挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

恋心編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/75

4月14日(月)

 月曜日という曜日がこんなに楽しみだったことはなかった。一昨日、昨日と彼女に会えなかったから、早く月曜日が来てくれと思っていた。
 今日もいつもの場所で待っていると、定刻通りに7時30分発の八神行きの電車が到着した。
 扉が開くと、そこには彼女がいた。こちらを向いて立っている彼女の姿を見て、二日間会えなかった寂しさが一気に吹き飛んだ。
 今日は彼女の左隣に立つ。
 左手で吊革を掴んでいるので、右手はフリーだけど……特に彼女に変なことをするつもりはない。そんなことよりも、僕にはやるべきことがあるだろう。
 その”やるべき”こと……それは彼女への告白だった。土曜日ぐらいから告白をどうするかを考えるようになっていた。直接口で言えれば一番良いんだけれど、彼女と会えるのは満員電車の中での15分間だけ。そんな中、声に出して告白したら周りに聞こえちゃうわけだから、恥ずかしくてたまらない。
 そんなことで悩んでいるうちに、電車は弓部駅に向けて減速していく。
 しかし、半ば急ブレーキのような感じで止まったため、彼女が右側から僕の方に寄りかかる形に。その時、僕の右手が彼女の左手に触れた。
「あっ」
 と、僕は小さく声を上げてしまい、慌てて右手をズボンのポケットに突っ込む。周りが少しざわついていたから、彼女には聞こえていないだろう。
 今、物凄くドキドキしている。先週のハプニングとは比べものにならない。直接肌と肌が触れ合うことって、こんなに刺激的なことだったんだ。
 彼女の方をちらっと見てみると、彼女は正面を向いていて無表情な顔をしていた。手が触れるくらいでは動揺しないのかな。女子にとって、当たって恥ずかしいのは胸の方なのかもしれない。
 そして、鏡原駅に到着すると彼女は電車から降りていったのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ