挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ジェノヴァの瞳 ランシィと女神の剣 作者:河東ちか

第四章 剣士ランシィの章

74/74

第二話 4

 おかみさんのはからいで、オルフェシアには改めて、長旅に向いた衣類と靴が用意された。携帯食料や水筒といった必需品と一緒に、春先に羽振りのよい客が置いていったという冬用の外套が三人に渡された。軽いのに、この季節の夜の屋外でも、くるまって眠れそうな温かさだ。
「おかみさん、もしタリニオールという騎士がこの町に訪ねてきたら、これを見せて、わたしは村に向かったと伝えてください」
 オルフェシアの着ていた服に、麻袋についていた煙水晶を添えて女将に預けた。用意してもらった衣類や食料の代金として、ギリェルがいくらか支払おうとしたのだが、それは断られた。
「ランシィ達が町にいた間、歌姫にもあの神官さんにもとても助けられたからね。それより、帰りにもまた顔を見せるのよ。冬が近いから、あまり無理をしてはいけないよ」
 そういえば、滞在が長かっただけに、一行はこの町の住人と関わる機会が多かった。きっと、ランシィの知らないところで、パルディナが機転を働かせる機会もいろいろあったのだろう。
 後は、馬と人の様子を見ながらの、急ぎの旅になった。
 一般的に馬の一日の移動距離は、徒歩の人間のそれと大差ないと言われる。早馬は、途中で馬を何度も乗り換えることができるから、短時間に全力で疾走させられるのだが、一頭の馬を使い続ける場合はやはり休息が必要だ。人間は気力を糧にした無理ができても、馬はそうはいかないものだ。
 こちらも、街道を通っている間は替え馬の考慮ができるとはいえ、アテにしている町にたどり着く前に馬を潰してしまうわけにはいかない。馬の休息の時間が、そのまま人間の休息の時間になる。
 追っ手を危惧するよりも、今はいかに早く辿り着き、バルテロメの行動に先んじて手を打てるかが重要だ。オルフェシアの気が急いているのは、ランシィにもよく判った。
 それでも、グレイスと共に村を出て、歩いて通ったあの道程を、今のランシィ達はかなりの速さで遡っていた。ギリェルにはどうも、馬を扱う感覚も身につけているようだ。

「イーノスは、サルツニアの北の山地一帯を縄張りにした、盗賊の頭だ」
 休憩の合間に、ギリェルはこれから自分たちが会おうとしている者たちについて、ぽつぽつと話した。
「盗賊といっても、討伐対がでるほど素行がひどかったのは、もう四・五年前までの話だ。それに、年がら年中人を襲ってたわけじゃない。あの山地の所々に、町ではまともに働けない奴等が住み着いてて、狩りや山菜採りなんかで生活してる場所が何カ所もあるんだ。ほかに行くアテもないから、たいがいの奴は大人しく暮らしている。でも山での生活がどうしようもなくなれば、街道で間抜けな貴族を襲ったり、山麓の町まで行って悪さをする奴等も出てくる。それで、あの山地は盗賊が住みついてるって今でも噂になってるんだ。
 イーノスは、そういう奴等と、山地の近く町との商売を仲介してる、元締めみたいなもんなんだ」

 馬で走り抜けると、時折、覚えのある形の門や、印象的な色の屋根にランシィははっとすることがある。
 村での生活以外、何も知らず、見るもの全てが新鮮で楽しかった。人と関わって生きること
を知らなかった自分に、グレイスはいろいろなことを教えてくれた。パルディナが歌う異国の光景、ユーシフの知恵、。この街道を歩きながら、自分は見たことのない世の中のことをたくさん知ることができた。その思い出が、この道のあちこちにいろいろな形で残っている。
 グレイスに手を引かれ、ユーシフの引くロバの背に乗せられ、パルディナと歌いながら歩いた、そんなあの頃の自分とすれ違いながら駆けているような、不思議な気分だ。
 途中、一度だけ馬を替えた。オルフェシアの乗る馬が、体力の限界に近づいたのだ。
 ギリェルが替え馬の交渉の場所に選んだのは、ランシィとグレイスが、パルディナと出会ったあの町だった。この町も、地形的な条件がよかったため、馬の生産のための援助を受けているとかで、前に来たときよりもずっと賑やかになっていた。
「ツハトの村と言えば、ランシィがここに来た次の夏だったかしら、サルツニアの貴族からの使いだって言う人が、村長に会いに来てね」
 あのとき泊まった宿に、ひとときの休憩と食事の用意を頼むと、女将さんがランシィのことを覚えてい。通された食堂で簡単な食事を供されている間、おかみさんが懐かしそうに、
「無人になったツハトの村の管理を頼めないかって、交渉にいらしたんだそうだ。東への分かれ道の先から村へ続く道と、残っている建物と墓地の周りを定期的に整備して欲しいって話でね。年に何回か使いの人が来て、村まで様子を見に行った後に報酬をおいていくよ」
 サルツニアの貴族といったら、オルネストのことだろうか。
 今までランシィは、ツハトの村はとっくに荒れ果てて、そこに続く道ももう消えかかっているのではと漠然と思っていた。いろいろなことがあって、もうずっと昔のことのように思えていたけれど、自分が村を出てまだ四年なのだ。ある程度人の手が入っているなら、そんなにすぐ朽ち果ててしまうことはないだろう。
 そういえばタリニオールが、サルツニアに戻る前にツハトの村に一度墓参りに行こうと言っていた。道も村も手入れされているのを、知っていたのかも知れない。
 人は死ねばなにものでもなくなると祖父のノムスは言っていた。なにものでもないもののために、村まで行く必要性がランシィにはいまいちぴんと来なかった。
 でも、グレイスは死と眠りの神に仕える神官だったから、人の死に関わって行われる慣習は、生きているものに必ず意味があるのだと、ことあるごとにランシィに教えたものだ。
『死はそこで終わりって意味じゃなくて、姿形を変えていろいろなもののなかに命をつないでいくってことなんだ。今生きている人は、かつて生きていたいろいろなひとと一緒に生きているんだ』
 なくなった命は形を変えて、生きている人と一緒に生きている……
 ランシィは壁にかけられた絵に目を向けた。月と星が輝く空の下、異形のものを打ち倒した美しい片眼の女神の絵は、まるでランシィを待っていたかのように、変わらずに今もそこにある


 覚えのある山道、村を出て初めてグレイスと泊まった小屋。ギリェルの背にしがみついて眺める景色は、次第に懐かしさを増していく。普段は通る者など全くないはずのツハトの村への道は、草が生い茂るでもなく、踏み固められ、ぬかるみができないようところどころ石が敷かれ、確かに誰かが定期的に世話をしてくれているようだった。
 道の先には草原地帯が開けている。その中で、小さな島のように身を寄せて建つ建物はどれも扉や窓に木が打ち付けられ、もう誰も住む者がないことを示していた。
 その村の周囲、かつて一面麦畑だった場所を、伸びた枯れ草が陽光の下で風を受け、波のようにそよいでいる。まるで冬の海のように。その海の先に伸びる一筋の道は、そのまま低い山並みの中に続いている。

『サルツニアの部隊はまるで、金色の海の中に通った道を渡ってくるかのようで、頼もしかったのを覚えておるよ』

 父も、母の顔も知らない。でも確かにここには、自分と共にあったひとたちの痕跡がある。自分に命をつないでくれてくれたひとたちが、自分と一緒にいてくれているのを感じる。
 祖父がグレイスに語ったという昔話。自分はこの風景が金色に輝いていたときに、この村に生まれたのだ……
「ランシィ?」
 村に入った当たりから、こころなしか馬の脚をゆるめていたギリェルが、背に乗せたランシィに声をかけてきた。
 涙でゆがみそうになる景色を、歯を食いしばって眺めていたランシィは、はっとして首を振った。

「あなたの住んでいた家と、ご家族のお墓があるのですよね? 少し、見ていきますか?」
 気遣うようなオルフェシアの声。ランシィは袖口で目元を拭い、顔を上げる。
「いいんです、……また来ます。今度は、タリニオールと、エリディアと」
 答えたランシィの目が、まっすぐ南へ延びる道の先を見据えているのに気付いて、オルフェシアは微笑んだ。
 グレイスが、少年だったタリニオールが越えてきた道。
 あの道の先に、今までの答えがきっとある。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
守銭奴メイド(全て別料金になります)

真面目で面倒見が良い公爵と、守銭奴で不愛想のメイドが織りなす異世界コメディー。 「其方(そなた)、本当にどこからやってきたのだ?」 「貯蓄大好き、勤労大好き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全35部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2014/12/20 09:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/08/02 21:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/15 21:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 00:00
Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全81部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/08/07 01:45
俺だけ帰れるクラス転移

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全233部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2016/05/25 10:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 06:00
こちら討伐クエスト斡旋窓口

自分では全く戦う気の無い転生主人公が、ギルド職員の窓口係りになって、淡々と冒険者を死地に送り出していたが、利用者の生存率が異様に高くて、獣人達から尊敬されたり、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2014/12/29 06:00
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全312部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 12:00
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1203部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 00:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 12:11
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全130部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全173部)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 03:43
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
堕落の王

気がついたら異世界に転生していた。 寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。 働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全63部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2015/11/02 00:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全502部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/08/13 23:24
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全330部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 07:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 00:00
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全213部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 08:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
ラグランジュ ―漆黒の傭兵と古代の太陽―

腕利きの傭兵グランバッシュと、旅仲間の神官エレムが手に入れた古代の秘宝『ラグランジュ』。どんな願いも叶えるという秘宝の実態は「願いを叶える為の機会と試練をもたら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全297部)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 09:20
異世界召喚が多すぎて女神様がぶちギレました【連載版】

 ある日天照大神は思いました。――日本人異世界に拉致られすぎじゃね? それに対し天照大神がとった対策とは……? ※ファミ通文庫様より4月30日に書籍が販売されま//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全144部)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/08/13 16:05
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 19:06
↑ページトップへ