挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私、能力は平均値でって言ったよね! 作者:FUNA
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

188/243

188 マ抜け 1

「さて、5日間の休暇でマイルが何やら怪しげな単独行動に出たわけだけど……」
 そう言って、メーヴィスとポーリンを見やるレーナ。
「あんた達は、この5日間で特にやりたいこともないんでしょ?」
 レーナのその言葉に、こくりと頷くメーヴィスとポーリン。
 メーヴィスとポーリンの母国であるティルス王国に里帰りするには、5日間は短過ぎる。なので、元々実家への里帰り等を考えていたわけではなく、そして初めて訪れたこの国で、単独行動をすべき用事もない。

 実は、今回は各自自由行動の休暇、ということにしたが、その実、4人で遊びに出るつもりであったレーナは、マイルが「ちょっとやりたいことがあるので、王都を離れますね」と言った時、驚いたのである。しかし、今更発言を取り消すこともできず、また、珍しくマイルが「やりたいことがある」と言うのであるからそれを尊重してやりたくて、そのままにしたのであった。
 どうせ、いつも4人一緒なのだ。遊びには、また今度行けば良い。

「それでね、この5日間を使って、ちょっとやってみたいことがあるのよ」
「え、マイルちゃん抜きでですか?」
 ポーリンの疑問ももっともであった。『赤き誓い』は、4人揃ってこそのパーティである。そしてその中心は、マイルであった。
 確かにリーダーはメーヴィスであり、いつも主導権を握るのはレーナであるが、何というか、『赤き誓い』はマイルが居てこそのパーティである、という思いが、皆の心の底にあったのである。その実力は別にして、マスコットというか、求心力の中心核というか……。

「そうよ。どうも私達はあの子に頼り過ぎみたいだからね、たまには私達だけでやってみて、『マイル抜き』での感覚を掴んでおかないと、将来のためにならないと思うのよね……」
 そう、今は楽しい日々を過ごしていても、いつ、何があるか分からない。仕事中に死ぬ可能性は勿論、病気や、その他色々な事情でメンバーが抜けることなど、ハンターにとっては日常茶飯事なのである。そして特に、『赤き誓い』には色々と事情持ちが多い。
 天涯蠱毒、いや、天涯孤独のレーナはともかく、母親と弟が頑張っている実家の商会が気になるであろうポーリンに、あの父親や兄達を抱えるメーヴィス。ふたりには、それぞれ自分で商会を立ち上げる夢、騎士になるという夢があるし、そのうち結婚という話も出るだろう。……いや、結婚ならば、レーナにもその可能性はある。そう、皆、一生ハンターを続けるというメンバーではないのである。

 そして、問題のマイル。
 現在は領地を放置しているが、一応は領地持ちの貴族家当主である。本人は爵位にも領地にも興味が無さそうではあるが、マイルはまだ幼い。そのうち、御先祖様、そして祖父や母が引き継ぎ守ってきた家名と領地、そして領民達への責任、というものへの自覚が生まれる可能性がある。それに、王族がマイルに固執しているらしいし……。
 つまり、いつかは『赤き誓い』も解散、もしくはメンバーの入れ替えが行われる。そのためには、あまりにも特定個人に頼ったスタイルが染み付くのは良くない。このメンバーの中で一番長くハンター生活が続きそうな気がするレーナは、そう考えたのであった。

「確かにそうだね。私は賛成だ。ポーリンはどうかな?」
「私も賛成です。ちょっと、マイルちゃんに頼り過ぎですよね、私達……」
 くして、3人による活動が決定されたのであった。



 そして、森の中。
「……獲物がいないわねぇ。マイル、ちょっと索敵ま、……あ」
 むすっと黙り込み、歩き続けるレーナ。

「お腹が空いてきました……」
「じゃ、そろそろ食事にしようか。マイル、食材を、……あ」
「「あ……」」
 誰も、食材を持ってきていなかった。
 常にマイルの収納に新鮮な肉や野菜、パンや果物がたっぷりとはいっているので、どこに出掛ける時でも、誰も食べ物の準備とかを気にしたこともなかったのである。考えてみれば、食器や調理器具も持ってきていなかった。勿論、野営具も……。
 いや、元々日帰りの予定ではあった。しかし、万一に備えた最低限の装備は用意しておくべきであった。森では何が起こるか分からないのだから。

「「「…………」」」
 ヤバい。
 皆、そう思った。
 あまりにも、便利な生活に慣れ過ぎていた。
 油断。甘え。危険察知能力の低下。そして堕落。
 それは、ハンターを殺す、魔物以上の大敵であった。


 そして2時間後、ようやく獲った角ウサギと木の実、白湯の昼食を摂る3人。
 堅パンと干し肉でも持ってくれば、たかが1回の食事のためにこんなに時間を無駄にすることもなかった。そしてマイルがいれば、収納から出した調理済みの食事が……。
 そう考えて、ぶるぶると頭を振るレーナ。
(駄目だ! 昔は、『赤き稲妻』のみんなが死んだ後、ひとりでやっていた時は、ちゃんとやれていた! こんなの、こんな軟弱なの、『赤のレーナ』じゃない!)

 レーナは自分の堕落具合に愕然としていたが、メーヴィスとポーリンは、それ程深刻そうではなかった。ふたりは『赤き誓い』での活動が初めてのハンター生活であるため、便利人間マイルに毒されている、と思いはしても、レーナのような危機感はないのであった。他に比較すべき経験がないため、今現在を基準に考えているのであろう。
(まずい! まずいまずいまずいまずいまずい!!)
 レーナは、自分はともかく、メーヴィスとポーリンの認識に危惧を抱いた。このままでは、ふたりはマイル付きの『赤き誓い』以外ではやっていけなくなる。事は、思ったより深刻であった。



「……いた! 単独行動のオーク、やや小型!」
「楽勝ね。余裕だから、商品価値を下げないように狩るわよ」
 いつものように、一番早く獲物を発見したメーヴィス。
 マイルがいなくとも、オークなど『赤き誓い』にとっては雑魚である。レーナは、練習として『いかに商品価値を下げずに狩るか』というお題を付けることにした。
 そして、小声で呪文を唱えるレーナとポーリン。

「アイス・ジャベリン!」
「めがみ……えなくなる霧!」
 突然周囲に突き立てられた氷の槍に驚き、立ち止まったオーク。
 そのオークの顔の付近を赤い霧が漂い、とたんに眼をこすり始めるオーク。
 言い出しの部分が女神系、つまり癒し系統の魔法のような振りをしながら、その実、攻撃魔法。さすがポーリン、新開発の魔法は、やはり汚かった。

 そして、その隙に木陰から飛び出し、一瞬の内にオークの頭部を切断するメーヴィス。
 真・神速剣は使っていない。必殺技は、必要のない時にまで乱用すべきものではない。
 しかしそれでも、棒立ちで眼を擦るオークなど、メーヴィスの敵ではなかった。一撃で、綺麗に斬り落とされたオークの頭部。それは、メーヴィスの腕と『マイル謹製、謎の剣』があって初めて可能となるものであり、そう誰にでも簡単にできるものではない。オークの首は太く、骨も硬いのであるから。

「いい感じね。高く売れる部分には傷ひとつないし、草木も荒らさず、完璧よ。じゃ、マイル、収納に……」
「「「あ……」」」
 少女3人、うちふたりは非力な魔術師。
 小型のオーク、推定重量300キロ弱。
 そして、収納魔法の使い手はいなかった。



「ち、ちょっと休んでいいですか……」
「さっき休んだばかりでしょうが!」
「だ、だが、無理をするより、ちゃんと休んだ方が効率がいいんじゃないかな?」
 疲れて泣きがはいるポーリン、それを叱咤するレーナに、フォローするメーヴィス。
 そう、オークを丸ごと運ぶことは断念し、討伐証明部位である耳と、一番高く売れそうな部位だけを切り取り、運べるだけ運ぼうとしたのである。

 頭部や手首、足首、骨、そして食用には向かない部分の内臓等を除いても、200キロくらいはあった。運べるのは、頑張ってもその半分以下。良い部分の肉と、きもと心臓、それと舌。3人で分担し、レーナとポーリンはメーヴィスよりかなり少な目の量を受け持った。人間、得手不得手というものがあり、メーヴィスもそれには文句はなかった。

「これを運び終えたら、戻って残りも運ぶのかい?」
「「…………」」
 メーヴィスの言葉に、沈黙をもって答えるレーナとポーリン。
「いや、聞いてみただけだから! そんなに死にそうな顔をしなくても……。
 それに、戻っても、多分とっくに小動物や魔物に喰われちゃってるから!」
 メーヴィスが慌ててフォローしても、レーナとポーリンの死んだような眼は変わらなかった。


書籍化の御報告
この度、私の「小説家になろう」デビュー作であります2作品(同時連載でした)、『ポーション頼みで生き延びます!』と『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』が、書籍化されることが決定しました。
レーベルは、講談社様が「なろう」を中心としたweb小説を書籍化するために新たに立ち上げられた新レーベル、「Kラノベブックス」(大判)です。
『ポーション』は、その栄えある創刊タイトルとして6月2日刊行、『8万枚』は7月以降刊行予定です。
そして更に、2作品共、web漫画誌『水曜日のシリウス』にてコミカライズ連載が決定しています。

人知れず消えて行くかと思っていた、思い入れのあるデビュー作が、何と2作品共に日の目を見ることができ、感無量です。
これも全て、皆さんの応援のおかげです。ありがとうございます。本当に、ありがとうございます!
そして、新レーベル「Kラノベブックス」がどのような装丁か、サンプルとして、是非『ポーション』のお買い上げを!(^^)/
いや、創刊タイトルとして責任重大なので、焦りまくりなのです。
『平均値』共々、『ポーション』と『8万枚』、是非ともよろしくお願い致します!_(._.)_
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ