挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

リトルハーフジャイアント

作者:T木S夫
 昔々のお話です。
 一パーセントの閃きを九十九パーセントの人類が手に入れてしまった狂った時代がありました。
 発明者が乱立し、発明品が溢れ返ったその時代、人々は時の流れと共に更新されて行く発明を受信し、また自身が作り出した発明を世に発信していました。
 受信と発信の速度は加速して行きました。毎年、毎月、毎日、毎時間、毎分、毎秒と。
 眼を開けば発明が目の前に現れます。耳を開けば発明が聞こえていきます。口を開けば発明が溢れ出していきます。
 そして、戦争が起きました。発明戦争が起きました。
 国を滅ぼす細菌が生まれたら、死者を蘇らせる妙薬が作られました。
 空を飛ぶ翼を作ったら、それを自動で撃ち落とす大砲が生まれました。
 体が液体に成るスーツが出来たら、周囲を瞬間的に凍らせる手袋が出来ました。
 毎秒毎秒人が死にました。
 毎秒毎秒人が蘇りました。
 毎秒毎秒人が異形に成りました。
 毎秒毎秒人が勇者に成りました。
 発明戦争はとても長い間続きました。何でこんな戦争が起きたのか誰もが忘れてしまうほどの長い時間が過ぎました。
 けれど、ある日、唐突に終わりが見えました。
 一パーセントの閃きが九十九パーセントの人類から消え去りました。
 狂った時代が終わりました。
 もう人類に発明品を作る事はできませんでした。
 もう人類に発明品を直す事はできませんでした。
 もう人類に発明品を理解する事はできませんでした。
 それでも戦争は続きました。
 持ち寄る発明が壊れるまで。
 持ち寄る体が壊れるまで。
 壊れて、壊れて、壊れて、壊れて、壊れ続けて。
 発明戦争は終わりました。
プロローグ
2017/07/29 23:00
第一話 ①
2017/07/29 23:52
第一話 ②
2017/07/30 00:00
第一話 ③
2017/07/30 12:00
第一話 ④
2017/07/30 23:00
第二話 ①
2017/07/31 23:38
第二話 ②
2017/08/01 00:21
第二話 ③
2017/08/02 00:04
第二話 ④
2017/08/03 23:37
第二話 ⑤
2017/08/04 00:02
第三話 ①
2017/08/05 00:38
第三話 ②
2017/08/06 21:00
第三話 ③
2017/08/07 23:08
第三話 ④
2017/08/08 19:14
第三話 ⑤
2017/08/09 00:00
第三話 ⑥
2017/08/10 00:00
第三話 ⑦
2017/08/11 00:00
第四話 ①
2017/08/12 00:00
第四話 ②
2017/08/13 22:36
第四話 ③
2017/08/14 00:42
第四話 ④
2017/08/15 00:11
第五話 ①
2017/08/16 00:02
第五話 ②
2017/08/17 22:27
第五話 ③
2017/08/18 00:09
第五話 ④
2017/08/18 21:00
第五話 ⑤
2017/08/19 23:07
第五話 ⑥
2017/08/20 21:45
第五話 ⑦
2017/08/22 00:49
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ