挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悲しき愛の形 作者:有野 かおる

1章 あなたは大切な人にどんな形で愛を伝えますか?

4/4

全て

男女はどちらも白衣を着ていた。
一見すると研究者のようだが男の方は
腰にマカレフを提げている。
安全装置は外れていた。

一方女は、男よりも幾許か若かった。
新人、とでもいったところか。
しかし年齢に見合わない程に
美しい白髪を湛えていた。

確かに薄暗い部屋には、ナイフを握りしめた女が一人発狂していた。
白衣の彼女が見誤っているわけではない。

尋ねられた男は部屋に視線を向けたまま答えた。

「あの女性はね、こうなる前は
旦那と愛娘と幸せに暮らしてたんだ。」

答えになっていない、
そう思ったが彼女は黙っていた。
まだ先があるのだろうと判断したからだ。
案の定男は続けた。

「でも数年前ね、社会がとち狂ってしまって
色んな人が職を失った。
それはあの女性の旦那も例外じゃなかった…
別に珍しい話じゃない。」

男の声にはどこか、
昔を懐かしむような響きがあった。

その声が再び発せられる。

「ただ、それからの旦那の荒み方は
絵に描いた様だった」

絵に描いた様な荒み方
酒を飲んで、酔って、
手当たり次第に周囲に当たり散らす…

それらを想像するのは難しくなかった。
彼女は納得したように頷き、呟く。

「そのストレスで、このような自傷行為に…」

それを男が「いや、」と遮った。
彼女は怪訝そうな顔を向けた。
男は吐き捨てるように続けた。

「それもあったけど…
問題はストレスなんかじゃなかったよ」

その声は誰に聞かせているのか分からない。
自分自身に聞かせているようでもあった。

「ある日、買い物の為に外出した女性と
娘の帰りが遅くて
家で待ってた旦那は様子を見に行った。
考えが卑屈になっていた彼でも、
やっぱり家族は心配だったからね」

男の視線は部屋の方を向いたままだった。
しかし、ここではないどこかを見ているようでもあった。
男は続ける。

「でもそこで男は余計な物を見てしまった。
女性と娘が、見知らぬ青年と笑顔で
話していたんだ」

男が唇を噛んだ。
その隙間から小さな声が漏れてくる。

「旦那が職を失ってから
見せた事の無かったような…
明るい顔でそこにいたんだ…
でもね…少し考えれば、
それが社交辞令としての笑みだってことくらい
すぐに分かった、
本当に道を尋ねられてただけだったんだよ…」

呻くような声が紡ぎ出されていく。

「たったそれだけのことだったのに、
旦那は愚かにも、
女性が自分に愛想を尽かしたと思った
女性が自分を捨ててしまうんじゃないか、
目の前から消えてしまうんじゃないかって、
そう思ったんだ…
仕事をしてない負い目もあったから…」

男は語ることを止めない。
視線も、動かない。

「家に帰ってきた女性を、旦那は問い詰めた
『こんな時間まで何をしてた』、
『一緒にいた男は誰だ』
あろうことか…『この娘は誰の子だ』とまで…
そして、女性に手をあげてしまった
『俺はこんなにもお前を愛しているのに』
そう言って何度も…何度も、何度も、
何度も何度も何度も何度も何度も…」

男はそのまま壊れたように繰り返した。

どれだけの時間が過ぎただろうか。

「いくつか質問があります」

それまで黙って聞いていた彼女が
突然言葉を発した。

声が、掠れていた。

二人の間から音が無くなる。
数秒後、沈黙を了承と捉えた彼女が口を開いた。

「まず、あの女の子供はどうなったのですか」

男は硝子から目を離さずに答える。

「さあ、俺もよくは知らないけど
親戚に引き取られたって聞いてるよ。」

男に先程までの不安定さはもう無かった。
あるのは科学者としての無慈悲な目。
親戚に、か……
身寄りの無い子供の多くは
そういった道を辿るのだろうか。

「上手いこと生き延びてたら多分、君と同い年ぐらい」

そう告げた精悍そうな男の横顔からは、
何も読み取れない。
しかし彼女は、なぜかこれ以上は聞いてはいけないような気がした。


どうしてこの男はここまでの詳細を知っているのか。
──まるで見てきたように。


脳内で危険信号が発される。
不安定さの代わりに、衝動的に感じた違和感。

しかし彼女は当初の予定を変更できなかった。
本能のまま言葉を投げる。

「あなたは一体何者ですか」

初めて男の目が彼女を捉えた。
深い闇を湛えた瞳が彼女の動きを止める。
彼女は何も言えない。
男は何も言わない。

不意に男の口元が不自然に歪んだ。
今にも泣き出しそうに…否、確かに笑っていた。
その歪んだ口から言葉が漏れる。

「知らなくていいさ」

そう言った男の手が彼女の方に伸びる。
彼女は身動ぎ一つ出来ない。

次の瞬間美しい白髪の上にその手があった。
彼女は、それが何か認識するまでに
しばらくかかった。
撫でられたのだ、子供のように。

「これは、悲しき愛の形だから」




どうも有野かおるです。

あ、後書きではお話の内容には
一切触れておりませんので
どうぞ、未読の方も安心して
このまま読み進めて下さいね。

まず最初に、
ここまでお読み頂きありがとうございました。

あなたが私の作品に時間と機会を下さった、
その事実に心からの感謝を申し上げます。

この後書きを読んでいる、
ということは束の間の、幻想の続きを
見て頂けたのですね
嬉しい限りです。

少しでも、眠れない夜のお供として
そっと寄り添えたでしょうか?
退屈しのぎにはなったでしょうか?
はたまた、私の思い描いた幻想を
あなたにお届けすることができたでしょうか?

…と、まあ
実は気になることが山のようにあるのですが

眠れない夜のお供を生み出した当人が眠れない

なんてことがあっては笑い話にもなりませんから
読んで下さったあなたと
お話を書いた時の私を信じて
胸にしまいこんでおきましょう。

ただ、どうしてもあなたが
物語に違和感を抱いて、
もやもやして夜も眠れない
なんてことがあれば教えて下さい
こっそりとその違和感を取り除きましょう。

さて、この物語とはここで本当にお別れです。
次の物語でお会いできたら
また、あなたが私の思い描いた感情を
抱いてくれますように。

最後になりましたが改めて

この場を勧めてくれた友人と
この作品を読んで下さったあなたに
最大の感謝を込めまして
筆を置かせて頂きます。

2017.1.12 有野かおる

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Life -刻の吹く丘にて-

「――初めまして。これからよろしくね」 彼女はそう言って涙を流した。 それが彼女――風見巡との出会いだった。 都会から妹の小夏と共に文明社会から置いてかれた//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全5部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/20 20:00
あまのじゃく

「最高に幸せを感じたとき私は死ねると思うんだ。」 放課後の教室で語られた柴田のどうでもいい主張。 これは、そんな戯言付き合う羽目になった俺の物語。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 15:10
余命十五年のチート転生

 非凡な生活に憧れる自称平凡な中学生の主人公は十五歳を迎えた日に交通事故で命を落としてしまう。 死後の世界で出会った天使に、自分が今までに四十七回もの転生を繰り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全44部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/18 01:19
残念スキルでデンマークの王へと成り上がる ~【触れたモノをコーラとポテチに変える能力で、クラスメイトたちを見返します】~

西暦800年のデンマークにタイムスリップした主人公は、触れたものをコーラとポテチに変える残念チートスキルを与えられ、ヴァイキングの覇王を目指すお話しです クラ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 12:41
二輪の花が咲く場所で

主人公の柊木 蓮は、ある日突然現れた謎の花屋の前で一人の少女、高嶺 花子と出逢う。 蓮は花子に恋をするも、離れ離れになってしまうが再会を約束する。 月日は流れ、//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/20 19:02
異世界にトリップした件 〜腹黒女子高校生の異世界奇譚〜

「いやいやちょっと待て!」 「何?」 「何で私死にかけてるの⁉︎」 「あ、それ私のせいだよ。」 「は⁉︎」 腹黒さに定評のある女子高校生、櫻井ナオミは気付い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/01 18:01
賢者サクラに育てられた天竜の子供

聖女と魔王が争い続ける世界に生まれ落ちた僕は、9歳の時に幼馴染の少女と共に森で殺されてしまった。と、思っていたらあらゆる魔法を極め、人類を影で守って来た賢者サク//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全3部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/07 06:55
貴方の骸に花束を。

「僕は、君に隠していた事があるんだ。」 あの日僕達は事故に遭った。 全てを守るために僕は、君に嘘をつかなくちゃ。 最後まで読んだとき、あなたはきっと涙する。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/28 00:24
たとえ、我が願いで世界が滅びようとも

缶チューハイを片手に海外プロレスのDVDを見る。その日はなんてことのない、いつも通りの休日のはずだった。だが声に呼ばれ、雪城宗太は異世界へ召喚されてしまう。そこ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/31 01:27
ロリっ娘女子高生の性癖は直せるのか

幼馴染の堂庭瑛美が持つ性癖ーーそれはロリコン。 でもこれは学校の奴等は知らない絶対的秘密事項。 俺は秘密を守るべく、堂庭に振り回される毎日を送っているが 急に抱//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全8部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/22 20:36
黒猫は異世界から来た王子様

注※登場人物紹介にはイラストがあります。 園原結縁は、ちょっとクールな女の子。 同居しているイケメンな兄の影響で、男の上半身くらいでは動じなくなっていた。 //

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全11部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/22 21:06
転生迷宮 ―リバイバルラビリンス―

 転生者が当たり前になった世界。  そんな世界の『チート』と呼ばれる規格外の力を持つ者の一人、『北条 黒山』は立ち寄ったあるギルドで魔法使いの少女『エムバ』に出//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全79部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 21:00
転生して異世界に指導者として出向くことになった

 原始時代と言って良い状態の異世界。  そこに派遣された主人公は、ここから文明を発展させていく事になった。  頼れるものは己一人。  与えられたのは、技術を習得//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全46部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/21 19:00
失った思い出

僕の前に現れた一人の少女。僕は一目見た瞬間から彼女の魅力に取り憑かれた。 しかし彼女は僕を見るなり涙を零した。 話を訊くと記憶喪失で何も覚えていないらし//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全38部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 00:00
ゴブリンから始める成り上がり~異世界奮闘戯曲~

目覚めた時、体はゴブリンになっていた。 いきなりのサバイバル生活を強いられ、四苦八苦しながらも何とか生き残っていき、ゴブリンとしての過酷な異世界ライフを生き抜い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 17:06
泣き虫勇者の望まぬ英雄譚

 人が多い所は怖い。初めて会う人とは上手く話せない。魔獣と戦うなんて怖くて絶対嫌だ。こんな聖剣、捨てるか売りたい。王国マグルで成り上がりたくなんてない…… //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全51部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/22 01:42
アマノクニ~古事記異聞~

「神様だって斬られれば死ぬ」 高天ヶ原。 そこは、八百万の神が隠れ住む空の楽園。 ある晴れの日、カラス以外友達のいないカカシの神・クエビコは、一部の記憶を失っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全43部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/01 12:00
Ponte dei Sospiri

テーマを決めてため息をついていきたいと思います(じゃないともう無理だぁー)。

  • 詩〔その他〕
  • 完結済(全143部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/02/20 05:18
嫁Tueee(((;゜Д゜)))net!!~俺の周りの女の子が、どいつもこいつも強すぎる!!~

 今からちょっと先の未来。  多元世界間ゲートのポータルとなった地球では、ある戦いが大流行していた。  国民的あのスポーツやあのバラエティを押しのけて、いまや平//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 15:13
無題1

派遣社員として平凡な日々を過ごしている田島高尾が、彼女である幸恵を笑わせるために、無謀にもお笑いの大会に出場する話。

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全3部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/18 18:46
魔戦士クウヤ〜やり直しの魔戦士〜

 流空也はしがない40過ぎの非正規社員であった。彼は毎日、冴えない日々を過ごしていた。今日もまた、上司のイビりに耐え、屈辱に満ちた時間を過ごしていた。仄かに思い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/29 00:00
アーク・オブ・アルケミスト

竜が空を飛び、魔法と呼ばれる不思議な力が存在する剣と魔法の世界。 多くの人間達はダンジョンに潜り、未だ見ぬ宝を求めて、モンスターと戦っていた。 そんな冒険者に憧//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全36部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/22 23:57
プロクラトル

1つの世界が作られた、「最後に残った物にこの世界を任せよう」 選ばれた7人の神は互いに使徒を生み出し、争いを始めた。 100年にも及ぶ戦争は決着がつかず、大//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 20:00
維澄響子のお悩み相談所

それは大きな大きな木のお家。 何でもそこは、どんな悩みも相談も受け付けてくれるとか。 「どうしよう響子さん! 依頼忘れてた!」 今日も助手の遊佐咲ちゃんは元//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全6部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/21 16:10
V-rain

―それは、世界の秘密を打ち破る 人々が宇宙に進出する時代、C.C.(コズミックセンチュリー)が到来してから数百年。多くの国は食料不足を解消するための産業コロニ//

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 07:57
生者と死者に祝福を

ある日を境に、世界には凄惨な“死”が蔓延する事となった。 生きた人間を貪り喰う『感染者』が日常を塗り潰し、人々は懸命に生き残る道を模索する。 日本の暗部を担う特//

  • パニック〔SF〕
  • 連載(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/14 20:28
気弱なブレイドダンサー

エステリカル帝国。 その帝国は、戦争で負けを知らず、大陸一の軍事国家である。 そんなエステリカル帝国の辺境の村キコ村で二人は出会う。 元騎士のロ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/22 16:25
狸狩り

人間を最も殺している動物「人間」 世界では、人間に迫る第二の脅威が現れようとしていた。 それが、「狸」である。 二十年前、突如凶暴化した日本の狸は、とある町で大//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全10部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/12 09:29
ハル・ラ・ルク~魔法と王女と冒険奇譚~

――『魔女の血を受けし者ハル・ラ・ルク』 数百年に一度王家の血筋にそう呼ばれるものが現る。 彼のものは災いの予兆、嵐の前触れ、滅びの兆しであると同時に、また//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全7部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/04 17:07
戦闘機兵オーディーン

西暦2020年第三次世界大戦が開戦した。戦争の最前線として戦地となった日本はひどく荒れ果ててしまった。それから10年後の現在、復興は瞬く間に進んでいる。い//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全14部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/18 21:00
姫が魔王を好きすぎて困ってます

勇者ユキイチロウは愛する姫シュキイを魔王から助けるの旅に出た。 だが、姫は魔王オークルを愛してしまっていた。 「城に何て帰らないからっ!」 本当に好きな人は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全34部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/22 23:06
毎日投稿2017 【詩集へ】

毎日投稿分をまとめ、詩集にします。 2017年365作目指して頑張ります。 切ない詩などが多めです ブックマーク・評価・感想よろしくお願いします

  • 詩〔その他〕
  • 連載(全54部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 12:13
奇妙な屋敷のブリジット

「ここはあなたたちの悩みを解き、夢を叶える場所……。さあ、どうぞこちらへ」 山奥にある怖気立つ雰囲気の奇妙な屋敷には、ブリジットという少女が住んでいた―――――//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全27部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/24 00:22
Guilty Hearts

世界から隔絶された完全隔離収容所が三つ存在する。そこには歴史から抹消されるほどの大罪を犯した咎人、咎人の血を引く罪の子、現代の医療では治療することのできない奇//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全24部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/09/18 16:34
Spirit of the Darkness あの日、僕は妹の命と引き換えに世界を滅ぼした

 『多重理論分枝型 生体思考維持システム=フロンティア』 人によって死後の世界が創造された未来。そこでは『現世』と『死後の世界(フロンティア)』との間で戦争が起//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全57部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 01:41
Aster tataricus

 ありふれた地方都市の一つ、御影市。そこで美しき同居人と暮らす高校一年生の九条紫苑は、親友の楓と共に平穏な日常を過ごしていた。  しかし街では殺人事件ならぬ“殺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全37部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/10 21:21
↑ページトップへ