挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編集

初恋は、あなた。

作者:瑠音

私の初恋は、先生……あなたでした。

中学生だった私は、先生の優しさと誠実さに知らない内に惹かれていました。

そのことを先生は気づいていたでしょうか?

「相田先生。私、先生のことが好きです。」
勇気を出して伝えた言葉。

「君はまだ子どもだ。その気持ちには応えられない。ただ、これから君は素敵な女性になって、きっと素敵な相手に出会うことだろう。」
淡々と告げられる先生の言葉。

私の初恋は、あっけなく終わりを告げました。





それからどれくらいの月日が流れたでしょうか。

もう運命だと思うしかない人物に出会うことが出来たのです。

和宏さん、あなたと出会えたことは奇跡……いや運命と言うしかありません。

出会った時の優しい笑顔を、私は忘れることはないでしょう。

何故かって?

それは、この左手の薬指に光る指輪が証明してくれることでしょう。


「相田先生!」

「何だよ急に。君の先生を卒業したのは、もう随分前のことだぞ。」

「ごめんなさい、和宏さん。急に昔のことを思い出しちゃってね。」


私の初恋は、先生……あなたでした。

でもね、最後の恋も……きっとあなただと思うの。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ