挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ジェノヴァの瞳 ランシィと女神の剣 作者:河東ちか

第四章 剣士ランシィの章

73/74

第二話 3

「彼女の元に集い、槍を手に立ち上がった女達は、王都の門を開けたあと、それぞれ功を誇るでもなく、名も名乗らずに市民の中にまた戻っていきました。その時のつながりが、まだ生きているのではないかと考えられます。ランシィが歌姫と連絡を取ったあと、タリニオール卿とつなぎをとったのも彼女でしたね?」
「うん……」
「キアラさんと仲間達は、普通の市民として過ごしながら、危難の時にはまた集いあえるよう連絡を取り合っていたのでしょう。だからこそ、キアラさんは歌姫の指示にすぐに応えて、必要な行動をとることができた。あの鎧姿で待っていたのも、刺客の襲撃を予測していたと言うより、歌姫が可能性のひとつとして考慮していたのでしょう」
 確かに、ただ迎えに来るだけの心づもりであれば、あんな装備など用意はしてこなかったろう。
「逆に賊にしてみたら、歌姫とキアラさんは想定外の存在です。歌姫を上回る手だてを用意することはまず無理でしょう。あまり心配する必要は無いと思います。もちろん、その歌姫自身、私たちがこうやって飛び出してきたことまでは予測できなかったかも知れないのですが……」
 パルディナが話してくれた将棋盤の勢力図の中に、ジェノヴァ神殿とそこに護られる神剣の姿はなかった。王女を助ければ、即反転攻勢の体制を整えられ、サルツニア正規軍が一気に優位になるとパルディナは踏んでいたはずだ。
 支援部隊と合流しないまま、王女が先に町を飛び出してしまう可能性までは、さすがに考えなかったろう。だからこそ、一時的に身動きがとれなくなるのを承知で、自身が囮になって、アルジェスを店の建物から引き離そうという行動に出たのだ。
「……アルジェス達に関しては、心配する必要はない」
 目を閉じたまま、ぼそりとギリェルが呟いた。
「アルジェスもあれで、剣を持たせればそれなりに使える奴だ。それにあの竜斧の戦乙女とやら、かなり手加減していたぞ。お前の手前、血を見せるようなことはしたくなかったんだろう。あっちにあの倍の援軍が来たところで、敵う相手ではなさそうだ」
 ランシィは戦斧を使う戦士にはまだ会ったことがなかったから、キアラの強さがどれほどのものか推測するのは難しい。でも確かに、ランシィが対峙したとしても、小手先の技量と速さだけでは、あの力強さには敵わないかも知れない。
「……しかしもし、お前が王女を連れ出そうとせず、アルジェスも外出していないで、全員が建物の中にいたら、かえって危なかったかも知れない」
「え?」
「あのまま待っていれば、タリニオールという騎士が明け方には踏み込んでくる予定だったんだろう?」
「そうだけど……」
「だったら、お前が黙って助けを待っていたところを、建物に刺客が押し込んできたらどうだったろう? ユーゴとモイセはすぐに襲われ、お前は刺客を騎士の仲間だと思って止めに入り、そのまま殺されていただろう。アルジェスも、狭い場所にあの人数で押し込まれていたら、さすがにどうなっていたかは判らない。王女は連れ去られ、騎士が駆けつける頃には、建物には火をつけられて誰も入れない状態になっていただろう」
「……」
 それまで思い至らなかった可能性を指摘され、ランシィはさすがに青ざめた。
 オルフェシアを一歩早く連れ出し、アルジェス達の今後の処遇について相談することを、もしランシィが決断できなかったら。
 パルディナがアルジェスを建物から引き離そうとすることもなかったし、キアラが迎えに来てくれることもなかった。もちろんなにかの形で成り行きを見守ってくれようとはしただろうが、賊が押し込んでくるのに気付いたときには、既に手遅れだったろう。
 アルジェス達を少しでも助けようというランシィの行動が、結果的に自分自身まで救ったのだ。
「……お前は俺達を助けた」
 相変わらず目を閉じたまま、ギリェルは続けた。
「お前が王女を助けるというなら、俺もそのお前を助ける」
 ギリェルは、アルジェスに言われたから、オルフェシアのために一緒についてきたのではなかったのだろうか。
 相変わらず目を閉じたままのギリェルに、ランシィは目をしばたたかせた。オルフェシアがくすりと笑う。
「お礼を言っているのですね。アルジェスの仲間なのに、言葉にはあまり器用ではないのですね」
 ギリェルは片目を薄く開けてじろりとオルフェシアを見ると、何も言わずにまた目を閉じた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ