挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

姉と俺(と母と父)

化粧

作者:聖魔光闇
不思議だ……。
「なぁ、アネキ。何やってんの?」
「見たらわかるでしょ! 化粧よ化粧!」
「それは見たらわかる」
「じゃあ、何故聞くのよ!? ってか、あんた! 何故ここにいるのよ! ノックは常識だって言ったでしょ!」
 そう俺は今、不思議な事をやっている姉の横から話し掛けている。
『ノックを知らない女が、何が常識だって言うんだ!』
 俺の姉はノックをしない。俺の部屋に入ってくる時も、気が付いたら近くにいる。
「アネキがそれを言うか……」
「うるさいわねぇ! 邪魔よ、化粧の邪魔!」
 姉に手でシッシッとされた。
「なぁ、何やってんの?」
 もう一度、同じ事を聞く。
「化粧だって言ってるでしょ!」
 姉はうんざりした口調で答えてきた。
 俺も飽きてきたので、部屋から出る事にした。一言残して……。



「何故、パックの上に化粧してんだ? それが疑問なんだよなぁ」




「うるさいわねぇ! 練習よ! 練習! ってあんたが余計な事言うから、ミスったじゃない!」
 ドア越しに何か怒鳴ってやがる……。
『ほっとこ』



「またミスったぁ!」
 遠くから、悲鳴に近い声が聞こえてきた。


『知らない。知らない』



練習って……。何故パックの上から?

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ