挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私、能力は平均値でって言ったよね! 作者:FUNA
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

177/227

177 ライバル登場 1

 オーラ家の事件から3日後。
 いや、あの日は一応「仕事をした」し、その後の仕事も受注したのである。もう既にほぼ終わっている仕事とはいえ。
 だから、その後の2日間は休養に充てた。主に、メーヴィスが完全に復調するのを待つために。
 そして今日、新たな仕事を受けるため、ギルドへ顔を出した『赤き誓い』の4人であるが。

「あなた達が、『赤き誓い』とやらね?」
 ギルドに入るなり、いきなり絡まれた。
 5人組の、女性ハンター達に。

「あ、はい、そうですけど? 何か御用でしょうか?」
 さわやかな笑顔でそう答えるメーヴィスに、一瞬言葉を失い、見惚れる女性ハンター達。
(うわぁ、相変わらずの、別の意味での「女性ハンター」振りですねぇ、メーヴィスさん……)
 メーヴィスの、いつもと変わらぬ女性ホイホイ振りに呆れるマイル。

「……っ、そうじゃなくて! 私達が遠征でいない間に、よそ者の若いのが調子に乗ってるらしいじゃない!」
 一番年上っぽい20歳前後の女性の言葉に、きょとんとした顔をするメーヴィス。
「え、そうなのですか? それはいけませんね。若い者は年配の方をうやまうべきですし、経験の浅い者が調子に乗るのは良くないですよね。そういう者達には、年配の者が注意してあげないと……」

 ぷっ!
 くすくす……
 くくくくく……

 何やら、他のハンター達が必死で笑いを堪えているような気がするが、勿論メーヴィスは気付いていなかった。

「ね、年配。年配……」
 そして、顔を赤くしてぶるぶると震える、年上っぽい女性。
「あれ、どうかされましたか?」
 にこやかにそう聞くメーヴィスに、女性が怒鳴った。
「あなた達のことよおおぉっ!」

「「「あ、やっぱり?」」」
 ポーリン、レーナ、そしてさすがのマイルも、今回ばかりはそれに気付いていたようであった。
「……え?」
 そう、分かっていなかったのは、メーヴィスただひとりであった。


「……というわけで、説明して貰おうじゃない!」
 ギルドの飲食コーナーに連れて来られた『赤き誓い』は、5人パーティの彼女達、『女神のしもべ』に問い詰められていた。

「いや、説明も何も、何が問題で、何の弁明を求められているのか、さっぱり分からないのですが……」
 相手が年上で先輩であるため、一応敬語を使うメーヴィス。
「それは、あ、あなた達が、私達の不在を良いことに、この支部のアイドルパーティの地位をかすめ取ったからでしょうが!」
「「「「………………は?」」」」
 『赤き誓い』、呆然。呆然、サラダ油セット。

「ああ、『活動していない』とか、『遊んでいる』という意味ですね。いえ、私達、ちゃんと活動していますよ? 確かに、ここ数日は少し休養が多かったですけど……」
 マイルは、どうやらアイドリングの方の「アイドル」だと思ったらしい。
「そっちじゃないわよ! 偶像、憧れ、崇拝の方のアイドル!」
 そう言って、必死で訂正する、年齢的に2~3番目くらいと思われる少女。大体、16~17歳くらいであろうか……。

「ええっ、パーティ名が『女神のしもべ』で、崇拝の対象たる偶像だということは、皆さん、女神様の使徒、『御使い様』ですか!」
「い、いや、別にそういうわけじゃあ……」
 少し困ったような顔をする、女性パーティの面々。
 勿論、分かっていての質問である。マイルも、たまには意地悪くらいはするのであった。

 そして、詳しく話を聞く、『赤き誓い』の面々。
 飲み物は、「先輩パーティだから」と言って、『女神のしもべ』がパーティ予算で奢ってくれた。
 そのあたりは、ちゃんと先輩としての自覚があるらしい。

 『女神のしもべ』。ハンターとしては珍しい、女性ばかりの5人パーティ。
 剣士テリュシア、19歳。槍士フィリー、17歳。剣士ウィリーヌ、弓士兼短剣使いタシア、共に16歳。そして万能型、と言えば聞こえが良いが、器用貧乏、という名の方が相応ふさわしい、魔術師のラセリナ、14歳。ラセリナのみがDランクであり、他はみんなCランクハンターである。まだ昇格したばかりであるが……。

 山と田畑しかなく、いい男もろくにいない田舎の農村。
 そんなところで一生を過ごすことに耐えられなかった3人の若い少女達が、なたやひのきの棒を手に、冒険と華やかな人生を求めて、ハンターを目指して村を飛び出した。
 ……馬鹿である。

 そして、様々な苦労や危険に見舞われながらも、奇跡的に生き延び、更にひとりで村を飛び出した似たような少女ふたりを加え、いつの間にかCランクハンターにまで成り上がった。
 普通は、そういう無謀な者達はそれまでに全滅するのであるが、余程実力があったのか、それとも運が良かったのか……。

 ともかく、養成学校がない国としては異例の若さでのCランクである。しかも、若い女性揃い。当然、男性パーティからちやほやされる。『赤き誓い』がそうであるように。
 そして、そこに現れた、『赤き誓い』。
 若い美少女4人組。貴重な魔術師ふたり。Bランク並みの剣技。そして、どうやら世間知らずっぽい。
 ……そう、男性パーティの注目が、『赤き誓い』に移ってしまったのであった。

「大体、よそから来てすぐに『赤い依頼』を受けて完遂、追加報酬まで貰ったり、貴族家から指名依頼を受けるなんて、いったいどんな手を使ったのよ!」
 そう言って怒鳴る、17歳、槍士のフィリー。

なびきかけてた『契約の護り手』のジョーンズが、本気になりそうながいるから、って私の食事の誘いを断ったわよ!」
 咆える、そろそろ適齢期の折り返し地点に差し掛かる、パーティ最年長、19歳の剣士テリュシア。

「あの、優しい『白銀の爪』のおじさま達を酷い目に遭わせた、というのは、どういうことですか!」
 どうやら、おじさま好きらしい、16歳、弓士のタシア。
 まともに話す男性が父親くらいしかいなかったマイルと、物心ついた頃には父親とふたりで行商の旅をしており、その後も『赤き稲妻』と一緒に行動していたレーナも、同じく「おじさま好き」である。互いにそれを知れば、3人、良い友達になれそうであった。

「食事を奢ってくれたり、お菓子をくれる人が減りました!」
 ぷんぷん、と怒って頬を膨らませる、14歳、魔術師のラセリナ。

「…………」
 そして、言いたいことを全部言われてしまったらしく、黙って睨み付けるだけの、16歳、剣士のウィリーヌ。

「「「「「どうしてくれるのよ!」」」」」
「「「「あ~……」」」」
 がっくりと肩を落とす、『赤き誓い』の4人であった。

「で、『契約の護り手』とか、『白銀の爪』って、いったい誰ですか?」
 そしてマイルの疑問の声に、メーヴィス、レーナ、ポーリンの3人も首を傾げるのであった……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ