挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ロック陰陽師 作者:鑑祐樹
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/26

第25話 箪笥

 無言で飛龍フェイロンの話を聞きながら、俺は小刻みに震えていた。
 全然寒くないけど。
 何でこんな気味の悪い部屋で、こんな話聞かされてんの?
 俺がそう思い、目をぎゅっと瞑ると、飛龍フェイロンは「寒いの?」と尋ねてきた。
 そうして、ベッドの毛布をはぎとって、俺にかける。
「これで暖かい?」
「……うん」
 本当はそういうのじゃないけど、怖がってると思われたくない。
 あと、部屋はうっすらと暖かくて本来なら心地よい温度だ。
 俺、見て分かるくらいに震えてるの? すげーイヤなんだけど。俺にだってプライドあるんだけど。
「全然怖くねぇよ。続き、ほら」
 それなら良かった、と飛龍フェイロンは話の続きを始めた。


 Aさんは悲鳴をあげ、その日は眠らなかったそうです。
 部屋に何かいる。そう思うと、怖くてとても部屋なんかに居られない……。だけど、現実的にすぐに引越しなんて出来ませんよね。お金もそうだし、新しい住処をさがさなきゃいけない。
 Aさんは、仕方なく部屋に戻ったそうです。
 何かが現れそうな恐怖と戦いながら――。

 昼間は特になんともないそうです。
 まるで悪夢でも見ていただけじゃないのかと思うほどに。

 だけど――。

 夜になると誰かの気配を感じる。それは電気を煌々と点けていても変わる事なく、深夜の決まった時間に、やはり同じ方向から人の囁く話し声が聞こえる。
 かと思うと、耳元に人の吐息と男の声――。
 相変わらず、何を話しているか聞きとれない……。
 来る全く同じパターンが続きました。

 何日も続くうちに、正体が分かったそうです。

 まずは、囁き声。必ず箪笥――それも引き出しの中から聞こえる。
「なんだ、それ……気持ち悪いな。中に人でもいんのかよ」
 ここまで、だまって飛龍の話を聞いていた俺はつい口を挟む。
「引き出しに? それ、かなり薄い人だよね」
 俺の言葉に飛龍は、はにかんだ笑顔を見せてそう答えた。それから、また言葉を紡ぐ。

 Aさん、次の日に勇気を出して、昼間に箪笥を開けてみたそうですよ。
 全ての引き出しを開けて見たけど、洋服がたたんであるだけ。普段どおりで別に変わった様子はない。洋服を全て取り出して見たけれど、一段目、二段目、三段目、四段目……どこにも、なにもない。

 Aさんは、そこであることを思い出します。
 その箪笥――。
 元彼って言うんですかね。昔の恋人に買ってもらった物だったそうです。

 Aさんは、近畿地方の出身の子でね。大学入学が決まった時、遠方なので一人暮らしをする事が決まり、その時に付き合っていた年上の彼氏がプレゼントをくれたんですよ。

 はじめての一人暮らしという事もあり、不安と嬉しさでいっぱいだった時に、彼が奮発して高い箪笥を買ってくれた。
 別れた後も、一人暮らしはお金がかかるし、少し思う所がありながらもそのまま使っていた箪笥。

 遠距離恋愛が原因で、別れることになった……。
 はっと気がついて、もう一度、箪笥の引き出しをすべて取り外しました。
 Aさん、それを見つけた時、一瞬――息が止まったそうです。

 一番下の引き出しの裏側に、絵が描いてあったんです。
 彼の自画像。それと――。

 いつも見てるよ、という真っ黒い文字が。
cont_access.php?citi_cont_id=276060669&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ