挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悲しき愛の形 作者:有野 かおる

1章 あなたは大切な人にどんな形で愛を伝えますか?

3/4

真実の

どうも有野かおるです。

ここまでお読み頂きありがとうございます。
まずはその事実に心より感謝を。

私は本来、作者がこのように
物語の途中に出てくることを
快く思っておりませんが
今回はちょっと特別。

さて、この物語は次話に全ての答えがあります。
しかし読まなくても十分満足して頂けるように
趣向を凝らしたつもりです。

ここまで読んであなたが、

『思い描いた世界観を大切にしたい』

そう思ったなら
この作品とはここでお別れです。

ここまで読んでくれて本当にありがとう。
あわよくば次回作以降も読んで頂けると
嬉しい限りです。


『真実を知りたい』

そう思ったなら
もう少しだけお付き合い下さい。
束の間の幻想をお約束致しましょう。

正解はありません。

どちらを選んでもきっと、
あなたが私の思い描いた感情を
抱いて下さると信じて。


有野かおる


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ