挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
流水の管理者の一歩 作者:桐谷瑞香
3/3

後編

 階段を上り終え、周囲を見渡すと、途端に違和感がした。扉付近に人影が見える。その人影はこちらを見ると動きを止めた。次の瞬間、脱兎のごとく背中を向けて走っていった。
「この野郎、待て!」
 ランプをテレーズに押しつけて、ルベグランが走り出す。彼の足は速く、あっという間に工場から出て行ってしまった。
「行っちゃった……」
「査察管は体力もないとなれない。あれくらい走れるさ。自分たちは職場に戻ろう。こんな薄気味の悪いところ、さっさと――」
「ここから出られると思っているの?」
 入り口から、けたけたと笑い声が聞こえた。バルドはとっさにテレーズを庇うようにして前にでる。
 扉の脇から現れたのは背の高い、色素の薄い髪の青年だった。
「人だかりが消えたのを見計らって様子を見に来たら、まさか不法侵入されているなんて。いったいどこの人だい?」
「……ここは正規の使用目的でなく水を得ている場所として、強制査察に入らせてもらった。工場のはずだが、しばらく使われていないな。それなのになぜ水車が回っていた?」
 バルドの口調がきつくなる。しかし青年は怯みもせず言い返す。
「強制査察なら証を見せてくれよ。君たちは本当に査察管かい?」
 査察管はさっき行ってしまったルベグランだけだ。バルドは歯をぎりっと噛みしめる。
 青年は高笑いをあげた。
「やっぱり不法侵入か! まったくお国さまのすることはすごいよ。――二人とも見たんだろう」
 一段声が低くなる。テレーズは肩を震わした。思わずバルドの上着を掴む。
「ここに戻ってきたのは、この場所を処分するつもりだったからさ。まあそこに人が一人、二人いても、別にいいだろう」
「何をするつもりだ!」
 バルドが声を上げると、青年は入り口付近に大量の油をまいた。駆け寄ろうとしたバルドは息を呑んでその場に立ち止まる。
 青年は躊躇いもなくマッチを擦って、火をつけた。
「外の周辺にも油をまいたから、すぐに建物の周囲に火は回るよ。――じゃあね、間抜けなお役所さん」
 ぽつりと呟いた青年はマッチを投げ放つ。それは床につくなり燃え上がった。瞬く間に扉を遮るような炎が立ち上がる。
「ちょっ、待ちなさいよ!」
 火を付けた青年は悠々と背を向けて去っていく。テレーズが大声で叫ぶも、振り返りもせず、手を振るだけだ。炎はその背中さえも見えなくさせる。
 目の前に広がっていく炎を見て呆然としたテレーズは、その場に座り込みそうになった。だが前にいたバルドが腕を握って、支えてくる。
「まだ終わっていない! 諦めるな!」
「でも出入り口が……」
「窓でも何でもあるだろう!」
 バルドに引っ張られながら近くにあった窓に向かう。だが彼は舌打ちをすると、逆に離れていった。
「どうしたんですか?」
「火が回っている」
 本当かと問い返す前に、窓の向こう側に火が上がっているのが見えた。すぐに人の高さ以上になっていく。どの窓も同じ光景が広がっていた。
「壁を壊すか。だがそこも火が回っている可能性がある。くそ、どうすれば……」
 バルドが口元を拭いながら、悪態を吐く。
 心拍数が明らかに速くなっているテレーズは、周囲を見渡した。窓から見える景色は炎が垣間見える。ごくりと唾を飲みながら、その炎から視線を逸らす。
 ふと建物の中にある管に目がいった。外からあの地下室まで繋がっている管だ。川からとった水を流している管は、今は稼働していない。だがあの先にあるのは湿気を含んだ水車である。おそらくあそこには――火は回っていない。
「バルドさん、あの壁の辺りなら外の火は回っていないはずです」
「根拠は?」
 炎から視線を逸らさずに聞いてくる。彼の額には汗が浮かんでいた。
「水が流れている管が見えますか? あの先は水車に繋がっているはずです。外で見た時、水車を形作っている木は湿っていました。水分を含んでいれば、すぐには燃えないと思います」
「なるほど。さらに言えばすぐ傍には川がある。川に足をつければ、何とか突破できる」
 ほんの少し逡巡した後に、バルドは木の箱に入っていた斧を掴んで、壁に向かって歩き出した。テレーズは足早に後を追う。
「それで壊す気ですか?」
 バルドはこくりと頷き、眼鏡を外してテレーズに手渡した。目を丸くしていると、彼はそっぽを向いた。眼鏡をかけているよりも、一段と凛々しく見えた。
「裸眼でもそれなりに見える。邪魔だから持っていてくれ」
「わかりました」
 ポケットの中に大切に入れ込んだ。壁に近づくと、皮膚に突き刺さるような熱が襲ってくる。
 バルドは斧を大きく振りかぶり、勢いよく木の板に突き刺した。板から斧を抜くと、微かに外の光が射し込んできた。意外と壁はもろい。だが壊しきるまでには、何度か繰り返さなければならない。バルドは懸命に壁に刃を当て続けた。
 窓の外で燃えていた炎が壁に燃え移ってくる。熱さだけでなく、黒い煙も部屋の中に充満してきた。
 バルドの背中を見ながら、テレーズの意識が朦朧としてくる。その場に膝を付けようとすると、激しい声が耳に飛び込んできた。
「テレーズ、諦めるな!」
 はっとして目を見開く。汗だくになったバルドは未だに斧を振り続けていた。だが明らかに動きが鈍くなっている。何度目になるかわからない斧を突き刺すと、彼は手を離して、その場にひざを付けた。壁には彼の努力の証でもある無数の傷が付けられている。
「バルドさん!」
「あと……一息……だ……」
 呼吸の仕方がおかしい。抜けていくような音がする。煙を吸いすぎてしまったのだろうか。
 崩れ落ちそうになる青年をテレーズは支えた。すり切れた彼の手を見て、歯を噛みしめる。
 どうしてこんな事になってしまったのだろうか。赴任した初日に人生までも終わってしまうのか――。
 そう考えそうになったが、首を激しく横に振った。そして手をぎゅっと握りしめて、目の前にある壁を睨みつける。諦めてはいけない。できることがあるはずだ。
 ふと奇妙な音が聞こえてきた。燃え盛る炎の音のせいではっきりと聞こえないが、か細い音が聞こえてくる。
 その音の正体に思い当たると、立ち上がり、突き刺さった斧を両手で引き抜いた。そして近くにあった管を叩き切る。そこから水がちょろちょろと出てきた。やがて勢いがよくなり、一気に放出される。
 これでほんの少し時間は凌げるはずだ。しかしまだ量が足りない。一時的でもいいから雨が降れば、状況はがらりと変わるのだが。
 視線を薄黒い空に向けると、うっすらと線のようなものが見えた。するとすぐさま天井に何かが打ち付ける音が聞こえてくる。目を丸くして空を見上げていると、激しい雨が降り出してきた。
 雨が炎を叩きつけていく。雨粒の多さは、雨の激しさを同時に物語っていた。
 建物の壁を燃やしていた炎の勢いが、少しずつ衰えていく。入り口を見れば人の高さよりも小さくなっている炎が見えた。その先には血相を変えて走ってくるルベグランの姿があった。
「テレーズ、バルド!」
 大声で叫んでくる。テレーズは大きく手を振って、無事であることを彼に示した。
 隣では肩で呼吸をしたバルドが、うっすら目を開けている。
「助かったのか……?」
「そのようですね」
「そうか……」
 呟いたバルドの体重が一気にテレーズにかかってくる。彼を受け止めながら、再び空に目を向けた。
 決して好きとは言えない空の色、天気である。だが今は有り難みを感じる、恵みの雨だった。


 * * *


 赴任初日に事件に巻き込まれたテレーズだったが、休みと事情聴取に二日当てただけで、水環省に戻ってくることができた。煙をあまり吸っていなかったおかげだろう。もう少し休んでもいいと言われたが、一日でも早く部の雰囲気に馴れたいと思い、多少無理して出勤している。
 それから二日たち、週休日になった。昼過ぎにテレーズは太陽が穏やかに照らしている道を歩いていった。
 目的地は町中にある病院。そこで入院している患者の見舞いに出向いているのだ。その人物の病室の前に来ると、ちょうどルベグランと行きあった。彼は頭をかきながら、テレーズのことを見てくる。
「おう……。その、調子はどうだ?」
「特に問題はありません。周りも気を使ってくれていますので、大丈夫です」
「そうか……。今回はすまなかった」
 テレーズは気まずそうな顔をしている男性を見て、軽く首を傾げた。
「ルベグランさんこそ大丈夫ですか? 管理部長がさんざん責め立てたと聞きましたよ。私たちが望んで行ったことだから、責めないで下さいとは言いましたが……」
「気を使ってくれて悪いな。案の定、だいぶこってりやられた。まあ、いつものことだから気にするな」
 ルベグランは歯をにかっと出す。テレーズもつられて頬を緩めた。彼が移動して横に来ると、見下ろしてきた。
「休みの日はゆっくり休め。まだ気を張っている部分はあるだろうから」
「ありがとうございます。――ルベグランさん、また機会がありましたら、危険なところではない現場に連れて行って下さい」
 言われた男性はぽかんとしていた。
「あんなことがあったのにか?」
「目で見なければ、わからないことがたくさんありました。これからもその経験は必要となると思いますので。では失礼します」
 ぺこりと頭を下げて、テレーズは病室に入った。
 部屋の中は窓が開いており、カーテンがはためいていた。青年が窓の先をぼんやり眺めている。テレーズが入ってきたことに気づくと振り返られ、目を丸くされた。若干気が引けそうになったが、こちらから先に口を開いた。
「お見舞いにきました」
「……そっちも被害者だろう。とっとと休んでいろ」
「わかっています。これを置いたらすぐに帰ります」
 テレーズは青年の横にある机の上に、飲み物とケーキが入った箱を置く。箱を見た彼はさらに驚いた顔をした。
「それは……」
「担当の皆さんから、バルドさんはここのケーキが好きだと聞いたので、持ってきました。食事制限はでていないんですよね?」
「ああ。経過入院だから、うるさいことは言われていない。問題がなければ明後日にでも退院する」
「それは良かったです……」
 テレーズは胸を撫で下ろした。バルドが前に出てテレーズのことを庇い、率先して壁を壊していた結果、煙を多く吸ってしまい入院することになった。庇われた側としては気持ちのいいものではない。
「本当にあの時はすみません……」
 機会がある度に声に出して謝るが、彼はむすっとしたままだ。
「何度も言うが仕事だから気にするな」
「はい……」
 風がそよぐと、カーテンが波打つ。温かな太陽の光、真っ青な空からは、先日の大雨が嘘のようにも思えた。
「……テレーズは知っているか?」
 名前で呼ばれ、目を瞬かせながら顔を向けた。バルドの視線は空に向かれている。
「この国には水を操る魔法使いがいるって」
「はい、両親から話は聞いています。たった一人なのでお目にかかったことはありませんが、実在するとは聞いています」
「幻の人に会っていたら、むしろ驚くさ。……あの大雨は魔法使いが降らしたんじゃないかって、ふと思ってな」
「え?」
 声を漏らすと、バルドの表情が途端に不機嫌になった。それを見たテレーズは彼の機嫌を戻すために、慌てて弁明をする。内心は論理立てて物事を考えている彼が、まさか魔法という非論理的な現象を信じていることに、驚いていたのだ。
 いくつか言葉をかけると、彼の表情は元に戻った。無表情で堅物の人だと思っていたが、実際に接してみると随分と違うようだ。
「雨が降ったのは偶然だと思います。天気は下り坂でしたから、ある意味では必然だったかもしれません。たとえ雨が降らなくても、バルドさんが頑張ってくれたおかげで壁は壊れました。雨はあの状況を少しだけ良くしてくれただけです。……本当にありがとうございました」
 表情をほころばせながら言う。
 バルドは一度顔を向けた後にすぐに逸らした。
「赴任早々怪我でもされたら、先輩としての立場がないからだ」
「そうでしたか。では改めましてになりますが、今後ともよろしくお願いします、バルド先輩」
 わざと先輩を強調して言うと、青年はばつが悪そうな顔をしていた。
「……戻ったら、厳しく鍛えてやる」
「お手柔らかにお願いしますね」
 テレーズはふふっと笑いながら、バルドの顔を眺めていた。
 異動したばかりで、何をすればいいかわからないし、人との繋がりもできていないため、不安ではある。
 だが面と向かって話をし、おそれずに進めば、物事は思ったよりもいい方向に進むのかもしれない。
 風は新しい季節を呼んでくる。それを感じながらテレーズは新しい地にて明日へと歩み出す決意を固めた。


 了



 お読みいただき、ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

憧れの家族

家族は、大事だよね。 愛って、素晴らしいよね 僕は、みんなが羨ましいな。

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/11 22:20
RED PARADISE

世界はいつまで続くのか?神は、その終わりを告げる日がやってくる。 ※実在する人物、宗教など関係ありません。 ・5/28:ヒューマンドラマ日間同率5位。

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/27 17:06
出会いからもう一度

傷つけ合って別れた元カレと偶然会った。 別に嫌いで別れたわけじゃない。 好きだった。だから、一緒にいるのが辛くなった。 ようやく過去のことになったのに、今更「話//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 22:00
僕の四半世紀

僕、橋本洋一の四半世紀を書いた私小説です。時系列がぐちゃぐちゃになる可能性があります。思い出しながら書いているので、小説らしきものになるのか不明です。それでもよ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全16部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/06 06:05
空を翔るとき

「生きることは戦いです。生きるという戦いをしてください」  ある日、アルスリーアは綺麗な群青の海に身を投げる夢を見た。そこは、日本であり、さらに時代も遡った源//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全17部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/11 09:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1567部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 12:00
killers

死人によって、家族を失った葉月 希愛〔17歳〕はある女性〔花蓮〕との出会いによって死人狩りになる。 花蓮は希愛の命の恩人であり死人から命を救った者。死人狩りにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全35部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/03 23:01
真冬の子犬

大都会に一匹の白い子犬がいた。 そして、その子犬との出会いが私たちの運命に大きく影響を与える事も知らず私は拾う

  • 童話〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 00:06
1話15秒で楽しめる新感覚web小説“学園一の変人美少女『姫咲さん』に告られた!”

1話300字未満の短編です。 ほぼ、会話文で繰り広げられるほのぼの系作品となっております。 新聞についている4コマ漫画を見るような気持ちでどうぞ。

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全300部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 00:00
Mutation―突然変異人類―

「かつて地球の支配者と称する人類は絶滅する道へ」……地下に住むようになった人類は全滅を回避した。いずれにしても地面に行かないといけない、弱まった人類の中で、「新//

  • パニック〔SF〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 20:08
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
善行支配のディストピア

西暦二一三七年、世界は善行に支配されていた。 加速する治安の悪化に対抗し、善行を行うことで得られるポイントを貨幣の代替とする法律(通称、首輪法)が施行。人々は首//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全16部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/04 19:00
美人すぎる名探偵の墓場

知り合いの探偵の自殺。それは、同業者のメイには本来、関係ないものだった。しかし、彼女を含める他四名の探偵は、自殺前の探偵の遺言によって、ある依頼を受けてしまい。//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全7部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/19 12:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全231部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 12:00
「小説家になろう」でアクセス数が伸びず悩んでいる方へ

アクセス数が伸びず諦めようと思っている貴方、まだ諦めるのは早いかもしれません。

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 22:00
ナチス・ファンタジー

ナチス・ドイツは異世界へ侵攻する。 異世界でナチス無双。 武装親衛隊がモンスターを殲滅。 虎戦車がドラゴンとガチンコ。 メッサーシュミットがグリフォンと空中戦//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全110部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 21:08
グラニスラ〜アブノーマルな「人工島」〜

日本の相模湾沿岸に、人工島がある。 何もかもが揃い、不自由なく生活ができる理想の島として有名だ。 だが、殆ど知られていない。この島には不思議とワケありな人間や事//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全63部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 00:05
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 23:00
明日天気になったなら

友達いません。軽くいじめらっれ子。でも平和で平凡な日々でした。ごく普通の高校生でした。なのに死にかけて、見知らぬ土地に流れ着いて。新たな日々には事件に陰謀、おま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全124部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/13 00:39
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全323部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/21 07:00
駅前転移Eclipse ~ あなたもお手軽異世界転移で人生変えてみませんか?

駅前にて、部活帰りのテラダとトミタはティッシュを受け取った。

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/06 16:21
『小説家になろう』をデータ分析してみた 2017年版

 去年に続いて『小説家になろう』の分析をしてみました。今回はジャンル再編後の新しい大ジャンルとジャンルで分析しています。前回から1年が経過した現在、果たして『小//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全9部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/10 00:00
杏と白雪、魔法使いの毒林檎

中学生の杏(あん)は、友人に見せられた掲示板の一文に心を奪われる。 ──『安楽自殺薬、差上げます』── 学校でも家でも居場所がないと感じていた杏は、その掲示//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全14部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/03 01:58
太陽王の剣〜命を懸けて、君と世界を守り抜く!〜

王太子レオニスは9歳の誕生日、何者かに身体を操られて母を刺殺し、国から追われる身となった。 それから6年後。山賊団の一員として首都に帰ってきた彼を待っていたの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全33部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/11 19:09
蝶々ロング!

ニッカズボン・ロングニッカ・立襟シャツ、背抜き・背縫い・ゴム引き、耐油・スパイク付・先芯。何のことかわかりますか? おじさんの中の紅一点、工具店の花と呼んでくだ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全131部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 11:45
異世界と交わる世界で魔力がアップしたら美少女との同棲が始まった?

魔法が当たり前のように存在する世界、フォルティア。かつては栄華を極めた母なる地も度重なる自然災害により、もろくも疲弊していった。しかし、とある魔法をきっかけに世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全181部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 12:29
私の海

 研修医の私の、日常。

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/01 00:08
Fin du monde(世界の終わり)

2x00年、現代の世界は生まれた時からの社会性の立場上や肉体的な力の格差などは関係ない。 今のこの世界で役に立つのは、自身の努力で積み上げて来た力のみ 悪魔が//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全28部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 23:00
13番目の街まで

遠い街まで目指して、僕はただ歩いていた。一人だけで歩いていた。 その途中、北からやって来たバスに乗せて貰う。 席に座ると、暫く退屈だからどうしようか考えていた//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 22:10
義父と養子、時々夫?

伯爵家に嫁いだニケは、今日も隠居したような生活を送っていた──── 屋敷の使用人も夫も全員義母の味方で、冷遇されているわけでもいびられているわけでもないのだけ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/20 22:03
過ちを重ねる時間(とき)

知らない場所で目覚めたら、目の前には空に泳ぐ車、雲に届ける建物……SF映画でしか見えないハイテクなものばかりだ。この光景を見れるのは、夢の中でも、大喜びするはず//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 00:07
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
本音を言えない私にダサ眼鏡の彼氏ができました

私、相田ナナは高校1年生。入学して出来たばかりの友達の雑誌を誤って切り抜いてしまう。激怒した友達は宣告する。「じゃあ、あそこにいるダサ眼鏡と夏休み始まるまで付き//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 19:00
鈴がないた日

森で迷子になった少女――夏鈴が出会ったのは、黒子の頭巾と仮面を被った怪しい妖怪の青年であった。青年は自分の素顔を知られれば消えてしまうと言う。夏鈴と妖怪の青年の//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 06:00
宝珠細工師の原石

 魔宝珠(まほうじゅ)――十八歳の時に一つだけ与えられる、レーラズの樹の恩恵を受けた自分だけの宝珠は、それから何を召喚するかで、将来も自然と決まってくるものであ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全19部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 18:05
勿論、慰謝料請求いたします!

 私はお金儲けが大好きで損することが大嫌いな商魂逞しい伯爵令嬢ユリアス。  婚約者は頭の悪い人間だと知ってはいたがここまでとは知らなかった。  婚約破棄するなら//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全35部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 13:57
↑ページトップへ