挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

夢想表示

作者:フレジェ
想像してみて笑ってもらえたら幸いです。
 夢の中で、宙を舞う。
 くるりと体を捻り、くるりと頭から一回転。

 不思議な色の雲、不思議な色の空、不思議な色の星、不思議な色の……。
 ともかく不思議なもので埋め尽くされた場所に浮かぶ、自分。

 ふと、気分がよくなって――――

 っ、ちょぉああああジャンプッ!!
 思いっきり上に跳ねる。足場がない? ふっ、夢だからオールオッケー!

 空中でぎゅるんぎゅるん回転する。世界がメリーゴーランドぅ!!
 いつの間にか現れた鉄棒につかまってひたすら回転! ここまで回るのはじめてさ!

 鉄棒から手を離して、思いっきり空の上を走る。全く疲れない!わんだほー!

 とフィーバーしていたら、目の前に母親が現れた。突然すぎる。

「起きなさい!」

 頭をがしっと掴まれた。ああ母さん、ツボはそこじゃないよ――――



「はっ」

 目が覚める。寝起きの体は倦怠感とむっとした暑苦しさ、同時に肌寒さを感じた。なぜだろう。
 目線を横に傾けると、隣に立っていた母が鬼の形相でゆうっくりと口を開く。

「起きたか。布団直しときなさいよ。」

 ずしんずし……いやいや、のっしのっし……いやいやごほん、足音荒く去っていった母親はなぞの捨て台詞を残していった。
 ふむむ? はて、寝相はいいはずなのだが…。

「はっ」

 もっかい、はっと言ってから布団を見てみた。

 トルネードだった。





 後日談。

 母に「また自転車漕いでたのかい」と聞かれ、はて何のことやらと首を傾げたら小さいころに寝てるとき、自分が足をせっせとばたばたさせていたそうな。
実は半分実話。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ