挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

独り言

作者:回天 要人
こちらの作品は和風小説企画参加作品です。
企画サイトはこちらです↓↓
http://wafuukikaku.web.fc2.com/
「おめえの兄さまが死んだ。けえってこい。」

親父は近所の子供に小間使いをさせたらしい。長屋の戸口を一寸開けて、子供がじろりとこちらを見ていた。子供に気付いた女が慌てて、着物の袷をかき合わせた。子供は女の慌てぶりなどお構いなしに、親父の口調をそっくり真似て俺にそう言った。

冗談じゃねぇ。家になんぞ帰るものか。一生遊んでくらすんでぇ。

俺は心の中でそう呟いて、うろたえる女を放置したまま長屋を出て行った。女は「待っておくれ。」と縋りついたが、振り払う素振りをすると、大人しくその場にへたり込んだ。


 *


女にたかる方法は、長屋で聞き耳を立てているうちに覚えた。役者顔とは言わねぇが、童顔が幸いしたのか遊んでくれる女は山ほどいた。何も知らないふりをして強請れば、期限のない金貸しにもなってくれた。俺は家を持たなかった。寝泊りする女の家を夜毎変えて、ふらふら生きていた。このまま一生過ごせたらどんなに幸せか。親父たちは俺のことなどとっくに諦めて、忘れちまってると思っていた。
それがどうした、兄貴が死んだから家を継げ、戻って来いだと?こんなチャランポランに務まるはずがねぇ。俺はずっと遊んでいたい。遊ぶしか能がねぇボンクラだ。こんな能無しを捕まえて、世継ぎのお披露目だと?反吐が出る。
腰に挿した竹光が何か汚いものに思えて仕方がない。親父に貰った刀は、金に困って質に入れた。とっくの昔に流れただろう。
侍足りえる要素が、俺にはひとつもありゃしねぇ。それなのに、兄貴が着るはずだった長裃が、皮肉なことに俺にぴたりと合いやがる。
どうして死んだ。てめぇ一人で病になんぞかかりやがって。どうして親父は医者に見せなかった。悪いところをちょん切ってもらえば、ちっとは生きながらえたかもしれねぇ。馬鹿だ、全く馬鹿だ。
親父が兄貴を医者に見せられなかったのは、俺が家にある金目のものを残らずくすねて家から飛び出したからだとわかってはいる。けれど、けれど。

「こいつがせめて真剣なら、腹ぁ斬って死ねたのによぉ。」

自業自得と誰かが言う。地獄へ行った兄貴だろう。
最後までご覧頂きありがとうございました!

和風小説企画サイトへ


素敵小説とイラストが満載!感想・交流掲示板もあります。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ