挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私、能力は平均値でって言ったよね! 作者:FUNA
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

155/227

155 魔族

「「「「ま、魔族……」」」」
 てっきり獣人相手だと思っていたのに、いきなり相手が魔族だと分かり、愕然とする『赤き誓い』の4人。
「なっ? お前達、俺達が魔族だと知っていたんじゃあ!」
 正体がバレていると思いフードをめくった魔族達もまた、愕然。
「いや、すみません! 別に、騙そうとしたわけじゃないんですけど……」
 そして、申し訳無さそうに頭を掻く、マイル。

「とにかく、事情を全て話してもらえませんか? いえ、おおよその見当はついているんですけど……」
 そう言うマイルに、魔族達は勿論、はいそうですか、と従えるはずもない。
「ふ、ふざけるな! そちらこそ、何を知っているのか、全て吐いて貰うぞ!
 捕らえろ!」
 魔族のリーダーは、仲間達にそう命令した。

 前回、獣人達と出会う前には、相手が魔族だと思っていたため、心の準備と覚悟ができていた。
 しかし、今回は逆に、相手が獣人だと思っていたため、『赤き誓い』のみんなは心の準備ができていなかった。
 突然の、魔族との戦い。
 あの、伝説やお伽噺に出てくる、人間の常識を超えた魔族の強さ。
 思わず腰が引ける『赤き誓い』のみんなであるが、その中では、やはりマイルにはある程度の耐性があった。

「皆さん、そう恐れる必要はありません! 物語に出てくる魔族は、人間側でいうところの勇者相当です。つまり、実際には存在しない、誇張された姿なんですよ。
 勇者って、伝説やお伽噺にはしょっちゅう出てきますけど、実際には、まずいませんよね。それと同じですよ。
 魔族も、実際には、獣人より劣る身体能力と、エルフより劣る魔力と、ドワーフより劣る頑健さを持っているだけの、ただの人型の種族に過ぎませんから!」
 マイルのその言葉に、少し気を取り直したレーナとメーヴィスであるが、そこにポーリンがぽつりと呟いた。
「……でも、それって、その全ての面において人間を上回っている、ってことですよね?」
 再び顔色が悪くなる、レーナとメーヴィス。
「こんな時に、余計なことを言わないでくださいよおおおぉっ!」
 そう叫ぶ、マイルであった。

(まずい! どちらも4人、各個に1対1の戦いになれば、大怪我や、もしかすると死人が出る可能性が……。
 みんなの力は信じているけど、万一ということがあるし、逆に、余裕がなくて、相手に致命傷を与えてしまうこともあり得るし……。何か、いい方法は……。
 そうだ!)
 マイルは、頭に浮かんだその案に飛びついた。

「待ってください!」
 マイルの言葉に、近付いていた魔族達が歩みを止めた。
「何だ? 諦めて降伏する気になったか?」
 リーダーの言葉に、マイルは首を横に振った。
「いいえ。でも、このまま乱闘を始めても、『美しくない』とは思いませんか?」
「「「「「「「はあああああぁ?」」」」」」」
 マイル以外の全員の声がハモった。

「う、美しくない、って……」
「どういう意味だい?」
 レーナやメーヴィスですら、あっけに取られていた。
「いったい何を言っているんだ、こいつは?」
 魔族のリーダーがメーヴィスにそう尋ねるが、勿論、メーヴィスにも答えられない。

「団体戦、それも、星取り戦形式の4人制です!」
 マイルの言葉に、ぽかんとする、その他全員。
 そして、マイルの説明が始まった。

「いいですか、せっかくの名勝負になりそうなのに、みんなが自分の戦いにのみ気を取られて、他の戦いを見られないのでは、あまりにも勿体ないとは思いませんか?」
 戦い好きらしい、魔族のうちの2名が、うんうんと頷いた。
「そこでです、互いにひとりずつ出して戦い、他の者はそれに手出しせず観戦するんです。それを4回。3勝した方が勝ちで、負けた方は、相手に捕らえられたものとして、素直に降伏する。2対2で引き分けとなれば、互いの実力が伯仲しているものとして、武力は同等として話し合いを行う。これで如何ですか?」
「……ちょっと待ってくれ」

 そう言って、魔族達はこそこそと何やら少し話し合いをした後、返事を返した。
「いいぞ、こちらはそれで異議はない」
 おそらく、人間の小娘如きに魔族である自分達が後れを取るはずが……、という、いつものやつであろう。それプラス、退屈凌ぎの娯楽代わり。
 『赤き誓い』側は、こういう、相手側との駆け引きで商売は絡まない場合は、元々マイルに任されることが多いため、皆、異議を挟むことはない。
 なので、話は決まった。
「合意と見てよろしいですね?」


「では先鋒ポーリンさん、次鋒レーナさん、副将メーヴィスさん、そして大将は私、ということで」
 マイルは、強い者ほど後に出す、という定石通りの組み合わせにした。多分、向こうもそうするはずだ。
 場合によっては、わざとずらして、敵の先鋒にこちらの次鋒、次鋒に副将、副将に大将を当てて確実に3勝を狙い、敵の大将にはこちらの先鋒を当てて捨て試合にする、というような方法もあるが、おそらく魔族側はそのような方法は取らないであろうし、マイルもそんな気は全くない。

「マ、マイル、本当にいいのか、私が副将とやらで……。
 私は、先鋒の方が良くはないか?」
 不安そうにそう言うメーヴィスに、マイルはにっこりと微笑んだ。
「大丈夫です、メーヴィスさんは絶対に負けません! だって、メーヴィスさんは『騎士を志す人』なのですから!」
「そ……そうか。ああ、そう、そうだよな!」
 メーヴィスは、きっ、と表情を引き締めて、その後、口の端を歪めて笑いを浮かべた。


 ルールの擦り合わせを行い、観戦者は自チームの選手が危険だと判断した場合は試合の終了の宣言や相手側チームの選手の攻撃を防ぐことができる、但しその場合は自チーム選手の負けとする、等の規則を決めた。
 そう、これがマイルの目的である。これにより、双方共に、重傷者や死者を出すことなく勝負をつけられる。
 もし団体戦そのものに敗北しても、別に構わない。
 誰も死なず、重傷を負うこともなく終われば、正直に『調査依頼を受けてきた』ということや、前回のことを話しても、『赤き誓い』にも人間側全体にとっても、何も損失はない。今回の依頼においても、『相手は魔族、目的は調査』という情報を持ち帰るだけで、おそらく依頼成功と見なされるはずである。
 更に、既に人間側が古竜の指示による魔族、獣人達の調査のことを知っているとなれば、マイル達を拘束する理由もない。おそらく、話が終われば解放されるだろう。
 もし解放されなければ、その時は、逃げ出せばいい。「捕らえられた後に、逃げ出した」ということならば、約束を破ったことにはならないのだから。
 そして勿論、マイルには負ける気など毛頭なかった。

 岩場の少しひらけた場所で向き合う、ポーリンと、30歳くらいに見える魔族の男性。
 あくまでも、30歳くらいに見える、というだけである。魔族の年齢と見た目の関係など、マイル達には判断がつかない。
 観戦者は、マイル達も魔族側も、一緒にひとかたまりになっていた。分散すると流れ魔法に当たりやすいし、観戦中に話すのも、何らかの情報収集になるだろう。
 あの、マイルに貫通弾を喰らった男も、いつの間にか他の魔族に連れて来られ、治癒魔法で傷を塞いで貰い、観戦組に加わっていた。いくら傷を塞いだとはいえ、しばらくは全力での戦闘はできないであろうから、戦力外である。
 そして、マイルが観戦場所から叫んだ。
「では、ファイト、レディー・ゴー!」

「アイス・ジャベリン!」
「アース・ウォール!」
 ポーリンの氷槍攻撃を、地面から岩壁を隆起させて防ぐ魔族。実体となった氷による攻撃を防ぐには、魔法防御ではなく、物理的な壁が必要なのである。
 土ならばともかく、岩場でのそれは、かなりの魔力と才能を必要とする。それを、ポーリンと同じく、呪文詠唱無しでの魔法名のみ、つまり詠唱省略魔法で、いとも容易くやってのける魔族。

「……、……、アイス・ニードル!」
 今度は、小声で短縮詠唱を行い、再び攻撃魔法を放つポーリンであったが、質量の小さい氷の針は、全て風魔法で吹き散らされて防がれた。
「…………」
 攻撃が全く通じず動転したのか、呪文を唱える様子もなく、攻撃の手が止まったポーリンに、魔族の男がゆっくりと近付きながら話し掛けた。

「無駄だ。人間の小娘如きの魔法では、我々に届かせることすらできまい。そして我々の魔法は、簡単にお前達の防御を貫く。
 どうだ、降参しないか? そうすれば、無駄に痛い目に遭うこともないぞ?」
 その言葉に、ふるふると首を横に振るポーリン。
 確かに、魔族の強力な攻撃魔法をまともに受ければ、ポーリンの防御は簡単に抜かれるだろう。そう、『もし、攻撃をまともに受ければ』。

「仕方ない、なるべく痛くないよう、一撃で決めてやろう」
 魔族の男が勿体振って右手をかざし、わざとゆっくりと魔法を放つ体勢にはいっても、マイルが介入する気配はなかった。

 そして、魔族の男が攻撃魔法を放とうとした時。
「水よ、彼の者の手足に纏い、凍り付いて自由を……、ぐあっ!」
 突然、信じられない、というような驚愕の表情を浮かべ、続いて顔中から、いや、身体中から汗を噴き出させる、魔族の男。
「ぎゃああああぁ!」
 そして、お尻を押さえて、転げ回った。

 真正面からの実体飛翔系の魔法を続けたポーリン。
 そして、それらを簡単に防がれて、如何にも動揺して何もできなくなったかのように見えたポーリン。
 ……ポーリンが、そんなタマであるはずがなかった。
 何もできない状態の振りをして、無詠唱で密かに相手の足下に放った、ごく小規模のホット魔法。
 それを、ごく弱い気流に乗せて、ズボンの裾から上昇させた。敏感な、粘膜部分目掛けて。

「ど、どうした! いったい、何が……」
 慌てる観戦組の魔族達。しかし、泣き叫びながら転げ回る仲間の状態に、ただ事ではないと思いながらも、負けを決定付ける介入を行う決心がつかない様子。
 そして、ポーリンが次の詠唱を始めた。
「氷の刃よ、敵の心臓を貫け! アイス……」
「降参! 降参だ、試合終了!!」
 その詠唱の、あまりにも物騒な呪文に顔を引き攣らせ、魔族達のリーダーが大慌てで試合終了、つまり敗北の宣言を行った。

(残りの3回、全て勝てば済むことだ……)
 そう思いながらも、嫌な予感が湧き上がるのを抑えきれない、魔族達のリーダーであった。

本年も、よろしくお願い致します!
今回から、曜日固定の週2回更新(火曜の午前零時と、金曜の午前零時)となります。よろしくお願い致します。

そして、お知らせです。
本日から、私の「小説家になろう」デビュー作、『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』と、『ポーション頼みで生き延びます!』の2作品(2作品同時連載でした)の更新を再開します。(^^)/
あれから丁度1年経ったので、心機一転、本作の礎となった2作品に、再び日の目を見せてやろうかと……。(^^ゞ
2作品とも、この話数と同時に更新再開の1話目(それぞれ、76話と43話)をアップロードしています。
以後、それぞれ水曜零時と木曜零時、つまり週イチで更新するつもりです。
2話目は、今週の水曜、木曜に更新します。
本作共々、よろしくお願い致します。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ