挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私、能力は平均値でって言ったよね! 作者:FUNA
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

167/226

167 必殺技 2

 そして王都の近くの森へとやって来た、マイルとメーヴィス。
 さすがに、レーナとポーリンは付いて来てはいなかった。
 もしそんなことをすればパーティの信頼関係がズタズタになることくらい、あのふたりに分からないわけがなかった。

「では、始めます」
「ああ、頼む」
 真剣な表情の、マイルとメーヴィス。

「まず最初に、技の説明から始めます。
 知っての通り、私は剣の技術としてはメーヴィスさんには遥かに及びません。取り柄は、速さと腕力のみです」
 いや、それが『超えがたき壁』なのだが、と思ったが、黙って拝聴するメーヴィス。

「それで、あの技ですが、別に速さと腕力によるものではありません。いや、飛んでくる魔法に当てるためには、速さは必要ですけど……」
 うんうん、と頷くメーヴィス。

「必要なのは、『気』の力です」
「おお!」
 魔力、と言われればどうしようもないが、気の力ならば自分にも使える。
 そう思ったメーヴィスの眼が輝いた。
 そしてマイルの、昨夜ナノマシンから聞いた話をアレンジした、でっち上げの説明が始まった。

「メーヴィスさんは、体内で気の力を使うことができますが、体外ではできませんよね? 『余が、炎の化身である(ファイヤー)』も、体内で形成したものを、体内から直接発射しているわけですから。なので、剣に気の力を纏わせて相手の魔力弾を消したり弾いたり、そして気の刃を飛ばしたりするためには、今のままでは駄目です」
「え……。それじゃあ、私には、使えない、と……」
 愕然とするメーヴィスであるが、マイルの話はまだ終わってはいなかった。
「だから、気の力を体外に出せるよう、物理的に対策を行います。
 とりあえず、メーヴィスさんの血と髪を戴きます」
「え……。
 いや、構わない! こうなったら、悪魔に魂を売ってでも、あの技を会得する!」
 血と髪を貰う、と言われてメーヴィスが連想したのは、『悪魔』であった。まぁ、そう思われても仕方ないであろう。

 そしてメーヴィスから剣を受け取り、鞘から抜いて地面に置くマイル。
「血を」
 マイルの言葉に、メーヴィスは予備武器である短剣を抜き、躊躇うこともなくその刃を左腕に当てた。そして、スッとその刃を引く。
 ぼたぼたと流れる血を地面の剣にたっぷりとかけ、次に、手にしている短剣も剣に並べて置き、そちらにも血をかけた。
「それくらいでいいです」
 マイルはメーヴィスの左腕の傷に治癒魔法を掛け、その傷は綺麗に消え去った。

 次に、マイルはメーヴィスの髪を切り、剣と短剣に振りかけた。
 別にばっさりと切ったわけではなく、毛先を少し切っただけなので、メーヴィスの見た目は殆ど変わっていない。そして、切られたごく短い髪の毛は、血がべったりと付いた剣にくっついた。
(ナノちゃん、お願い!)
『了解致しました!』
 そして、血と髪の毛がそれぞれの剣に吸い込まれるように消え、あくまでも雰囲気を出すためだけの淡い光に包まれたあと、再びその姿を現した。
 以前に較べ、少し赤みがかった金色を帯びた剣身。
 メーヴィスの血と髪を取り込んだ、メーヴィスの身体の延長。そして、アンテナである。

 魔族が、なぜ他のヒト形種族より魔力が強いのか。
『それは、外部アンテナがあるからです』
 ナノマシンは、マイルにそう説明した。
 魔族にあって、他のヒト形種族に無いもの。
 そう、『ツノ』であった。頭蓋から直接生えて、突き出したツノ。それが、効率的な思念波の放射に寄与していた。

 メーヴィスは、外部に思念波を放射する機能が不全であった。
 内蔵アンテナが不調。ならば、外付けの外部アンテナを用意すれば良い。
 メーヴィスの血と髪を取り込んだ剣身は、メーヴィスの身体も同じ。ならば、剣にも思念波が行き渡るのが道理である。

「メーヴィスさん、説明した通り、これでこの2本の剣にはメーヴィスさんの『気』が流せるはずです。これで、あの技の鍛錬をして下さい。
 そして、威力を増す必要がある時は、剣を握る手を濡らして下さい」
「濡らす?」
「はい、剣への『気』の伝達を阻害する抵抗は、掌と剣の接触部分で発生する『接触抵抗』が、その最も大きなものです。その接触部分が濡れると、抵抗が小さくなるんです。
 水でも汗でも構わないんですけど、一番効果的なのは……」
「血、だね」
「……はい」
 予想通りのマイルの返答に、メーヴィスは歯を剥いて笑った。

 そう、いくら電圧が高くても、抵抗値が大きければ大した電流は流れない。
 夏場に感電事故が多いのは、このためである。汗で掌が濡れていれば、接触抵抗が少なくなって大電流が流れる。
 それと同じく、掌が血で濡れていたり、傷口から血を介して剣に直接繋がっていたりすると、思念波が剣に流れやすい。そして思念波が流れた剣は、アンテナとして周囲に思念波を放射し、周辺のナノマシンに働きかける。そう、メーヴィスの体内にある少量のナノマシンだけでなく、体外のナノマシンも使用可能となるのである。

「でも、普段は普通に使って下さいよ。特に、練習の時には……。使いやすい状態で練習したのでは、鍛錬になりませんし。
 それと、手を濡らして、滑って剣がすっぽ抜けたりしないように……」
「マイル、剣士を何だと思っているんだ? 手が汗や血で濡れたとかで、いちいち剣がすっぽ抜けるような剣士が、そうそういて堪るもんか。それに、何のために複雑な巻き方で柄巻してあると思っているんだ……」
「あ、そうなんですか?」
「マイル……。お前も、魔術師と兼業とはいえ、一応は魔法『剣士』なんだから……」
 呆れ果てるメーヴィスであった。


 そしてマイルの「魔力」を「気」と言い換えただけの指導が始まり、メーヴィスの特訓が続いた。
 初日が終わり、暗くなってから宿に戻ったメーヴィスは、身体はふらふらしていたが、その眼はぎらぎらと輝いていた。
「今日の『ファリルちゃんと遊ぼう』は、メーヴィスさんを優先して下さい……」
 マイルのその頼みに、レーナとポーリンは、こくこくと頷いた。
 今のメーヴィスには、『癒やし』が必要である。全員が、そう考えていた。

 2日目。宿に戻ったメーヴィスは、元々スレンダーな体つきであったが、それがますますスマートに、いや、痩せ細り、やつれていた。
 そして、ふらつきながらも、ぎらぎらと輝く眼。

「ちょっとマイル、大丈夫なんでしょうね? 明日は鍛錬は休んで、休養にした方がいいんじゃないの?」
「わ、私も、そう思います……」
 レーナとポーリンがそう言うが。
「私に言っても無駄ですよ、多分……」

「……明日も行く。マイルが来てくれないなら、私ひとりででも行く。
 もう少し、もう少しなんだ……」
 ベッドに倒れ込み、意識を失っているのではないかと思っていたメーヴィスが、うめくような声でそう言った。
「お聞きのとおりです。ひとりで行かせたら、止める者もいない中、どんな無茶をするか……」
 そう言われては、止めようもない。
 レーナとポーリンは、マイルを信じて任せることにした。

 そしてマイルは、悩んでいた。
 メーヴィスは、もうすぐあの技を会得するだろう。
 そして、その時。
(技の名前、何にしよう……)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ