挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法少女は誰かを愛しちゃダメなんですか 作者:貞治 参

第1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/42

第1話 謎の少女

 メイは急いでいた。この町の北東部で大きな魔力の反応を感知したのだ。
 この町には、メイともう一人しか魔法少女はいなかった。ということは、誰か3人目がやってきたのか。あるいは、敵か。

 ミミはもう着いているのだろうか。携帯に連絡してみたものの、つながらなかった。魔力感知は無駄なのでしていない。ミミのそれは感知できないほど小さい。

「メイ、そろそろ近いよ」
 クッキー、メイの使い魔的な存在、が耳元でささやく 。
「わかってる」
 まだ被害は出ていないようだ。暮れゆく町は、いつも通り平和に見える。

「あれだっ、メイ!」
 見えてるよ、クッキー。
 そこは公園。夕日に照らされて赤く染まっている。そこに制服姿の1人の少女が立ったまま、目を閉じて何かを呟いている。普通の人にはそれだけしか見えないだろう。しかし、メイには見える。彼女のまわりには、かなり大きな魔力の源が渦巻いている。

「あなたは、誰?目的は?」
 少女に近づき問うが、答えはない。その間にも、少女は自身の魔力を増幅させている。
 あと10歩程度のところまで来た。この距離なら突発的な攻撃にも即応できる。

 少女が目を開け、メイを見据えた。と、同時に突風が巻き起こり、メイに襲いかかる。
「きた」
 クッキーがささやくよりも速く、メイは手にした杖を少女に向けて突き出し、すばやく大きな円を描いていた。
 突風は搔き消えた。

 少女は目を見開いていた。自身が並の使い手ではないという自負があるのだろう。
 そのはずなのに、魔法がほとんど一瞬のうちに打ち消された。
 何か言葉を言い放つと、メイは杖で地面を3度ついた。
 少女はメイの行動の意図を理解し、逃げることができなかった。

 その時点で少女の敗北は決まっていた。

 意識を失う直前、メイの言葉が脳に届いた。
「あなたは、私には、勝てない」

 …………
 ……

「メイーー!大丈夫だった!?」
 全てが片付いたあと、ミミはやってきた。陽は落ち、あたりは暗くなっていた。
「ごめんね。遅くなって。ケガはない?」
「別に。それより、その娘、何とかしといて」
 メイはそう言い残し、去っていった。1人の少女が公園のベンチに横たわっている。
「……はぁ、相変わらず冷たいなぁ」
「まあ、いつものことだよ。そんなに落ち込まないで」
 クッキーの慰めは耳に入らないらしい。もう一度溜息をついたミミは、少女の方へと歩いて行った。
「……それにしても、この娘もすごい大きな魔力を持ってみたいだけど、一体何があったんだろう」

 …………
 ……

 ――()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()
 メイもミミも、例外ではない。
短編『魔法少女メイ』の連載版です。
これから連載していきますので、メイたちをよろしくお願います!

質問などございましたら、ご遠慮なく感想にお書きください。
可能な限りお答えいたします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ