挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

鳴き響む

作者:水戸けい
村の荒寺に住み着いた薄汚い男は、いつしか村の民と交流を持つようになっていた。
ある日、村に領主のもとへ美しい女を差し出せという命令が伝わった。しかし村のめぼしい女は、すでに献上済みだ。代わりとなるものを差し出す余裕は、村にはない。
村のものらが困り果てていると、薄汚い男が言った。
「なんとでもしてみせよう」
そうして男は村の少年ひとりと馬を連れて旅に出た。
気が付けば男はそこに居て
2016/04/29 10:00
男は、年齢がわからなかった。
2016/04/29 11:00
いつしか男は村の中心にいるように、なっていった。
2016/04/29 12:00
村は、悄然となった。
2016/04/29 13:00
鈴を転がしたような澄んだ音だった。
2016/04/29 14:00
「申し訳ないが……子どもをおれに与えてくれ」
2016/04/29 15:00
「では、行こうか」
2016/04/29 16:00
花が咲くように顔を輝かせた。
2016/04/29 17:00
これから、オマエは汀と名乗れ
2016/04/29 18:00
突然脇の林から数人の男が躍り出てきた。
2016/04/29 19:00
男の腹を剣の鞘で撫でた。
2016/04/29 20:00
汀はずっと抱えていた疑問を、口にした。
2016/04/29 21:00
「人間には、水が流れている」
2016/04/29 22:00
「そういうことを、おれはしたんだ」
2016/04/29 23:00
ずっと意識をし続けていろという事だ
2016/05/01 00:00
がんばりました、じゃ飯は食えないんだよ
2016/05/01 01:00
少し、見せてはもらえまいか
2016/05/01 02:00
「これ、おじさんが作ったの?」
2016/05/01 03:00
気にすることないよ、おじさん。
2016/05/01 04:00
どうして孝明は、あの荒寺に住んでいたんだ
2016/05/01 05:00
「どうして、今じゃいけないんだ」
2016/05/01 06:00
「何が、見事なもんか」
2016/05/01 07:00
あの程度のもの、出来て当然だ。
2016/05/01 08:00
「こんな立派なの、はじめてみた!」
2016/05/01 09:00
「それだけ真摯に、細工に向き合って来たということだろう」
2016/05/01 10:00
「おれは、この竜をほこらしく思う!」
2016/05/01 17:00
ほんとうに、情けないことだ
2016/05/01 21:00
孝明を見た職人は薄い笑みを浮かべてかぶりを振る。
2016/05/02 11:00
ワシは死ぬまで職人だ。
2016/05/02 17:00
道中では、法師ということにしておこうか
2016/05/03 11:00
「汀は、なんて言ったんだ」
2016/05/03 17:00
いずれ、わかるようになる。
2016/05/04 11:00
「相部屋の、申し出か」
2016/05/04 17:00
「雨が止むまで、よろしくたのみます」
2016/05/05 11:00
汀は小走りで厩に向かい、焔の傍に寄る。
2016/05/05 17:00
何事も無かったかのようにすべてが終わった。
2016/05/06 11:00
真剣にヒョウタンを睨み付けた。
2016/05/06 17:00
小さな声が口から洩れた。
2016/05/07 11:00
さっそく土鍋に箸を伸ばした。
2016/05/07 17:00
孝明は悪戯っぽい顔をした。
2016/05/08 11:00
唇が緩むのを懸命に堪えつつ振り向いた。
2016/05/08 17:00
某は、まことに恵まれた状態で旅をしておる
2016/05/09 11:00
貴殿は、楽や舞に精通しているのか
2016/05/09 17:00
坊主の謎かけみたいだな。
2016/05/10 11:00
溜まった雨粒が落ちるように、宗平は心根を漏らす。
2016/05/10 17:00
「そういう趣味に、見えるか」
2016/05/11 11:00
荷物の中に長剣があるのを見て、口を開く。
2016/05/11 17:00
種も仕掛けもあるが、手妻とは違うな。
2016/05/12 11:00
「それだけの期待を、寄せられていると言うことだな。孝明は」
2016/05/12 17:00
「人のいない村には、物の怪がいるかもしれないぞ」
2016/05/13 11:00
「物の怪の宿とは、どんな所だ」
2016/05/13 17:00
「からかうのは、そのくらいにしておけ」
2016/05/14 11:00
「孝明も、人の子なんだなぁと思ってな」
2016/05/14 17:00
「歩きづらいし、重いから離せ」
2016/05/15 11:00
入ってきたのは、孝明でも宗平でも無い男だった。
2016/05/15 17:00
身を固くした汀は口をつぐみ、男二人を睨み付ける。
2016/05/16 11:00
汀の体は強い力で後方に引かれた。
2016/05/16 17:00
その目が、汀の胸を震わせる。
2016/05/17 11:00
うねる井戸水が蛇の胴体のように汀を包んで
2016/05/17 17:00
汀に何をさせようとしてんのかに、興味が湧いてきたぜ
2016/05/18 11:00
さっそく汀はそうすることにした。
2016/05/18 17:00
「なんで、おれだったんだ」
2016/05/19 11:00
「わからねぇけど、気持ちは伝わるんだよ」
2016/05/19 17:00
「素直じゃねぇなぁ、アンタはよォ」
2016/05/20 11:00
片手で布団を敷きながら宗平が問うた。
2016/05/20 17:00
二人は娘に連れられて、蒸風呂へと向かった。
2016/05/21 11:00
うっすらと汗の玉が浮かび上がっていた。
2016/05/21 17:00
裸同然の女が二人、入ってきた。
2016/05/22 11:00
手ぬぐいを外した娘は、それで宗平の背中を擦りだした。
2016/05/22 17:00
「背を誰かに磨かれるのは、初めてか」
2016/05/23 11:00
「咎めているわけでは無い。聞いているだけだ」
2016/05/23 17:00
「ああ、畳の上は久しぶりだなぁ」
2016/05/24 11:00
「人がよさそうに見えると、言ったんだ」
2016/05/25 11:00
「法師は、祓いを求める者がいないかと街中をうろつくものだ」
2016/05/25 17:00
問いかけに、汀は首を振った。
2016/05/26 11:00
「奥のお部屋で、お待ちですよ」
2016/05/26 17:00
「孝明の酌で飲むのは、どれくらいぶりだろうかなぁ…………」
2016/05/27 11:00
「答えぬ方が、楽しみが増すでしょう」
2016/05/27 17:00
「戯れの言葉に、そう過敏に反応をするな」
2016/05/28 11:00
冷やかしとは別の小さな高揚が浮かび上がった。
2016/05/28 17:00
「商売の刀を打たないとは、どういう意味合いで――?」
2016/05/29 11:00
「詮索はするなと、いう事か」
2016/05/29 17:00
「おれも、刀が欲しい」
2016/05/30 11:00
「俺が、会いに行っていた相手だ」
2016/05/30 17:00
「どれ、腰に差してやろう」
2016/05/31 11:00
「それすらも、私の指示だと言ったらどうする」
2016/05/31 17:00
長親の目が新しい玩具を見つけた子どものように光った。
2016/06/01 11:00
「このような男が友であったのならば、さぞ面白かろう」
2016/06/01 17:00
「処世術として、必要なことだと教わらなかったのか」
2016/06/02 11:00
「得体が知れねぇだろう」
2016/06/02 17:00
「みんな、領主様の屋敷に行くのか」
2016/06/03 11:00
孝明は薄く笑んだだけで、何も答えなかった。
2016/06/03 17:00
「それは、ひょっとして桃李紐なんじゃないか」
2016/06/04 11:00
飽くことなく周囲を見回している汀の姿に頬を緩めた。
2016/06/04 17:00
「この先に、河原がある。そこの脇の林で野営をしねぇかい」
2016/06/05 11:00
「用心棒としての、初仕事ってぇワケだな」
2016/06/06 11:00
右の男の首を峰で打ち据えた。
2016/06/06 17:00
「死んじゃいねぇから、連れて帰って介抱してやんな」
2016/06/07 11:00
はっと何かに気付いた宗平が高い声を上げた。
2016/06/07 17:00
今はおとなしく孝明にならって頭を下げている。
2016/06/08 11:00
どのような状態であっても、良家の子息であったということか
2016/06/08 17:00
池の前に立つと手のひらで菓子を砕いて撒いた。
2016/06/09 11:00
「大名は妖を飼っているという話を、聞いたことは無いか」
2016/06/09 17:00
宗平の耳に、自嘲気味な孝明の声が届く。
2016/06/10 11:00
「孝明も、同じなのか」
2016/06/11 11:00
近習としたいところだが、どう思う
2016/06/11 17:00
「汀の迎えが、来たのかもしんねぇな」
2016/06/12 11:00
手を伸ばして汀の腕を掴み抱き上げた。
2016/06/12 17:00
「異形になり空でも飛んだか?」
2016/06/13 11:00
宗平は「わけが、わからねぇ」とつぶやいた。
2016/06/13 17:00
10
「何故、ここにいる」
2016/06/14 11:00
「孝明が出来るんなら、おれにも出来るだろう」
2016/06/14 17:00
川遊びに興じて村の子ども社会に溶け込んでいった。
2016/06/15 11:00
そうだなと納得をして、その事を意識から外した。
2016/06/15 17:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

先代勇者は隠居したい(仮題)

ちょっとエッチな中学生、社勇(やしろゆう)は、中学二年の夏休みに異世界へと召喚された! そこは剣と魔法のファンタジー世界! 自分を呼び出した可愛い姫のために戦い//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全183部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 22:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 07:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全185部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 21:00
異世界コンサル株式会社(旧題:冒険者パーティーの経営を支援します!!)

・幻冬舎様より、なろう初の「ビジネス書」として書籍化されました! ・7月12日に発売。電子書籍も同時発売。読売・毎日新聞朝刊に広告掲載! 「もう、冒険者やめた//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全721部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 12:15
チート薬師の異世界旅(旧題:神様?チート異世界転移で薬師旅)

宇宙外生命体との交渉で、異世界に行くことを決めた裕次郎。生きていけるようにサポートを受けて、薬師として過ごしていく。穏やかな日々の中、突然村をハプニングが襲う。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全59部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/11/08 23:50
地龍のダンジョン奮闘記!

 目が覚めると地龍に転生していた主人公。  まあ、成ってしまったものは仕方が無いと地龍生活を謳歌するが、ある時主人公は自分が人間たちにとって極上の素材であること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全268部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 19:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全171部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:00
異世界召喚が多すぎて女神様がぶちギレました【連載版】

 ある日天照大神は思いました。――日本人異世界に拉致られすぎじゃね? それに対し天照大神がとった対策とは……? ※ファミ通文庫様より4月30日に書籍が販売されま//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全149部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 22:27
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1237部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/21 00:00
その者。のちに・・・

とある出来事によって「山」に引き篭もった平凡な町民のワズ。2年後、彼は人との出会いを求めて山を下りる。だが、彼は自分が引き篭もっていた「山」の事を色々と勘違いし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全217部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/15 09:41
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
陶都物語~赤き炎の中に~

岐阜の片田舎に、ひとりのおっさんが転生した。おっさんが現代知識を生かして幕末の美濃から雄飛する!! この物語はフィクションです。 作者の不勉強で齟齬をきた//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全284部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/29 01:51
異なる世界で生きるために

 秋の連休を趣味全開で満喫しようといそいそと出かけた最上真也は駅に着いたときに大規模召喚に巻き込まれて異世界に飛ばされてしまう。気が付いたら一人で草原に寝ていた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全60部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/01/23 19:00
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:17
次期魔王に雇われたが何かがおかしい

長きにわたって繰り広げられていた人族と魔族の戦争終結後、収入減を覚悟していた冒険者ザイツは街道で一人の女魔族と出会い、護衛兼人族領域のガイドとして雇われた。――//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全201部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/30 12:13
異世界で『賢者……の石』と呼ばれています

 魂だけになって輪廻転生の輪をぐるぐる回っていたら、異世界を作った新米女神にクジ引き感覚で輪廻転生の輪から引っこ抜かれた主人公。  唖然としてたたずむ魂に女神が//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 17:48
ギルドは本日も平和なり

アスカレア王国には、四つの冒険者ギルドが存在する。その中の一つ、冒険者の町タウーレンに存在する冒険者ギルドは、四つの中でも最も忙しいギルドである。 そんなギルド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全206部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 17:26
ポーション、わが身を助ける

高校生の主人公、八雲楓(やくもかえで)は、獣人やモンスターのいる知らない土地で目を覚ました。 目を覚ます直前の記憶が無く、一緒に持ってきたリュックサックの中に入//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/10 18:23
職場で借りパク勇者に絡まれていますけど、私にはケット・シーがいるから頑張れます

女の癒しはやはり猫!  王立人材斡旋所の職場。チサは猫の妖精ケット・シーを机の中でこっそり飼っている。チサの敵は王都から左遷されてきた、借りパクの常習犯・元勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全43部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/14 21:01
大薮新平 異世界にふしぎな踊り子として召喚され

(※異世界へ召喚されたが、スキルはド○クエでいうと『ふしぎな踊り』のみというお話)異世界へ召喚されたらしい。何故? しかしもこの地は内乱中。手には武器のひとつも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/12/27 09:00
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 12:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う

自他共に認める自動販売機マニアである彼は、交通事故から自動販売機を守って死んだ。 そこで人生を終える筈だった彼が目覚めたのは、自然豊かな湖畔だった。 何が起こっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全277部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/13 12:00
異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます

現代日本の大学生である佐藤四季(サトウシキ)はある日突然通り魔に襲われ、目が覚めると異世界の迷宮都市に飛ばされていた。そこで治癒魔法に目覚めた彼は、怪我を治癒魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全83部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 19:07
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全151部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 21:59
軍師は何でも知っている

あらすじ 榑井幸人(くれいゆきと)は死の間際に願った。 次に生きる時があるならば、他人の事が分かる人間になりたい、と。 しかし、次に幸人が目を覚ましたのは戦//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全104部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/07 01:19
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全772部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:19
フレイム王国興亡記

 通勤途上で買ったコーヒー片手に、気付いたら異世界トリップしていました。 『えっと……私、別に勇者でもなんでもないんですけど……』  ただのリーマンだった主//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全197部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/10 00:00
ダークエルフに転生したけど魔力を持て余す

 辺境の森に追いやられたダークエルフの一族は、人族への復讐のため闇王の儀により一族の子供に強大な力を与え、新たな魔王としようと目論んでいた。  しかしその副作用//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/21 22:04
俺に異世界にいく資格はあるのか?

 就活に失敗・・・。面接の時に面接官の男に言われた「たいした資格もないのに」との一言が、俺の魂に火をつけた。俺は、その悔しさをバネに、ありとあらゆる資格取得に挑//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全128部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/13 18:45
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

本条楓は、友人である白峯理沙に誘われてVRMMOをプレイすることになる。 ゲームは嫌いでは無いけれど痛いのはちょっと…いや、かなり、かなーり大嫌い。 えっ…防御//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全190部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/21 00:00
ちょっとした、文化の違い

彼は転生をした。ちょっとしたリスクはあったものの、自分の望んだチート付き。しかもその世界には魔法があって、いわゆる一夫多妻が許可される世界。つまりは、ハーレムを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全57部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 18:43
異世界転移バーテンダーの『カクテルポーション』

 俺の名前は、夕霧総。年齢は二十三。  職業は、バーテンダーだ。  たとえここが剣と魔法、魔物と亜人種、科学と神秘が混在する異世界だとしても。  たとえ『ポーシ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全367部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 01:55
寄生してレベル上げたんだが、育ちすぎたかもしれない

異世界の神が行った儀式に巻き込まれ、鳥海栄司は異世界に転移してしまう。儀式を行った異世界の神は転移に際し栄司の可能性の具現化であるクラスを引き出そうとするが、普//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 19:00
↑ページトップへ