挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
都立第三中学シリーズ 作者:和泉葉也
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/7

第一話 橋本部長の生徒会選挙


「夏だ! プールだ! 生徒会選挙だ!!」

 ぐるぐるメガネに、白衣という中学生にはふさわしくない出で立ちで、彼は黒板に飾られたポスターをバンと叩く。
 ここは、都内にある第三中学の理科室。
 今は放課後で科学部の部活動時間だというのに、部をそっちのけにして、ぐるぐるメガネの少年。
つまりは、科学部部長橋本橋蔵は叫んでいた。
 部。とはいっても、彼と強制的に部活に入れさせられた、一年下の山本君以外は部員がいない弱小のため、活動らしいものもしていない。
 ただ、熱風と蚊のなく音が鳴り響く理科室で、部長の思いつきに山本が付き合わされていることが、唯一の活動だった。

「これが、どういうことだか分かるか? 山本!」
「分かりません」
 有能なる部下に、無理やりされている彼、山本はじめは素直に答えた。

「まだまだ、甘いものだな山本! 後輩ならピンっときてもいいものだ!!」
 また始まったよ。と思いながら、山本は「はぁ」と返事をする。

「生徒会。つまりこれは、愚かな生徒達をひとしく正しい道へと誘ってやろうとする会! 古来より、弱者を強者が支配していた時のように、学生社会においても、このシステムは生かされている。
 生徒の代表、とは言ってもしょせんは第三中学の一生徒で終わってしまう小物に過ぎない。小物に生徒を指導させたらどうなるか?  生徒は生徒会を馬鹿にして、乱れた中学が生まれてしまう! そうだな、山本?」

「は、はい。多分」
「そこで、問題になってくるのが、この男だ!!」
 懐から取り出した写真を、黒板に貼る部長。
 どうやら、写真は去年行われた弁論大会関東地区大会の写真。壇上に、地区大会を惜しくも逃した、橋本の同級生である大掘啓介の姿がある。中学生にしては、と公表だった答弁で、審査員の覚えも良かったと評判になった。成績もかなりのもので、上位クラスに名前を連ねている。

 ・・・だからどうした。と山本は思った。

「今回のターゲットはこの男だ!!」

  ガタ

 あまりのことに、山本はイスからど派手に転げ落ちた。部長はついに、熱さで脳みそがいかれたのか。

「どうした山本?」
「いえ」
 ほこりをはたき、山本はイスに座りなおす。
 黒板前での熱弁は、まだまだ続きそうな予感がした。

「ふっふっふっふっふ・・・・こいつがいなくなれば、あとは蹴散らせる相手ばかり」
「もしかして、部長。立候補したのでは?」

「その通り」
 今度は、カバンの中から自作のフィリップボードと候補者紹介のポスターを貼る。
 フィリップボードには、どういう経緯で行動すれば、橋本様は当選するかを書いてあり。紹介のポスターには、薔薇の花を口にくわえた部長のアップが映し出されていた。鼻の穴に画鋲を挿されそうなポスターだと山本は感じた。

「ここまでは、完璧。あとは、この男をどうのこうのすれば、無敵の支配者が第三に出現する!」
「む、無敵」

「選挙は来週の月曜。もう、何日もない。お前は、応援演説だ。私達は最後のトリを仕切る。
演説内容は、考えてあるから、覚えろ!」
「って、僕は遠慮したいんですけど。その、期末ももうすぐだし、数学がちょっとやばいんで」

「よきにはからえ!」
 部長は、数枚の写真を山本に渡す。
 そこには、制服でお菓子の買い食いをしている山本の姿、学校で漫画を読んでる山本の姿、彼女の舞ちゃんには内緒で、クラスで一番美人な久川さんとデートをしている山本の姿が映し出されていた。

「喜んでやらせていただきます!!」
「そうか、それは良かった」
 いつの間にシャッターを押されていたのか?
 考え付く余裕もなく、山本は珠算部へと連れて行かれた。


「良ーく、見てみろ」
 珠算部では、数人の生徒達が必死にそろばんをはじいていた。
なんでも、もうすぐ検定試験だとかで、部員の意気込みも違うのだろう。
 今回のターゲット、大堀も同じ珠算部の人間。
 生徒会よりも、自分の試験のほうが大事ならしく一生懸命はじいている姿が山本には良くわかった。

「山本、よく見てみろあの腕を。きっと、自分は会計も出来る会長になれます。とでも演説するはずだ」
「そうかな・・」

 と、突然。大堀がトイレにでも行くのか席を立った。
 慌てて、隣の教室に駆け込む山本と部長。

「ヤツめ! 私のスパイ行動に気づいたか?」
「そりゃあ。ドアからのぞいてれば怪しいとでも思いますよ。
 部長、こんなことに時間を使わないで、もっと自分を磨いたらどうですか? 部長のような偉い人物が、こんなことをしていてはいけませんよ」

「いや、これが征服への第一歩。山本、これを大堀の髪にでも付けて来い!」
 精一杯のお世辞も、部長橋本には通じなかったようだ。山本に指先ほどの小型チップを渡す。

「何です、これ?」
「超小型轟音発生装置だ。使ってみれば分かる」
 山本は、ためしにと自分の頭に乗せてみた。
「後ろのシールを剥がさない限り頭から離れないということは無いから安心しろ」
 もしかして、犯罪の片棒を担がされているのではと山本は身震いした。

 とりあえず、乗せてはみたが変化は無い。おかしいなと山本が思っていると、何だか遠くの方から声が聞こえ始めた。

「まうまうまうまう
  まうまうまうまうまうまうまう
  まうまうまうまうまうまうまう」

 うわあぁぁぁぁと雄たけびを上げた山本は、頭のチップを取り外す

「馬鹿者。大堀にバレるではないか!!」
「な、な、何です一体!!」
 慌てて頭からチップを離す山本。

「脳波の理論を使って、頭部から音声を送り込んでいる。
しかも、防水加工済みのため、シャンプーなどで壊れる心配も無く、シールを剥がせば一週間くらいは頭から剥がれなくなる」
「は、犯罪!!」
「新たなる時代を作るための犠牲になってもらうだけと、言い換えてもらおう!  山本、お前がやらなければ、半永久的に取れないバージョンをお前の頭に付けるぞ!!」
「や、やります。やれば、やればいいんでしょ」
 半泣き状態になった山本は、舞ちゃんごめんなさいとつぶやきながらシールを剥がした。
そして、どうやらトイレに行っただけだったらしい大堀の頭を目掛けて、チップを投げつけた。

 ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。
 すべては、この男に命令されてやったんです。

「ふっふっふっふっふっ」
 部長が含み笑いをしていると、大堀が頭を抱えだした。
 ぐっと呻き、辺りを見回す。しかし、いくら見回しても、それらしい音を出しているものはない。
 今度は耳を澄ます、耳をふさぐ。
 けれども、まうまうという声が聞こえる。
 罪の意識に耐えかねた山本は、珠算部部室前を後にした。


 三日後、大堀は精神科に入院した。
お見舞いにはたくさんの友人がかけつけたらしい。
 山本は、見舞いに高級フルーツの詰め合わせを贈った。
 ごめんなさいの言葉と共に。
 こうして、月曜日はやってきた。
 暗黒と呼ぶにふさわしい生徒会選挙日である。
 午前の二時間に、候補者の演説。
そして、お昼休みまでの間に投票を済ませ、午後のホームルームにて結果発表となる。
 投票数の多い順に会長、副会長と決まっていく。
 演説は、一候補者三分。
 山本的には早い時間で、彼らの出番はやってきた。
 選挙管理委員の言葉と共に彼らは壇上に上がった。

「それでは、まず。橋本橋蔵君の応援演説を一年三組、山本はじめ君」
 拍手が終わり、山本は、部長から手渡された演説文を読み上げる。

「科学部、改め化学推論電子演算部の後輩でもある、私。
山本はじめ改め山本いそろくは、部長である橋本橋蔵様を推薦します。
 何故なら、橋本様は、この学校にとって有能な支配者になることは間違えないからです。
 彼の端正なる容姿、美的センス、溢れ出る知性・・」
 すっかりヤケになり、棒読みで読みつづける山本。
 彼も精神的に疲れたようだ。

「・・どれを見て見ても文句が出ません。ハイソサティーな生徒会を作りたいあなた。当然ですが、橋本橋蔵に一票をお願いします」
 ついに、拍手する起こらなくなった。学校創立以来、始めてのことだ。

「つ、続きまして。えー、候補者の橋本君の演説です」
 なんと、司会者もひいていた。嫌な演説もあったものである。

「やあ、生徒の諸君」
 拍手どころか、全校生徒はあんぐりと口を開けている。
 開いた口がふさがらない、とはこの事だ。

「今の学生社会の現状をどう思うか?  怠惰した世の中をどう思うか?  こんな世の中にしたのは、すべては指導者の力量が足らないからである。
そこで求められるのが優秀な人材。そう、私。地球上の誰よりも、指導者に適しているのは誰か?
 そう、私。私は、将来的にまでこの中学のことを考えている。
すべての人々をひれ伏させ、第三中学を偉大なる帝国に築こう。
と、そのためには、まずは人材育成。私が会長になった暁には、生徒全員に強制頭脳ベルトを装着させて、学力を向上させ、筋力増加チップで中体連全国制覇!」

 ちなみに、強制頭脳ベルトは脳に直接言葉を送りつけるもので、筋力増加チップは力を使わずに、身体が勝手に動いてくれというものである。
 どちらも、遠隔操作可能。廃人の危険性もある。

「いいか、か弱き子羊生徒達よ!!  今の世界を変えたかったら私に票を入れたまえ!!  いいや、入れるんだ。これは命令だ!!」

 最後のほうでは、軍歌まで歌い始めた。いったい、彼は何時代の人なのだろうか? 生徒、職員、すべての人間が頭を悩ませた。


 そうして、午後のホームルームが訪れた。
 予想通りと言うべきか、もっともな結果がスピーカーから流される。
 結果を言い終えた辺りで、部長が放送室に乗り込み、 「不正だ、不正が執り行われたのだ」と、喚き倒したが、当然先生につまみ出されてお説教となったようである。
 会長から書記まで、すべて部長以外の人間が納まった。
 トップとの差は数百票。
 それもそのはず、二票ずつ生徒が入れられるにもかかわらず、部長の票は山本と部長本人の四票しかなかったのである。
 受け狙いで票を入れるものもいなかった。
 何がいけなかったんだとつぶやく部長に、 「月月火水木金金よりも、ラバウル小唄歌った方が良かったんじゃないですか」 と言うと、そうか。と納得してくれた。

 部長は、文化祭実行委員長を目指し、日夜努力を続けるそうだ。
 また、九月ぐらいに騒ぐのか。僕は救心を飲み始めた。
 終
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ