挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
私、能力は平均値でって言ったよね! 作者:FUNA
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

153/227

153 移動

「それじゃ、失礼しますね」
 ポーリンがフェリシアにそう言って軽く頭を下げ、受注手続きを終えた『赤き誓い』はギルドを後にした。
 しばらく呆けていたフェリシアは、はっと我に返ると、一連の騒ぎを隅の方のテーブル席から眺めていたBランクパーティ、『白銀しろがねの爪』に向かって顎をしゃくった。
 それを受けて、おもむろに立ち上がる、5人の男達。

 剣士ふたり、槍士ひとり、そして魔術師ふたり。
 前衛から後衛の魔術師まで、全員が革鎧レザーアーマーの上から白銀色のブレストアーマーを装着しており、勿論それがパーティ名の由来である。
 Bランクだけあって財政状況には余裕があり、全員が壮年ということもあり、小娘にがっつくようなこともない。なので一連の騒ぎを微笑ましく眺めていたのであるが、さすがに、あの銅貨斬りには驚いていた。
 そして今、あの『このすべフェリシア』からの、顎による「付いていけ」との指示を受け、慌てて立ち上がったのである。

『このすべ』。
 それは、『この者に睨まれた者、全ての希望を捨てよ』の略であった。
 そして勿論、彼らには、顎で示されたその指示に逆らうつもりはなかった。これっぽっちも。
 少し遠出をしようかと思い、必要物資を用意して、最後にギルドに顔を出したところであった『白銀の爪』は、いつでも出立できる状態であった。フェリシアは、当然それを知っていて彼らを指名したのである。
 急いでギルドを後にした『白銀の爪』は、すぐに『赤き誓い』を視界内に捉えた。
 彼女達は何やら立ち止まって話をしているようであり、先程ギルドで聞いていた話の流れから、『白銀の爪』の面々は直接彼女達と接触するのはやめ、距離を空けて付いていくことにした。


「じゃ、『そにっくむーぶ』で行くわよ」
「「「おぉ!」」」
 レーナの言葉に揃って返事し、マイル発案の『赤き誓い』高速移動モード、『ソニックムーブ』の態勢に移行する4人。
 まず、レーナ、メーヴィス、ポーリンの3人が剣や杖、そして背負っていたダミーの荷物を降ろし、全てをマイルの前に置いた。
 マイルは自分の剣や荷物と共にそれらを収納に入れ、代わりに小型の水筒を取り出して、みんなに手渡した。
 そう、みんなの手持ちの荷物を最少にして、移動速度を上げるのである。
 急に賊が現れても、マイルが収納から武器を出して皆に手渡すのには1秒もかからない。それに、魔法を使用する分には関係ないので、視界の良い街道上を歩いている限り、危険が増すこともない。
「目的地、ゴーレムの岩山。『赤き誓い』、出発!」


「あ、歩き出したぞ。いったい何をやっていたのかな?」
「さぁな。さ、付いていくぞ!」
 一定間隔を空けて『赤き誓い』に付いていく、『白銀の爪』。
 しかし、歩き始めてすぐ、彼らは異変に気付いた。
「は、速い……」
「このペースだと、付いていけんぞ!」
「だ、だが、少女の足だ、こんな速度が続けられるわけがない! 何かの事情で一時的に飛ばしているだけだろう、すぐにペースを落とすはずだ」

 そう希望的観測をする『白銀の爪』の面々であったが、そのうち、ひとりがあることに気が付いた。
「……なぁ、あいつら、荷物を持っていないような気がするんだが、俺の気のせいか?」
 追跡に気付かれないよう、そしてたとえ気付かれたとしても、文句を言われる筋合いはない、と突っぱねられるだけの間隔を空けているため、彼女達の姿の細かいところまでは判別できない。しかし、言われてみれば、確かに荷物を背負っているようには見えなかった。

「ギルドを出る時には、確かに全員が荷物を背負っていたよな?」
「ああ。それに、そもそも手ぶらでゴーレムの岩山へ行くはずがないだろう」
「「「…………」」」

 そして、いつまで経っても緩む様子がない『赤き誓い』の移動速度。
 いくら壮年の男性とはいえ、武器と防具を身に付け、水と食料、医薬品、野営用具にその他色々を背負っての徒歩移動は、それ程の速度が出せるものではない。そう、たとえば、小さな水筒ひとつを腰に付けただけの少女達の、軽やかな足取り程の速度は……。

 『白銀の爪』。そのパーティ名の由来となった、白銀色のブレストアーマー。
 お揃いであるその防具は、防御力を上げるだけでなく、パーティの結束の証であり、皆の誇りでもあった。しかし今、それが『白銀の爪』の足を引っ張っていた。
 美しく輝くその金属製の防具は、それなりに重かった。
 ハンターの大半は革の防具しか着けないのには、それなりの理由がある。しかし、それを承知で、後衛の魔術師まで全員が金属製のブレストアーマーを着用しているのはパーティのポリシーであり、機動力の低下より防御力を重視したその方針は、全員が生き延びてBランクになれていることから、決して悪い選択ではなかった。いや、それどころか、このパーティにとっては最適の選択だったのであろう。
 だが、今はそれが裏目に出ていた。

「……駄目だ。すまん、先行してくれ。彼女達が休憩を取っている間に追いつく……」
 魔術師がひとり、脱落した。

「……悪い。置いて行ってくれ。彼女達が野営場所を決めたら、街道まで戻って、俺達が追いつくのを待っていてくれ」
 ふたりめの魔術師も脱落した。
 元々、魔術師は前衛組ほどの体力はないのである。他のパーティと違い魔術師も金属製のブレストアーマーを着けているため、戦いの時には心強いものの、荷物を背負っての移動時には、その負担は馬鹿にならなかった。

「くそ、全然速度が落ちやがらない……」
 魔術師がふたりとも脱落してからしばらく経ち、リーダーがそう愚痴った時、前方の『赤き誓い』が突然駆け出した。
「「「なっ!」」」
 みるみる距離が開く。
「駄目だ、もう付いていけん! 限界だ!」
「ばっ! このままおめおめと戻ったら、フェリシアに……。
 分かってるのか! アレだぞ、アレ! 『このすべフェリシア』だぞ!!」
「そんなこと言ったって……。じゃあ、リーダー、追いかけて下さいよ。そして、野営場所が決まったら、案内しに戻ってきて下さい」
「…………」

 『白銀の爪』の皆は、ようやく理解した。
 あの時、彼女達『赤き誓い』のリーダーらしき剣士の女性が言った、あの言葉の意味を。
『私達の移動には、ついて来れないんじゃないかな……』
 それは、他のハンター達を馬鹿にした傲慢な言葉ではなく、ただ単に、事実を述べただけであったのだということを。


「マイル、そろそろ振り切ったかしら?」
「え……」
「他のパーティが付いてきてたんでしょ。分かるわよ、それくらい。
 でないと、あんたが急に『ちょっと、駆けっこをしませんか』なんて言うはずがないでしょうが」
「あはは……」
 レーナに図星を指され、頭を掻くマイル。
「疲れました。もう、歩いてもいいんでしょう?」
 4人の中では一番体力がないポーリンの泣きが入ったので、そろそろいいかと、マイルは皆に徒歩に戻すよう言った。



「ここね……」
 そして翌日の日没頃、『赤き誓い』は、ゴーレムの岩山と呼ばれる場所へと辿り着いた。ギルド支部で貰った地図と、途中で出会った旅人に道を教えて貰ったおかげである。
 普通のハンターならばもう少し時間がかかるため、暗くなる前には到着できず、更に1泊の野営を行い、翌日の昼前頃に着くことになったであろう。半日の差に過ぎないが、疲れた身体で午後から行動するのと、ゆっくり休んだ身体で朝から行動できるということの差は大きい。

「じゃ、明日に備えて、今日はゆっくり休むわよ。まずは食事の準備をして……」
「その後、日本フカシ話、ですね!」
 何がマイルをそこまで『フカシ話』に駆り立てるのであろうか……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ