挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
BLACKHOLE 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/9

今、雨が降っています。
屋根を叩く音が、
とても、心地好く、
まるで、
お気に入りの曲を聴いているかのよう。

昔の僕は、
自分の心臓の鼓動さえ、
とても、耳障りで、
何度も、
自分の胸を掻き毟ったりしましたね。

彼女はこう言った。
「優し過ぎる」、と。
くそったれ!!
よりによって、
そんな言葉、が。
せっかく、
必死に、愛そうとしていたのに。
しかし、それは、
愛する事が出来ない事の裏返し。
愛する事が出来る人は、
必死にならずとも、
自然に、。

優しさは、
時には、
凶器にもなりうる。
そんな事を知ったのも、
彼女のおかげ。
そして、僕は、
孤独を知った。

今、雨が降っています。
路面を濡らす様子が
とても、切なくて、
ほんと、
寂しくて、寂しくて、仕方がなくなる。

昔の僕は、
涙を流しながら、
何度も何度も、
繰り返し、
自分の手首を切り裂きましたね。

今、雨が降っている。
孤独を楽しめるようになるように。
今、雨が降っている。
永遠の孤独を告げるように。

Endless Loneliness...

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ