挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

特別編-The Valentine’s day in 2017-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

60/75

2月14日(火)-前編-

特別編-The Valentine’s day in 2017-


 年明けになると、僕の通う八神高校も、栞の通う天羽女子高校も3年生は数日ある登校日を除いては自宅学習となっている。
 寒い日が続いており、時々、雪が降る日もある中、僕と栞は大学受験に臨んでいる。
 1ヶ月前に実施されたセンター試験は僕も栞もそれなりの点数を取ることができた。大手予備校の予想結果によると、滑り止めの私立大学については共に余裕で合格判定。第1志望の国公立大学については、僕は安全圏内、栞はボーダーライン上という感じ。
 私立大学のセンター利用試験、そして2月に入ってからは私立大学の一般試験が受け続けている。
 滑り止めの大学については、栞と幾つか違う大学を受験しているけれど、同じ大学の同じ学科については今のところ全て合格できている。今のところ、良い流れに乗れているので、来月上旬の第1志望の大学の試験まで繋げたいところ。
 お互いに登校日ではなく、試験日でなければ、基本、僕と栞はどちらかの家で一緒に勉強をしている。今日、2月14日もそうだ。
「栞、次はこの問題をやってみようか」
「うん」
 栞が苦手としている数学の勉強をしている。滑り止めの私大では必要ないところが多いけれど、本命の国公立大学では必要になる。栞の場合、数学さえそれなりにできるようになれば、ボーダーラインよりもずっと上にいけるんじゃないかと思っている。
「ねえ、悠介君。この問題が解けたら……口づけしてくれる?」
「もちろん」
 去年の年末辺りから、問題を解くことができたら口づけをする方法を取り入れたところ、栞の勉強の効率がぐんと良くなった気がする。もちろん、教える僕にとっても凄くためになっている。
「……口づけの前払いをしてくれると、もっと早くできるかも」
「本番では速さも重要だけれど、まずは確実に解くことが大事だよ?」
「……口づけ、したくないの?」
 栞は甘えた声で僕にそんなことを言ってくる。
「それに、この問題を解いたら……ちょっと休憩しない? 今日は、その……バレンタインデーだし、悠介君にチョコをあげたいから……」
 そういえば、今日は2月14日。バレンタインデーだった。試験が続いていたからあまり意識していなかったな。ということは、
「それに、今日はルゼちゃんの誕生日だし!」
「……そ、そうだったね」
 そう、栞も僕も好きなアニメ『ご注文はねこですか?』の主要キャラクターのルゼちゃんの誕生日なのだ。
 そういえば、去年のバレンタインデーは日曜日だったから、栞と一緒にアニメ系のお店に行ったな。ゴールデンウィークのような温かさだったことも覚えている。
「たまには休憩も必要だよ。この問題を解いたら、ごちねこのBlu-ray観ようよ! チョコケーキを食べながら!」
 ごちねこ……ああ、『ご注文はねこですか?』のことか。
「そうだね。じゃあ、早く観られるように頑張ろうね」
「うん!」
 今は午後3時前だし、今日ぐらいはちょっと多めに休憩してもいいだろう。もちろん、この数学の問題が解けない限りは休憩させないつもりだけれど。
「じゃあ、口づけをお願いします」
「……しょうがないな」
 目を瞑ってしまっているので、口づけをしなければ勉強は再開しないだろう。
 僕はいつもよりもちょっと長めに栞と唇を重ねた。
「はい、じゃあ……この問題を頑張って解きましょう」
「……う、うん」
 そう言いながら、栞の目線は数学の問題集には移らず、僕のことを向き続けられている。
「……何だか、今日はいつもより口づけがないよね。バレンタインデーだから? チョコを渡していないのに、お返ししてくれた気分だよ……」
「……ホワイトデーの時には受験も終わっているだろうから、その時にはたっぷりとお返しするよ。だから、今は数学の問題を頑張ろうね」
「うん、分かった!」
 おお、今日一番のやる気に満ちた顔だ。これは早く解けそう。
「じゃあ、まずは自力でやってみようか。できるところまででいいから」
「うん!」
 そう言って、栞は数学の問題を解き始めた。この問題の難しさなら、自力で解けるのが理想なんだけれど、果たして栞は1人で解くことができるかな?
 栞のノートをちらっと見てみると……うん、なかなかいい感じ。考え方の方向性は合っている。あとは、その考え方を用いて解を導き出すことができるか。
「ううっ、できない……」
 考え方は合っていたんだけれど、計算ミスをしてしまって答えを出すことができなかった。
「ちょっと無理そう? 考え方は合ってるよ。計算の途中から間違ってる感じ」
「……どこから間違ってる? そこを教えてくれるかな。自分で解きたい」
「分かった」
 僕は解答と栞のノートと見比べて、間違っている箇所を見つける。
「ここかな」
「結構初めの方だね。これじゃ解けないわけだ。ここまでは合っているんだね?」
「うん。そこまではバッチリ。あとは計算をきちんとやれば答えを出せると思うよ」
「分かった。頑張ってみるね。間違ったら、その時に言ってもらってもいいかな?」
「了解」
 さて、これで答えに向けて一歩前進かな。
 解答を見ながら、栞のノートを見ていくけれど、間違いをしたポイントを指摘したからか、栞は間違いをすることなく最後まで解くことができた。
「うん、これでOK。考え方は合っていたから、あとは計算ミスをしないように気をつければ大丈夫になると思うよ。同じような問題をこなして慣れていこうか」
「そうだね。ありがとう、悠介君」
「この問題はほぼ自力で解いたじゃないか。凄いよ」
 分からないと泣かれたことが随分と遠い昔のように感じる。よくここまでできるようになったなぁ、と僕はちょっと感激している。
「じゃあ、問題も解けたからご褒美の口づけをお願いします」
「……よく頑張ったね」
 僕はさっきよりも更に長く栞と口づけをする。
 すると、栞は気持ちが段々と興奮してきたからなのか、僕のことを抱きしめてなかなか唇を離そうとしない。
「んっ……」
 栞からそんな声が漏れる。最近、たまにこういう風に口づけをするようになった。本人曰く、たまにこのくらいしないと受験勉強の疲れが取れないとのこと。
 そして、ようやく唇を離したときには栞の顔は真っ赤になっていた。

「じゃあ、バレンタインデーのプレゼントを持ってくるね」

 そう言って、栞は部屋を出て行った。
 バレンタインデーのプレゼントか。チョコと言っていないので、ちょっと期待してしまうけれど。楽しみにして待つことにしよう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ