挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

逆・恋心編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/75

4月23日(水)

 今日もいつもの午前七時二十七分発、各駅停車八神行きを待つ。もちろん、先頭車両の一番後ろの扉が止まる場所で。
 電車が到着すると、最後に乗って扉のすぐ近くに立つ。
 今日も電車は定時に出発した。
 この電車が鳴瀬駅に到着するとき、彼はいつもの場所で待っていてくれるのかな。私の我が儘を詰まった手紙を読んで、嫌気が差さなければいいんだけれど。
 でも、そんなことに悩んでいる時間はなくて、あっという間に鳴瀬駅に到着してしまった。
 そして、いつもの場所に彼らしき人がいた。そう言ってしまうのは、その人はメガネをかけていないから。
 ただ、扉が開くとその人が彼であることがすぐに分かった。その途端、頬が熱くなった。メガネを外した彼はとてもかっこよくて素敵だったから。
「お、おはようございます」
「……おはようございます」
 彼は私と向かい合うようにして電車に乗ってきた。普段でさえも緊張しちゃうのに、彼の告白があって、私が手紙を渡した後だから更に緊張する。精一杯頑張って彼のことを見るけれど、すぐに逸らしてしまう。
 ただ、彼から離れたくなかったから、彼の着るブレザーの袖をずっと掴んでいた。
「……私のお願い、聞いてくれたんですね。嬉しいです」
 鳴瀬駅の隣の畑町駅を出発したくらいで、ようやく彼にお礼を言うことができた。
「思った通り、メガネを外しても素敵ですね。とても格好いいと思います」
「……あなたの想像通りで良かったです」
「今はコンタクトをしているんですか?」
「いえ、全くの裸眼です」
「じゃあ、私の顔はちゃんと見えていますか? 見えなければもっと顔を近づけても良いですけれど……」
「こんなに近いんですから、ちゃんと見えてますよ」
「そう、ですか……」
 ちょっと、がっかり。もっと彼の顔を近くで見ていたいから。
「メガネをかけているときは優しそうな人に見えましたけど、外すと結構クールな感じに見えますよね。も、もちろん話すと優しい人だって分かりますよ」
「僕がクール、ね……」
 彼は苦笑いをした。どうやら、彼はクールと言われることが意外だったみたい。
「えっ、私、何か変なことを言ってしまいましたか?」
「いえいえ、そんな。ただ、人ってそんな簡単なことで、印象をがらりと変えることができるんだなと思って。僕、クールなんて言われたこと、今までなかったですから」
「そんな! クールに見えますし、かっこいいですし、話すと優しいし、だからきっと今まで何度も……あっ」
 そこで言葉を止めた。告白されたことあるんですよね、って言いそうになっちゃったから。彼からの告白の返事ができていない今、告白ということは口に出してはまずいと思ってしまったから。気まずい空気ができちゃう気がして。でも、既に今も何とも言えない感じにはなってしまっている気がするけれど。
 そんなことを考えていると、彼は突然、私の頭を優しく撫でてくれた。
「……あなたのペースで大丈夫ですから。僕はいつまでもここで待ってます」
 彼はいつもの優しい笑顔でそう言ってくれた。その言葉は本心であることは、彼の笑顔はもちろんだけれど、優しく撫でられていることからでも感じ取れる。
 待ってくれるという私の我が儘を受け入れてくれることはとても嬉しいけれど、それと同時に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
「……ごめんなさい」
 彼だけに聞こえるような小さな声で私は謝った。
 そんな私の今の謝りをどう受け取ったのか、彼は更に優しい笑みを見せてくれる。彼の優しさが深すぎて、嬉しさよりも分からなさの方が強い。
「気にしないでください。元々、僕から切り出したことなので。直接でも、手紙でも僕は待ってます」
「……はい」
 それでも、彼の笑顔には笑顔で応えたくて。必死に笑顔を見せるけれど、彼にはきっと作り笑顔だなって思われているんだろうなぁ。
『間もなく、鏡原、鏡原。お出口は左側です』
 今日も彼女過ごせる時間が終わりに近づいている。彼と一緒にいられるこの15分間は本当にあっという間。
「また明日、ですね」
「……そうですね」
 そして、電車が鏡原駅に到着すると、私は彼に手を振って電車から降りた。
 去って行く八神行きの電車を見ながら思う。
 彼に早く気持ちを口で伝えたい。その勇気が欲しい。他にも方法はいくらでもあると思うけれど、あの電車の中で私の口で伝えたい気持ちだけは揺るがなくて。
 彼は笑顔を見せてくれているけれど、きっと寂しい気持ちだって抱いていると思う。私が返事をいつまでも言わなかったら、彼の寂しくて苦しい気持ちは膨らんでいくだけ。そんなの、絶対に……いやっ。
 ――神様、どうか私に彼へ気持ちを言える勇気をください。
 自分で掴むものであるのは分かっているはずなのに。私は願ってしまうのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ