挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

逆・恋心編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

46/75

4月18日(金)

 今日もいつもの午前七時二十七分発、各駅停車八神行きを待つ。もちろん、先頭車両の一番後ろの扉が止まる場所で。
 電車が到着すると、最後に乗って扉のすぐ近くに立つ。
 そして、電車は高津田駅を出発する。
 まだまだ告白をする勇気は出ないけれど、今日も彼と話して楽しい時間を過ごしたいなと思っている。少しずつ、彼との心の距離を縮めていきたいなと思う。
 高津田駅を出発してから三分後、今日も鳴瀬駅に到着する。ホームにはもちろんいつもの場所に彼が立っていた。
 扉が開くと嬉しい気持ちが湧き上がってきて、今日も彼に小さく手を振った。
「おはようございます。今日はちょっと暑いですね」
 普段は第一ボタンまでかけているけれど、今日は外している。それだけでもかなり涼しく感じる。
 彼も暑いと感じているのか、普段と違って頬が赤くなっていた。額は汗ばんでいて、ちょっとだけ疲れているように見える。
「ちょっと顔が赤いですよ? いつもよりも呼吸が荒いというか」
「あ、ああ……今日はちょっと寝坊しちゃいまして。駅まで走ってきたので、それで疲れちゃって。昨日は僕から「明日も話そう」って言ったじゃないですか。その言葉を破りたくなくて」
 しまったな、と言わんばかりの笑顔を彼は浮かべていた。
 私のために一生懸命になって走ってくれたことが、とても嬉しかった。彼の優しさを今一度知ることができて。そして、彼の中で、私の存在が確かなものになっていたことが分かって。
「真面目なんですね。……嬉しいな」
 私がそう言うと、彼の口角が上がった。
 今日は昨日見たテレビ番組の話になった。偶然にも、昨日同じ番組を見ていたから話が弾んだ。彼と共通の楽しみがあると分かって、何だか嬉しくなった。
『間もなく、鏡原、鏡原。お出口は左側です』
 ああ。楽しい話をしていたら、今日も彼との十五分間があっという間に過ぎちゃった。何で楽しい時間ってこんなにも短く思えるんだろう。
 これで月曜日まで会えなくなると寂しいけれど、月曜日を楽しみにしよう。
「あっ、もう降りないと。じゃあ、また月曜日に――」
「待って」
 いつも通り、ここですんなりと下車するつもりだったけれど、今日は違った。
 彼が私の手をそっと握ってきたのだ。そんな彼の行動に驚いたことと、手を握ってきたことでのドキドキで頬が熱くなる。
「どう……したんですか?」
 彼に問いかける。どうして、あなたは今、私の手を掴んでいるのか。あなたは私に何をしたいのか。
 すると、彼はブレザーのポケットから、二つ折りになっている白い紙を取り出し、それを私に握らせてきた。そんな彼はとても真剣な表情をしながら私のことを見つめている。
「……鏡原駅に降りて、電車が発車したら読んでください。それまでは絶対に読まないでくれますか」
「え、ええ……分かりました」
 そう言うしかなかった。突然のことで何が何だか分からなくて。それに、もうすぐここを降りなければいけないし。
「じゃあ、また月曜日に」
 鏡原駅に停車すると、私は彼にそう言って電車を降りた。
 ホームに立ったまま、八神行きの電車が見えなくなるのを待って、彼が私にくれた紙切れをそっと開いてみた。他の誰にも見られないように。

『好きです。僕と付き合ってくれませんか』

 手書きで書かれていた、彼の想いが詰まったシンプルな言葉。
 それを見て、紙切れを持つ手が震えた。持っている部分に皺ができた。
「私と同じ気持ちだったなんて……」
 とても驚いた。一目惚れをした人が自分のことを好きだったなんて。
 でも、そんな気持ちはすぐに嬉しい気持ちへと変わってゆく。そして、その嬉しさはやがて、幸せな想いへと変わっていった。
 気付けば心も体もドキドキしていて。こんなにドキドキしたの、生まれてから初めて。想いを伝えられるってこんなに強い力を持っているの?
 このまま、今抱いているこの幸せな気持ちに浸っていたい。
 けれど、それではいけない。告白されたからには彼に告白の返事をしなければいけない。もちろん、彼と付き合いたいのが私の気持ち。
 でも、どうやって伝えよう。彼と会えるのは電車の中だけだし、口で返事をするにも周りの人に聞かれちゃうだろうから恥ずかしいし。
「どう、しようかな……」
 とても幸せな悩みは深みを増していく。そんな悩みの所為か、今日の授業はまともに聞けなかったのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ