挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

真実の蓋を開けて

作者:珠樹
目を覚ますと、そこは100年後だった——

高校最後の夏休みの初日に事故に遭い、昏睡状態だった少年・譲二。
彼が次に目を覚ますと、世界は大きく変わっていた。
見たこともない機械。人間と共存するロボット。進化したテクノロジー。
そして、感情と欲求をコントロールできるクスリ。
人々は堕落することも、突出することもなく『普通』を享受し生きていた。
…歪な形をした『幸福』から目をそむけたまま。

彼は歪なセカイを正すため、『真実』を解き放つ決心をする。

その箱の中に入っていたものは、『希望』か『幸せ』かそれとも『苦悩』か。
それは今になってもわからないままだ。
(あなたのSFコンテスト参加作品)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

なにもかえない

中小店舗や個人商店が駆逐され、大型店舗とチェーン店だけが存在するようになった社会。だが変化はそれだけにとどまらず、次は拡大するオンライン商店が実在店舗を駆逐しは//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/06 00:00
Activate Isolation

今は未来、車はそんなに変わらないけど、スケートボードが空を飛ぶ世界で、突然生まれた千人に一人の〝ミュータント〟。 火を噴く。思考を読む。直感が当たりすぎる。離れ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/24 04:26
↑ページトップへ