挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

「いま」あつめ

夜のお散歩

作者:二飛リズ
夜のお散歩
あまりの暗闇にぽかんと
人工的な光などは無くて
遠くに見える光の欠片たちだけが私を照らしました
まるで人間が消えた後の夜
(もしも明日、世界が終わるとして)
そんなことを考えた、夜のお散歩

私の誤算と、
私を襲う春の余寒と
薄着の季節はまだ遠くて
鳥も虫もまだ静かに眠ります
冷たくて、真っ暗で、静かで
(もしも明日、私は死んでしまうとして)
そんなことを考えた、夜のお散歩

錆びたトタンも、
そこに咲く春牡丹も
どこか寂しさをかもし出していて
私もどこか寂しさを感じながら
それでも歩む足は止まらなくて
(明日が来なければいいのに)
そんなことを考えた、夜のお散歩でした
今回初めて、ちょっとだけですが韻を踏んでみました。難しいものですね。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ