挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

天気予報

作者:夜茶会
ある天気予報が世間で有名になった
その天気予報は天気を予想するのではなく、ビルから落ちる人間の数を予想する天気予報だった。

最初は悪ふざけだと思われていた。

「明日の東京は麻布で8人、練馬で6人が転落死、自殺となるでしょう」
お天気キャスターは元気よくそう言うと、亡くなる方の年齢を予想し始める。



その予想が次の日現実となった
それはたくさんのニュースで取り扱われた

殺人なのか。それとも神が予想したのか。などさまざまな予想がなされた。



世間がそのニュースに集中する中、新しい天気予報が発表された。


「明日の東京の予想は、文京区で8人。田園調布で2人でしょう」


この予想も的中した。


世間からは、次の転落死予想が聞きたい!
私の町でも予想して!!などたくさんメッセージがでた。


しかし三日目の予想で皆が静まりかえった


「明日の予想は、日本で8万6500人です」
アナウンサーはそう言うとニュースはすぐに終わった



明日は何が起こるのでしょうか

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ