挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
裏腹少女 作者:トランクス

第1章

4/13

4話 惰性と協調性

「ひいっ、ひいっ…」

 学校内の廊下をひた走る。手には袋に入った菓子パンが存在。

 急いでいる理由はコレをある人に渡す為だった。ついでに面倒くさい罰ゲームを回避する為。情けない事にパシリをさせられていた。

「だああぁっ!!」

「いてっ!?」

「あ、ゴメン…」

「いや、こっちこそ悪かった」

 掛け声をあげながら教室へと飛び込む。勢い余ってクラスメートの男子と肩が衝突。

「……ゼェ、ゼェ」

「遅い」

「いやぁ、ちょっと買うのに手間取っちゃって」

 謝罪を済ませると一人の人物に声をかけた。ショートヘアの女子生徒に。彼女は足を組みながらふてぶてしい態度で椅子に腰掛けていた。

「で、ちゃんと買えたの?」

「メロンパン売り切れてたみたい。だから代わりにジャムパン買ってきたよ」

「はぁ? 売り切れ?」

「完売したって意味じゃなく今日は仕入れてなかったみたい。最初から売ってなかったんだよ」

「……なら仕方ないか」

「ほっ…」

 睨み付けてきた顔が怖くて咄嗟に嘘をつく。本当はただ買えなかっただけ。

「あれ、颯太は?」

「まだ戻って来てないわよ。だから雅人の勝ち」

「よっしゃ」

 嬉しさを表すように小さくガッツポーズ。どうやら競争相手はまだ到着していないらしい。これで全力疾走してきた甲斐があったというものだ。もし遅れてたらただのくたびれ損になってしまう。昔から足の速さにだけは自信があった。

「だああぁっ!!」

「ん?」

 喜びを噛み締めていると反対側のドアから叫び声が聞こえてくる。声の発信者はボサボサ頭の男子生徒。

「ハァッ、ハァッ……ほら買ってきてやったぞ」

「残念、走ってきたとこ悪いけど負けだから」

「はあぁっ!? ふざけんなよ。だから言ったじゃんか、一分のハンデはやり過ぎだって」

「男が言い訳すんな、大人しく敗北を認めなさい。アンタの負~け~」

「くそっ!」

 彼の手には外の自販機で買ってきたであろうコーラのペットボトルがあった。自分が購入したパン同様に女子生徒に捧げる為の品物が。

「じゃあ悪いけど颯太はあと三日パシリ継続ね。明日からはパンとジュース、両方アンタが買いに行きなさいよ」

「面倒くせぇな。自分で行けや」

「アタシのケータイ台無しにしたのはどこの誰よ。壊れたデータ復元してくれんの?」

「だから無理だってば」

「なら文句言わない。これぐらいの罰で許してやろうってんだから感謝しなさいよね」

「ちっ…」

 強気な発言に友人が黙り込んでしまう。不満タラタラの表情で。

「はぁ……まったく何で俺がこんな目に」

「うわっ!?」

「きゃあっ!?」

「やべーーっ! どうしよう、どうしよう」

 そして何を思ったかペットボトルの蓋を開放。凄まじい勢いの泡を噴出してしまった。

「キャップ。閉めて!」

「あっ、そうか」

 状況を回避する為の指示を出す。しかし彼がとった行動は飲み口にしゃぶりつくという事。

「んむ、んむっ」

「あ~あ…」

「……ぷはぁーーっ、んめぇ」

「なんでアンタが飲んでんのよっ!」

「いてっ!?」

 女子生徒が教科書で目の前の人物の頭を殴打。せっかくの献上品は台無しになってしまった。

「……ったく、しかもアタシが頼んだのお茶なのに炭酸買ってきやがって」

 三人でロッカーから雑巾を持ってきてコーラまみれになった床を拭き取る。周りにいたクラスメート達にクスクスと笑われる始末。

「はい、んじゃもう行っていいわよ。早くしないとアンタ達のお昼ご飯食べる時間が無くなっちゃうでしょ?」

「へ~い」

 女子生徒が手をブラブラさせて追い払う仕草をしてきた。解放命令が出たので友人と共にその場を立ち去る事に。

「雅人はどうする? 購買行く?」

「売り切れが多かったからあんまり行きたくないかな。今日は学食にしようよ」

「席空いてるかな。今からだとかなり混雑してそうだわ」

「そうなんだよねぇ…」

 男二人で文句を垂らしながら廊下を歩く。昼飯を前に激しい運動をしたので疲労感と空腹感がハンパない。食堂へとやって来ると大勢の学生を発見。彼らに混ざるように行列へと並んだ。

「アイツ、うぜーな。ちょっと調子乗りすぎじゃね?」

「でも仕方ないよ。僕達が智沙のケータイ使えなくしちゃったんだし」

「しかも男みたいな見た目のクセに。まだあれで可愛いかったら許せるんだけど」

「そ、それあんまり関係なくない?」

「何を言ってるんだ! 美女に死ねって言われたらご褒美だが、そうじゃない奴に同じ台詞を言われたら悪口になるんだぞ!」

「そんな暴言、誰の口からも聞きたくないよ…」

 自分達がパシリをさせられていたのは先程の女子生徒に借りがあったから。数百円の差を気にする学生には負担の大きい借りが。

「はぁ…」

 職員室近くにはメダカを飼育している水槽がある。ある日、彼女がその水槽の前で中のメダカをケータイで撮影。そこにたまたま自分と友人が通りかかり、驚かそうと背中を強く押したのだ。

 しかしその行動が原因で運悪く彼女の端末が手元から落下。ポチャンと音を立てて水没した電子機器は見事に使い物にならないプラスチックの塊となっていた。

「あ~あ、どこかにお弁当を作ってきてくれる優しいお姉さんはいないものか」

「颯太って年上が好みなんだっけ?」

「上でも下でも構わないぞ。姉ちゃんも妹も地縛霊も許容範囲だ」

「ねぇ、金縛りっていつぐらいから起きてるの…」

 貴重品を壊した犯人には当然その弁償が義務付けられる。けれどバイトもしていない人間にはそんなお金なんて用意出来るハズもない。その状況を見かねた彼女が提案してきたのが二週間のパシリ。これで故障したケータイ代を許してくれるというのだから安い労働だろう。

「お腹空いたぁ…」

 自分はこの学校で気を許せる相手が三人いた。一人は同じ家に住んでいる妹。残る二人が隣にいる男子生徒と、先程の女子生徒。全員が中学時代から付き合いのある人物。知り合いが少ない人間にとって彼らは尊い存在だった。

「そういえば今日は朝からずっと元気なくない?」

「え?」

「珍しく宿題も忘れてきてたし。どうかしたのかよ?」

「い、いや……何でもないから気にしないで」

 それぞれ注文した物を持つと食堂を移動する。水の入ったコップを付け加えて空席を確保。

「はぁ…」

 まさか居候が一人増えたなんて。内容がブッ飛びすぎていて打ち明けられなかった。

「悩みがあるならいつでも言えよ。俺達、友達だろ?」

「うん、ありがとう」

「怒られる時は一緒だぜ。廊下に立たされる時もな」

「たまには遅刻しないで登校しようよ…」

 本日は高校生活で初となる宿題サボリを経験。その原因は昨晩の出来事。華恋さんの事ばかり考えていて翌日の予定が頭に浮かばず。結果、ノートを白紙のまま持参する羽目になってしまったのだ。


「……帰って来てしまった」

 学校が終わると友人と別れて下校する。道草を食う事なくやって来たのは見慣れた自宅。

「う~ん、う~ん…」

 家の中には華恋さんがいた。まだ学校に通っていないから外出という可能性はゼロに等しい。両親は仕事で妹も不在。つまり間に立ってくれる人間が一人もいなかった。

「はぁぁ…」

 寄り道でもするべきだったのかもしれない。本屋かゲームセンターにでも。謝罪や自己紹介は未だに実行しておらず。罪悪感と恐怖感だけが精神を往復していた。

「……ただいま」

 立ち尽くしていても仕方ないので中へと入る事に。静かにドアを開けてコソコソと進入。

「んっ…」

 リビングの様子を窺うが人の気配を感じられない。ターゲットが客間にいる事を信じて靴を脱ぐ。廊下を進むと床が軋む音が反響。普段は気にも留めない存在だが今だけはとても耳障りだった。

「……あ」

「げっ!」

「お、おかえりなさい」

 どうにか階段付近までやって来るが運悪く見つかってしまう。襖を開けて出てきた人物に。

「……やべ」

「え?」

「とうっ!」

 声をかけられたのとほぼ同時にダッシュを開始。傾斜が急な段差を大慌てで駆け上がった。

「ふぃ~」

 自室に突入すると扉を閉める。そのままへたり込むように冷たい床に着席。

「ゴホッ、ゴホッ」

 まさか見つかってしまうなんて。焦りと混乱が思いもよらない行動に駆り立ててきた。

「う~ん…」

 しかし挨拶をしてくれたのに無視してしまったのはマズい。ただでさえ良くない印象を益々悪化させてしまったかもしれない。

「ま、いっか」

 かと言って今さら引き返してただいまと言うのも変だろう。余計な事はしないに限る。能天気な思考はこのまま大人しく部屋に引き籠もっている決断を下した。

「……しょっと」

 汗ばんでしまった制服を脱いで私服へと着替える。窓を開けると空気の入れ替えを開始。なんの制約にも縛られない自由な時間を過ごした。

「どうしよう…」

 三十分ほど漫画を読みふけっていると体に異変が訪れる。大抵の生物に備わっている自然現象が。トイレは一階にしか無いため用を足すには階段を下りなくてはならない。同時にそれは華恋さんと遭遇してしまう危険性も秘めているという事だった。

「よし…」

 覚悟を決めると一階へと向かう事に。部屋のドアを開けて転ばないように階段を移動。

「ふいぃ…」

 そして不安を他所に任務は無事に成功する。何のトラブルもなく達成出来た。

「あはは」

 恐らく向こうもこちらを警戒して出歩けないのだろう。何故だか勝ち誇ったような気分が湧き上がってくる。

「……ん」

 同時に別の感情も浮かんできてしまった。憫然にも近い虚しさが。

 いきなり知らない家で生活させられる事になったのに朝から夕方まで放置。話し相手もいやしない。

 同じ立場に立たされたら誰でも嫌になるパズ。そう考えると次第に彼女の事が可哀想に思えてきてしまった。


「あの…」

「あ、はい」

「喉乾いてませんか?」

「え?」

 客間へとやって来ると襖を開ける。控え目な口調で話しかけながら。

「烏龍茶とリンゴジュースならあるんですけど飲みませんか?」

「あ……大丈夫です。さっき水道のお水貰いましたから」

「な、なるほど」

 当たり障りのない話題を振ってみた。しかし返ってきたのは拒否を示した台詞。

「じゃあ、お腹空いてませんか?」

「お昼におばさんが用意してくれていたおにぎりを食べたから大丈夫ですよ」

「そうですか…」

 次は食べ物の話題に。だがまたしても空振りで終了。

「リ、リビングに行ってテレビ見ませんか?」

「テレビ……ですか」

「この部屋って何もないから退屈でしょう。じゃあ、こっちこっち」

「あ、はい」

 それでもめげずに声をかけ続ける。努力の甲斐もあってか部屋から連れ出す事に成功。

「そこら辺に適当に座っちゃってください」

「……すみません」

 彼女をソファに座らせるとキッチンへ。冷蔵庫から烏龍茶のパックを取り出し、二つのグラスに注いだ。

「はい、どうぞ」

「ありがとうございます」

 リモコンに手を伸ばしてテレビの電源をつける。画面に映し出されたのは時代劇の再放送。

「今日ずっとあの部屋にいたんですか?」

「一応…」

「退屈じゃなかった?」

「えっと、まぁ…」

「ですよね。一人だから話し相手もいませんし」

「……あはは」

 問い掛けに対して乾いた笑いが返ってきた。緊張している事が窺える仕草が。

「勝手にテレビとかつけちゃって良いですよ。他に誰も見る人いませんし」

「は、はぁ…」

「喉が乾いた時も冷蔵庫の中の物を飲んじゃって構わないですから」

 遠慮する彼女に対して半ば強引に行動を指示する。こうでも言わないとずっと窮屈な生活をする羽目になってしまうだろうから。

「あれ? クッションが温かい」

「あ……天気が良かったので外に干しておきました」

「そうなんだ。ありがとうございます」

 何気なくソファに置かれている物体に触れてみた。手に伝わってきたのは気持ちの良い温もり。

「あの、もし良かったら私が夕御飯を作ろうと思うのですが…」

「え? いやいや、そんな。悪いですし」

「でもおばさん達が帰って来るのって結構遅い時間になりますよね?」

「……まぁ、そうだね」

 思わず否定してしまったがよく考えればとても助かる提案。両親が共働きという環境を考えれば余計に。

「料理は得意なんですか?」

「得意という訳ではないのですが何かお力になれれば良いなぁと思いまして」

「なるほど…」

 もし実行してもらえるなら母親の負担も減るハズ。何より彼女の手作り料理に興味があった。

「ならお願いしちゃっても良いですか?」

「わかりました。何か食べたい物のリクエストはありますか?」

「に、肉じゃがで」

「はい?」

 提案したのは定番中の定番料理。他にも候補を考えたのだが結局ベタに落ち着く事に。

「え~と…」

「材料揃ってますか?」

「はい、何とかなりそうです」

 キッチンへ移ると冷蔵庫の中身を確認する。必要な具材を取り出しテーブルの上に並べた。

「僕も手伝いますよ」

「いえ、私一人で大丈夫ですからソファに座ってらしてください」

「でも…」

 いくらなんでも任せっきりというのは悪い。心の奥底から湧きあがってくるのは普段は持ち合わせていない使命感。

「雑用なら何でもやります。野菜を切ったり鍋をかき回したり」

「……すみません、なら玉ねぎの皮を剥いてもらえますか」

「わかりました」

 強情な態度を貫いていると彼女が折れる。茶色い物体を二個渡された。

「ほっ、ほっ」

 サッと終わらせた後は華恋さんに渡す。作業後は役に立てそうな仕事が無かったのでソファに座ってテレビを見る事に。


「ただいまぁ」

「おかえり~」

「あれ? 良い匂いがする」

 しばらくすると妹が帰宅。彼女は姿を現すなり犬のようにクンクンと鼻を動かし始めた。

「ジャガイモ茹でてる匂いだよ」

「ジャガイモ? 何作ってるの?」

「肉じゃが」

「えぇっ、まーくんが!?」

「ふふふ。だとしたらどうする?」

「嘘つくのやめようよ。超が付くほど料理ヘタクソじゃん」

「……それはお互い様じゃないか」

 自分も彼女も料理は全くしない。だから驚きのリアクションは至極当然の流れだった。

「あ、おかえりなさい」

「ただいま。もしかして華恋さんが料理をしてるんですか?」

「はい。ダメだったでしょうか…」

「いや、むしろありがたいです。助かります」

「とりあえず手洗ってきたら? うがいもしてきなよ」

「あ、そだね」

 女性陣が言葉を交わす。他人行儀な口調で。指摘されて気付いたが辺りが香ばしい。食欲をそそる匂いが家中に充満していた。

「……お腹空いてきたな」

 その後、日が沈む前に両親も帰宅。華恋さんの事もあるので早く仕事を切り上げてくれたらしい。タイミング良く肉じゃがも完成したので皆で早めの夕食をとる事になった。


「美味しい~」

「本当。華恋ちゃん、料理上手ね」

「いえ、そんな事ないです」

「お母さんも料理得意だったからその遺伝かしら」

「そ、そうですね…」

 各々が賛辞の言葉を口にする。お世辞ではなく本心で。

「アンタ達もちょっとは華恋ちゃんの事を見習わないと」

「うぅ…」

 しかしその出来事は別のトラブルを生成。母親から皮肉のような台詞を浴びせられてしまった。

「あの…」

「ん?」

「もし良かったらこれからは私が料理を担当しようかと思うんですが」

「え!?」

 箸を進めていると華恋さんが意見を掲げる。全員の意識を集めてしまうような内容の提案を。

「晩御飯を毎日作るって事?」

「はい。出来れば夜だけじゃなく朝や昼なんかも」

「一日の食事を全て担当するって大変よ?」

「大丈夫です。私、やります」

「でも…」

「それに一日中この家にいるから時間はタップリありますし」

「う~ん…」

 母親がすぐに反論。だが彼女の決意は少しも揺らがなかった。

「本人がやりたいって言ってるんだから良いんじゃない?」

「けどねぇ…」

「華恋さんがご飯作ってくれるなら母さんも助かるだろうし。僕も香織も料理を教わる事が出来るしさ」

「まぁ…」

 横から助け舟を出す。どちらにも角が立たない言い方で。

 きっと彼女は何を言われても一歩も引かないだろう。それに何かしらの役割を持たせてあげた方が遠慮せずに我が家に馴染めるんじゃないかと考えていた。

 皆で話し合い、朝は今まで通り母親が。夕御飯は華恋さんが担当する事になった。

「でも来週からは華恋ちゃんも学校に通わなくちゃならなくなるんだから無理はダメよ」

「はい。ありがとうございます」

「お礼を言わなくちゃいけないのはこっちの方よ。ありがとうね」

「えへへ…」

 食卓の場に明るい返事が響き渡る。張り積めた緊張感を解してくれる笑顔が。

「あともし良かったら皆さんのお部屋もお掃除しようかと考えてるんですが…」

「い、いや……僕の部屋はいいです」

「え?」

 続けざまに彼女が口にした意見を即座に拒否。どんな理由があれ自室には絶対に踏み込んでほしくない。本棚の裏側に秘密の花園が隠されているからだ。

 それから夕御飯を済ませた後は皆でテレビを見ながら寛ぐ事に。順番に風呂に入り一日の疲れを洗い落とした。

「そういえば華恋さんの着替えとかはどうするの?」

「何着かは持ってきてあるけど、それだけじゃ足りないかもだから香織のを貸してあげて」

「ほ~い」

「あと週末にでもアンタ達で買ってきてほしいんだけど」

「僕達が?」

「土曜日は母さんと学校行かなくちゃならないから日曜日に。はい、お金」

「ん、了解」

 本人不在の場で打ち合わせを繰り広げる。母親から出されたのは衣類調達の特別任務。

「ふむ…」

 どうやら彼女と一緒に買い物に行けるらしい。しかもかなりプライベートに踏み込んだ案件で。もはや頭の中からは痴漢行為をしてしまった過去や、同居に反対していた感情が消え失せてしまっていた。


「ただいま」

 翌日、学校が終わると寄り道する事なく帰宅する。昨日とは違い普通に玄関の扉を開けて進入。

「おかえりなさい、雅人さん」

「ど、ども」

 リビングから駆けてきた華恋さんが出迎えてくれた。疲れを癒してくれる優しい笑顔で。照れ臭くなりながらもスニーカーを脱ぐ。そして廊下へと上がろうとした瞬間に靴箱の中の違和感に気付いた。

「……こんなに綺麗だったっけ」

 恐らく出掛けている間に掃除をしてくれたのだろう。よく見ると埃を被っていた長靴やサンダルも並び替えられていた。

「あの、まだ夕御飯の支度してないんですけど」

「あ、僕も着替えたら手伝います」

「いえ、そうじゃなくて材料が…」

「あぁ……なるほど」

 冷蔵庫の中身がかなり減っていた事を思い出す。昨日は誰も買い物せずに帰宅していた事も。

「じゃあ後で買い出しに行ってきますよ」

「私が行ってきます。雅人さんは疲れてるでしょうから家で待っていてください」

「え? でもスーパーの場所わかりますか?」

「……あ」

 お互いの動きが停止。正面から向かい合った状態で。

「な、なら一緒に行きましょうか」

「そうです……ね」

「着替えてくるから待っててください。すぐに戻って来ますから」

 一言だけ告げると廊下を素早く移動。階段を上がって自室に入った。

「へへへ…」

 自然と笑みがこぼれる。家に帰ってきた時に誰かに出迎えられたのは久しぶり。それが妙にこそばゆかった。

「ぐわあぁあぁぁっ!?」

 ラフな格好に着替えると一階へと戻って来る。ただし段差から足を踏み外すトラブルに見舞われながら。

「いつつ……じゃあ行きましょうか」

「だ、大丈夫ですか?」

「ははは、いつもの事なんで気にしないでください」

「はぁ…」

 窓を開けて洗濯物を取り込んでいた華恋さんを発見。やや強引に連れ出す形で出発した。

「今日もずっとうちにいたんですか?」

「はい。鍵を持っていないので出掛けられませんから」

「あっ、そっか」

 二人で並んで歩く。夕暮れに染まった住宅街を。

「家に籠もっていて退屈じゃないですか?」

「やる事があるので平気ですよ」

「そういえば靴箱掃除してくれたんですね。綺麗に整頓されていたから驚きました」

「あ、ありがとうございます。浴槽とかトイレも掃除させてもらいました」

「それはどうも…」

 今日一日で家中の至る所を清掃してくれたらしい。感謝と感動の念が止まらない。

 それから五分ほど歩くとスーパーに到着。カートにカゴを乗せて中に突入した。

「雅人さんは何か食べたい物ありますか?」

「カレーが好きなんだけど……昨日の肉じゃがと材料が被っちゃうか」

「う~ん、ですね」

 特に候補も無かったので適当に廻る事に。軽快なBGMが流れている店内をのんびりと徘徊。

「お? これ美味しそう」

「竜田揚げですか?」

「はい。結構好きなんです」

「大抵の揚げ物なら私、作れますけど」

「あれ? そうなんだ。なら今度お願いします」

「ふふふ、はぁ~い」

 目についた惣菜に手を伸ばすと彼女が話しかけててくる。思わず見とれてしまうような笑顔を浮かべながら。適当に物色した後は清算を済ませて退店。荷物を半分に分け合って帰路に就いた。

「……ふぅ」

 心が清々しい。まるで人助けをしてお礼を言われた時のように。

 女の子を家に住まわせると聞かされた時。どうなるんだろうと不安な気持ちでいっぱいだった。

 しかしいざこうして共同生活してみると活気があって楽しい。意識の中に溢れてくるのはずっと足りないと思っていた何かが満たされてきたような感覚。よく考えればこんな幸運な事も無かった。一時的とはいえ女の子と家族になれるなんて。

「しっしっし…」

 口から大きな息が漏れる。自分は世界一の幸せ者なんだと確信した瞬間だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ