響く。
 恋の呪文はスキトキメトキスに始まり、軍歌、軍歌、軍歌と続き山本は酒を飲んでいるわけでもないのに吐き気をもようした。  ひたすら歌い続けるのは、一応先輩である橋本橋蔵。  ぐるぐるメガネと白衣を下校時だろうと構わず着こなす、第三中学の歩く変質者であり、彼。
山本はじめの科学部の先輩でもある。  もちろん。こんな先輩が部長をやっている科学部に入部するものはいない。
 どうして山本が科学部に入部したか。  それには脅迫という言葉が適用されるだろう。

「よーし。点数だ!」
 歌い終えた部長は、マイクを握り締めたまま画面をにらむ。
 軽快な効果音と共に点数が表示される。  いつも通り。点数は何故だか100点を表示する。
 わあー。
凄いですねー。
とやる気なさげに山本は呟いた。
「当然だ」

 そして、カラオケの機械には怪しげなコンセントが付いている。
 もはや何も言うまい。
 二十七曲程、部長だけが歌い続けてカラオケは終わった。
 恭順な部下をねぎらっての会、らしいのだが毎度こうなってしまうのだから山本の努力も無駄である。
「やっと終わった」

 山本は安息の地我が家へと急いだ。


「私は中学三年生にもなった」
 いつもの部活時間。
 そして、いつもの理科準備室。
 いつも通りの試験管を逆さに持っての部長演説が始まった。
 山本は内緒で学校に持ってきているポッキーをくわえながら、だるそうにだが聞く体制になった。

「中学三年生。ともなれば、精神的にも肉体的にも変化は訪れる。
 知能の強化、体力の増加、身長の上昇。
 これらの変化は遺伝子の命令によって起こされているものであり、当然私にもこんな変化はある。
 そう、下界の住民どもがグラビアの写真に興味を覚えエロ本を買いあさるような!」

 その前に、お前は受験生だろうと山本は心の中で思った。
 彼の演説はまだ続く。

「言うならば、のび太君がしずかちゃんの入浴シーンをのぞきたいような変化は私にもある。
 そこで、今回のターゲットは一般生徒だ!!」

 今回は山本はイスから落ちなかった。
 彼もだいぶ慣れてきたようである。
「そして、今回登場するのがこの秘密のコバコだ!!」

 バンと部長が床を叩くと、小箱にしては大きすぎる木製の箱が現れた。
 一体どうなっているんだろうかと不安になる山本だったが、忘れることにした。
 救心が案外高かったためである。
「このコバコは、私の師匠であり第三中学の先輩でもあるK,D師匠と有名メーカーの協力により開発されたものだ。
 心地よい香りときつさを同時にミックスした御殿である。
 ちなみに、特許出願中! 製品化も検討している」

 さり気なく嫌な言葉を耳にした山本。
 走り出そうとしたが、どこからか高枝切りバサミっぽいものが飛んできたので壁際までが、彼の逃亡距離となった。

 バン

 いつもより、やや多い書類がテーブルに投げ出された。
 恐る恐る書類を手にして、いつものように青ざめる山本。
 通知表・成績表・戸籍・健康保険証等のコピーがそこに入っていた。
 もちろん、山本のというのは言うまでもない。
「やります!  喜んでやらさせてもらいます!!」

 書類を握りつぶして、山本は涙混じりで叫んだ。
「そうかー。
男女問わないから頑張れよ山本!!」

 僕の人生って何だろう。
 そう考えながら山本は理科室を後にした。

 山本は深く考えた。
 このまま、いつも通りに部長の命令を聞いていたら・・・。
 1 誰か犠牲が出る。
   2 誰か達が犠牲となる。
 3 部長がますます図に乗る。
 という順序良い結果が生まれるのは間違えない。
 山本としては、脅迫されただけで部長のやることに参加するつもりもなく、いつも良心が痛むだけの日々を送らされていたに過ぎない。
 彼は、誰が見ても被害者だった。
 しかし、被害者被害者と呼べても実行犯であることに変わりない。
 脅迫の事実を知らない人達としては、彼は橋本部長の部下という風にしか見えないのだから、彼にとって部長というのは悩みの種でしかないし、親が許したら、部長から離れるために転校までしたいくらいの厄介な存在である。
「うーん。どうしたらいいんだろう?」

 山本は悩みながら廊下を歩きつづけた。
 そして、気が付けば職員室前だ。
 はて? こんな場に用があったのだろうか。
 と思っていると頭の中で何かが「ピン」

とひらめいた。
「そうだ!  僕も部長の弱みを握ればいいんだ!」

 山本にしては中々の思い付きだった。
 ようやく、彼は真人間の道を歩めるようである。
 最近、部長と仲良くしているところを変に思われ、つれない態度を取られている彼女の舞ちゃんも彼を見守っていてくれることだろう。
 人生の転機。
とも言える職員室のドアを彼は静かに開けた。
「失礼します」

 夏休み前の補導対策のためか、職員室は先生で溢れていた。
 運のいいことに、お目当ての先生はすべて揃っている。
 山本はゆっくりと歩み寄った。
 まずは担任。
 1年3組担任の白北先生。
 見た目はサラリーマン風の英語担当教師。
 ちょっぴり怖い奥さんが悩みの30代である。
「先生。ちょっと聞きたいことがあるんですけど・・」

「ん。山本か、どうかしたのか?」

 きょろきょろと部長がいないのを確認してから山本は続けた。
「実は、今の科学部の部長についてお聞きしたいんです。
なんで、部員がいないのか気になるので」

「というと、橋本のことか」

「はい」

「けど、あいつのことを聞くなら担任の星田先生に聞いた方が早いぞ」

「それはそうなんですけど。
その前に星田先生と部長が交流を持っているかを知りたいんです。
僕も命が惜しいんで」

「何となく、お前の部活がどんなのか想像できたが、何も言わないどいてやる。
 まあ、それは置いて。
星田先生と橋本は別に仲が良くもない」

「ありがとうございました」

「悩んでるようなら、相談に来いよ」

 なんとも優しい言葉だろう。
 感激をしつつ、山本は三年生担任地帯へと移動する。
 星田先生はすぐに見つかった。
 バレー部顧問というだけあり、けっこうな身長を持っていて、女生徒にも人気がある。
 そんな彼の高身長が、山本の助けになるのではというくらい速いスピードで彼は発見できた。
 こちらは花の独身貴族。
 少々気が弱いところもある、悩み大きい20代だ。
「星田先生。あの、科学部一年の山本なんですけど」

 会話するのは始めて、緊張が山本を襲う。
「はい?」

 再び、部長がいないのを確認してから話を続ける山本。
「実は、先生のクラスの橋本部長についてお聞きしたいことがあるんですけど。
 そのですね、なんで部員がいないのか気になるんで」

「そりゃ、橋本のやり方が変だからだろ」

 教師は即答した。
「それは分かっています。
でも、なんでああ何ですか?」

 星田先生は数秒悩んでから答えた。
「詳しいことは知らないが。
やめろと言っているのにも関わらず、あのスタイルだろ。
 こっちもいい加減にしてくれさ。
何でも、過去にも前例があったからとかで多少は許されてるらしいんだけど、僕らとしては遠慮してもらいたいな」

「前例!」

 まさか、山本も部長のような人間が二人もいるとは思いたくなかった。
 よく考えてみれば、部長はよく「師匠」と口にしていた。
 ああ、つまり部長はその「師匠」のマネをしているのか? 「何でも、結構前にそんな生徒が居たとか・・・詳しく知りたければ、大咲先生に聞いてみればいい。
 あの人は、この中で一番長くこの学校に居るはずだから」

 ありがとうございましたと言い、超スピードで保健室へ向かう。
 師匠。その人の事が役に立つと山本は思ったのだ。

 放課後だけあって、保健室はガラガラだった。
 とはいえ、保健の先生は部活をしてる人の怪我などをほおっておくはずもなく、いつも通りに大咲先生は保健室に居た。
 美人養護教諭大咲先生。
 男子生徒がイメージする、完璧な保健の先生にピッタリとはまる花の20代である。
「失礼します」

 ガラガラとドアを開け、奥に居る大咲先生へと山本は向かった。
「どうかしたの?」

 ここでも、山本は部長が居ないことを確認した。
 よほど部長が恐ろしいらしい。
「実は、三年の橋本先輩の師匠について、お聞きしたいんですが」

「え、ああ。あの人の事ね」

 なんと、師匠だけで話が通じてしまった。
 恐るべし謎の師匠である。
「そうか。あなたは、あの科学部の部員なのね」

「はい」

「科学部に入ったばっかりで苦労するわね。
 その、師匠君だけど。
えーっと、たしか5年ぐらい前に科学部の部長をやっていたと思ったけれど?」

「科学部の部長!?」

 驚愕の事実である。
「たしか、名前は。んん? でん、でん。なんとか君だったと思ったけど、よく覚えていないわ」

 でん。奇妙な苗字もあったものだ。
「その人について詳しくお願いします!!」

「たしか、何人も部下とかを引き連れてたわよ。
 よく、一年生の男の子が大怪我して運ばれて来たっけ、渡辺君とかいったかな?  理科準備室を改造して、暗証番号入力しないと入れないようにして、クーラーとか勝手に設置したのは良く覚えているわ。
一度だけ中に入ったことがあったんだけど、なんか。
テレビとか、ゲーム機とか、洗濯機なんかまで置いてあったっけ」

 可哀相な渡辺君である。
 山本は、自分の先輩に涙した。
「それで、どうして部長と知り合ったんです?」

「小学生の時だったと思う。
四年前に、科学部の部長をやっていたその子のとこに橋本君が来たんですって」

 五年前中学生だった人間が、どうして四年前に小学生をやっているのか非常に気になる山本だったが、彼の中の何かが聞いてはいけないと囁くようなので、必死で抑えた。
「ま。まあ。つまりは、その師匠がまともな人になれば部長もまともになるんでしょうか?」

「ムリね。天性のものだろうし」

 山本の計画が音を立てて崩れていった。
 はっ!  しかし、その師匠の周りの方々に部長の弱みを聞けば。
 山本はめくるめく安泰の地を思い浮かべて、心の内で笑った。
「先生。その師匠の住所とか分かりませんか?」

「教えるのは構わないけど、後ろの彼の許可がいると思うわ」

 へっとなり。背筋にものすごい寒さを感じた山本は恐る恐る振り返ってみる。
「やーまーもーとーぉー」

 これまで見たこともないような部長の暗黒的な表情に、山本は引きつった。
 何故だか、安全カミソリを手にした部長が山本のバックを取っていたのである。
「ドアを開ける音もしなかったのに!!」

「甘いな山本」

 部長は高笑いしながら、虫歯の出来るわけのポスターを剥がして、保健室の壁を軽く押した。
 すると、ギュウイイインという機械音と共に、壁が回転して行き中央に筋のある鉄製の壁と交代する。
「な!」

 部長は白衣の胸ポケットから、リモコンのようなものを出し、ボタンを押す。
 すると再び機械音がして、チンという奇妙な音がした。
 鉄の壁が左右に開いていく。
「保健室と理科準備室は繋がっているのだ」

「あら、エレベータなんかあったんだ」

 のん気に言う大咲先生。
「あったんだ。
じゃないでしょ!  どうして、公立中学にこんなものがあるんですか?」

「昔作った」

「作ったって部長!」

 なんだか、海が見たくなってきた。
 このまま海に部長を沈められたら、どんなに素敵だろう? 「少し前までは、色々な機械もあったのだが。
 残念ながら教育委員会に見つかってしまってな。
ちょっとした問題になって全部撤去されてしまったんだ。
まあ、私としては師匠が残した超時空アンドロイドさゆりがまだ残っていることだし、安心して学生を続けられるものだがな」

 ありがとう教育委員会。
 山本は「撤去された」

の後は、聞こえなかったと思い込んだ。
「しかし、さゆりが残っていたのは素晴らしいことだ。
 彼女は人類初の分子破壊砲を備えたスーパーアンドロイドだからな」

 山本は聞こえないふりをした。
 これ以上、別のことで悩まされてはたまらない。
「おっと、邪魔したな大咲! また今度お邪魔するよ」

 そしていつものように、山本は部長に引きずられながら理科室へと連れて行かれたのだ。
 降りていくエレベータが、地獄への直行便のように思えた。

     山本は、数十分かけて20人ほどの男女を集めた。
 無論。主催が誰か、何が行われるのか、命の危険があるのかは伝えなかった。
 聞かれなかったから、答えなかったのだ。
 ジャイアンのリサイタルチケットを渡している気分である。
 そして、理科室の中央には部長がテーブルの上に立って、待っていた。
 部長が来た時点で、逃げ出す体制に入っていた人もだいぶ居たのだが、何故だかそんなものは付いていないはずなのに、理科室のドアがすべて自動で閉じられ、集中ロックがかかった。
 女生徒の一部には、お母さんと泣き出す者も居た。
 すべてはあの男が悪いのである。
「はーっはっはっはっはっはっはっは!!  よくぞ集まったか弱き生徒達よ。
別に、この間の選挙で私に投票しなかったのを恨んでいるわけではない」

 これって、監禁の罪に問われるのでは?  山本は浮かんだ疑問を、でも打ち消した。
「たしかに、ちょっと腹駄々しいものもあったが、寛大な私は許そう!  今回、ターゲットとなったお前達には、これを用意した!!」

 部長は謎のコバコをちょんと叩いた。
 外箱がはずれ、中から赤い屋根の家のようなものが現れた。
 中央に、ごきぶりホイホイと描かれている。
 生徒達は悲鳴を上げた。
「思春期、思春期と言ったらこれ。
間違えなく、これだろう!  さあ、私とゴキブリプレーを楽しみたい者、手を上げろ!!」

 静寂が理科室に訪れた。
「ま、まずは部長がお手本を見せてください」

 恐怖に震えながらも、山本が口を開いた。
 飽きれてものが言えないより、恐ろしさの方が大きかったのだ。

「馬鹿が、最初にやるのはか弱き子羊だろう!」

「よく分かりません。見本をお願いします」

「いや、だからこの中に入ってちょっと」

「よく分かりません」

 山本を含めた生徒全員がはもった。
 部長は残念そうになり、しばらく考えた後にゴキブリホイホイのドアを開けた。
「よく見ておけよお前ら!」

 そして、部長が粘着シートにからまる。
 山本は走り出した。
 すぐに準備室からガムテープを探し出して、入口を塞ぐ。
 そして、空気が一切漏れない事を確認してから、ゴキブリホイホイの窓に貼り付けたテープをずらし、部長が用意しておいたゴキブリコロリを噴射する。
 うわぁぁと悲鳴が上がった。
 チャンスとばかりに、隠し持っていた薬品棚のカギを使って濃硫酸の瓶を取り出し、ゴキブリホイホイの穴から三本ほど垂れ流す。
 何故か、ゴキブリホイホイは硫酸に溶けなかった。
 うわあぁぁぁという声が聞こえると、山本は今度は前より強くガムテープとビニールを巻きつけた。
 そして、生徒達を理科準備室へと移動させ、集中ロックの解き方が分からなかったのでエレベータで保健室へと移動させた。
 何度かエレベータで生徒達を運び、もう山本と部長だけになったのを確認すると、とどめとして密閉されたゴキブリホイホイに二酸化炭素を注入する。
 そして、山本はエレベータに飛び乗った。
 保健室へと行ってみれば、先ほどの生徒達が涙を流しながら山本に感謝の言葉を言う。
 窓から見える空が広く、どこまでも青かった。
 そうか、殺人者はこんな衝動でやってしまうんだ。
 長い月日を経て悪は滅びたのだった。
 そして翌日、部長は何事もなかったかのように登校していた。
 終
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ