挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
BLACKHOLE 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/9

もがく者

毎日、毎日、
思うように、ならない。
自分自身で、さえ、も。
生きたい、と思っても、
生きる事を、頑なに拒み、
死にたい、と思っても、
何時までも、死ねずに、いる。

毎日、毎日、
あれこれ、考え、
自分自身を、探したと、しても、
「生」とは、一体何なのか?
生きていてもわからないまま、
「死」とは、一体何なのか?
どうしても、死を、望んでしまう。

もう、手遅れなのだろうか!?
もう、結果は出てしまっているのだろうか!?
何もわからないままに、
ただただ、時間を、食べ続け、
少しづつ、力を、失っていく。
こんな自分を嘲り笑い、
そんな自分がとても、愛おしく、思う。

毎日、毎日、
じたばた、もがいていても、
生きている、という事実から、
目を、逸らさずにはいられず、
死にたい、という夢に、
縋らずには、いられないで、いる。
しかし、
自分以外の者達へは、
そうならずにいて欲しい、と、
願わずには、いられない。

Wish...
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ