挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

未来予想Zu

御主人様、ダイエットでござる。

作者:さきら天悟
えッ?
知らないの?
ダイエットアプリっ!
『御主人様、ダイエットでござる。』
有名なのに。
そっか。
オタクじゃないの?
色白で、ぽっちゃり、メガネ・・・
ネルシャツ、リックだったら、完璧なオタクのに。
でも、おススメよ、このアプリ。
一時は全世界100万にのオタクが利用してたの。
でも、最近・・・利用者が・・・減って。
でも、勘違いしないで。
ダイエットの成果は上がってるわ。
でもね、ちょっとカッコよくなると、
オタクを卒業しちゃって。
料理もできるようになるし。


うん、そうなの。
ダイエットメニューを自分で作るの。
大丈夫、料理したこと無くても。
動画のメイドさんが教えてくれるの。
大丈夫、大丈夫。
遅くても。
『愛』ちゃんは待ってくれる。
『愛』ちゃん?
ベタだけど、AI、人工知能の『あい』。
ちゃんとカメラで見て、あなたのペースに合わせてくれるよ。
凄いでしょう。

・・・お買い求めありがとうございます。



ぽっちゃり男はパソコンのアプリを起動した。
スマホでもできるが、モニタが大きい方がベター。
彼は、アプリ備え付けの手袋のようなモノを左手に付け、
『愛』が言う通り、料理を始めた。

3時間後、食事を終えた彼は満足げだった。
初めて作ったポテトサラダも美味しかった。
彼はさっそく、SNSに投稿した。
こうして、『愛』ちゃんと虜がまた増えていった。



「緊急企画、『御主人様、ダイエットでござる。』に切り込む」、
ワイドショー番組で取り上げられた。
オタク世界に広がっているこの現象を解説しようと言うのだ。
コメンテーターの大御所俳優は胡散臭さそうな目をした。
まあ、これはしょうがない。
番組プロデューサーの要望、
彼の演技力を持ってすれば簡単のこと。

「まず、これはいいですね。
いきなり血糖値を上げない」
医学博士が頷いた。

『あ~んして。
つまみ食いしちゃお。
トマトをどうぞ』

モニタの中の美少女キャラクター『愛』はトマトを箸でつかみ、差し出す。
それをぽっちゃり男が口に差し出す。

『今度は、茹でたてのポテト』

ぽっちゃり男は、モニタを見ながら、
モグモグモグモグモグ・・・。

「これは彼の左手に付けられた装置と連動しています。
ヴァーチャルリアリティの技術です」
今度はIT技術者が解説した。


『まず、ジャガイモの皮を剥いて』
『愛』が囁きかける。
男はどうすればいいか分からず、躊躇していると・・・
『こうするの』
モニターの中で『愛』がピーラーで皮むきの見本を見せる。

「これはパソコンのカメラで、彼の様子を取り込み、
人工知能が、彼が行き詰まっていることを認識し、
見本を見せたのです。
そして、私も驚いたのですが、
ピーラーを使って見本を見せました。
彼のキッチンにピーラーがあることまで把握していたのです。
つまり、これは、彼の料理の実力、持っている道具、用意した材料を
すべて把握して、彼に料理を作らせるのです」


ぽっちゃり男は約1時間半かけて、料理を完成させた。
合間でつまみ食いをしながら。



『あ~して』
モニタの『愛』が一つ、一つ料理をつまみ、食べさせてくれる。
本当は彼自身が箸でつまんでいるのだが。
『モグモグして』
『ダメっ』
『まだ、飲み込んじゃ』
『モグモグモグモグモグ・・・
30回ね』

「素晴らしいですね。
よく噛むことで、満足感が得られます。
また、食事がゆっくりになり、血糖値の急激な上昇も抑えられます」
医学博士は何度も頷く。



『凄いわね。
そんなことがあったの。
この前の失敗を取り返したのね!』
食事中、『愛』とぽっちゃり男が会話する。

「驚くべきAIですね。
『愛』ちゃんは。
以前の会話も記憶しています。
人物の性格に合わせて、会話できるようです」
IT技術者は驚いた顔をする。


「食事に時間をかけることが見事に工夫されています。
30回噛むこと、それに左手で食事すること。
ですから、血糖値の急激の上昇が抑えられ、
食事量も少なくて満足感が得られるので、
摂取カロリーも少なくて済みます。
それに食事中の会話も良いですね。
ストレスによって過食ぎみになったりします。
『愛』ちゃんとの会話でストレスを和らげられます。
あと、利き手の反対の左手を使うことで、脳が活性化するかもしれません。
これは、定かではありませんが」
医学博士はそう締めくくった。




『御主人様、ダイエットでござる。』
絶賛発売中!!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ