挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悲しき愛の形 作者:有野 かおる

1章 あなたは大切な人にどんな形で愛を伝えますか?

2/4

客観視と

数秒間の沈黙が流れた後、女が口を開いた。

「み…道を…訊かれただけなんです…」

女の目はここではないどこかを見ている。
焦点は、定まっていない。
「…駅までのっ……道を訊かれて、それで…答えた、だけなんです…」

答えた女の呼吸は荒く、頬が赤く色付いている。

顔が歪んでいるのは恐怖の為ではなく、快楽の為だった。

口元に笑みを貼り付けたまま続ける。

「二度と、しないから…ずっと、家にいるから…」

しかし、そう続けた言葉は途中で遮られる。

女の鳩尾に、再び拳がめり込んだからだ。

「…うっ……!」

空気の塊を吐き出して、女の体は『く』の字に折れ曲がった。
目から溢れた雫は苦痛の為か愉悦の為か分からない。

「……っっっ!!」

部屋に女の呻く無声音が響き渡った。
女は肩で息をしていたが、
酸素が上手く取り込めていないのは端から見ても明らかだった。
不規則な呼吸だけが音をたてる。
それ以外の音は無い。

しばらくして女の動きが完全に止まった。
しかし絶命した訳ではなかった。
先程よりは間隔の長い呼吸をしていた。

「…………す………す……す……」

ふと、喘ぐ声の間に何かが聞き取れた。
ただの吐息ではない何かが。

刹那、それは聞こうとせずとも耳に入ってきた。

「好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです好きです……!」

女が狂った様に咆哮したからだ。
いや、もうとっくに狂っているのだろう。


その叫喚を、厚い鉄製の扉を隔てて二人の男女が聞いていた。

二人は黙って、扉に嵌め込まれた硝子越しに血塗れの女を視ている。

ややあって女の方が顔を背けた。
まともな神経の持ち主ならこれが正しい反応だろう。
そのまま隣の男の方を見て口を開く。

「あの女は『一人で』何をしているのですか?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ