挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

逆・恋心編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

45/75

4月17日(木)

 今日もいつもの午前七時二十七分発、各駅停車八神行きを待つ。もちろん、先頭車両の一番後ろの扉が止まる場所で。
 そして、電車が到着すると、最後に乗って扉のすぐ近くに立つ。
 高津田駅を出発した途端、胸がドキドキしてきた。昨日、私のことを見つめてきた彼がどんな想いを抱いていたのかが気になって。その想いが私と少しでも重なっていたら嬉しいけれど、そんな夢物語が本当にあるのかな。あるといいな。
 やがて、鳴瀬駅に到着すると、今日もいつもの場所に彼が立っていた。扉が開くや否や、私は彼に向かって小さく手を振った。
「おはようございます。今日もお話ができますね」
「また明日って毎日言っているじゃないですか」
 彼は微笑みながらそう言ったけれど、彼の放つ言葉にちょっとショックを受ける。また明日、って言ったのはまずかったかな。会わなきゃいけないって思わせちゃったかな。
「ご、ご迷惑でしたか?」
 彼が気負いしてしまうようなことは言わないようにしないと。
「そんなことないですよ。その……嬉しいです」
 彼は優しい笑顔をしてそう言ってくれた。その言葉が彼の本心であることもすぐに分かった。
「……良かった」
 ほっと胸を撫で下ろしたところで、電車は鳴瀬駅を出発した。
 その瞬間、彼は可愛らしく欠伸をする。
「寝不足ですか?」
「……ええ、今日提出の課題に時間がかかっちゃって」
 欠伸をしたところを私に見られたからか、彼ははにかみながらそう言った。きっと、深夜まで勉強をしていたんだ。偉いなぁ。
「私はまだ課題が出されたことはないなぁ」
「羨ましいです」
「八神高校は結構な進学校ですもんね。難関大学にも合格しているんですよね。そんなところだと、スタートダッシュも凄いんですね」
「それは特進クラスの話ですよ。僕のいる普通クラスはそんなに厳しくないですって」
 そうは言うけれど、それは彼だからなんじゃないなぁ、と思ってしまう。
「へえ。眼鏡をかけているので、てっきり特進クラスの方だと思いました。勉強できますって感じがしますから」
 真面目で、優しくて、頭のいいまさに優秀な高校生って感じがする。それに、かっこいいし。才色兼備って言葉が彼のような人のことを言うと思う。
 そんな彼のことについて気になることはまだまだある。
「そういえば、部活はどこか入ってますか?」
「……ど、どこにも入ってないですね。仮入部期間に面白そうな部活を回ったんですけど、どこも入る気にならなくて」
 運動部でも文化部でも活躍しそうな気がしたけれど、まさかの帰宅部。今の話を聞くと彼が何に興味を持っているのかも気になるかも。
「そういう人もいますよね。私のクラスでも何人かいますよ」
「そうなんですか」
「ちなみに私は茶道部に入部しています」
 いつかは彼のためにお茶を点てたいな。今はまだ全然上手じゃないけれど。
「茶道部ってことはお茶を実際に点てるってことですか?」
「そうですね。茶道に興味があったのと、あとは……甘いお菓子が食べられるのに惹かれちゃって」
 自分で言ってみてちょっと恥ずかしいな。何だかお茶よりもお菓子の方が一番の目当てのような気がして。
「……何時か飲ませてください。あなたの点てたお茶を」
 彼は私のことを見つめながら、そんなことを言ってくれた。嬉しいな。部活の方で一つ、大きな目標ができた。
「去年の文化祭で茶道部がお茶を出していたので、きっと今年の文化祭でも飲めると思いますよ」
「……そうですか」
 そう言う彼の笑みはちょっとだけ寂しげだった。文化祭は半年後くらいだから、ちょっと先過ぎたかなぁ。
 でも、初心者も同然の私が今すぐに彼にお茶を点てることなんてできない。それに、彼のために出すのなら、上手くなってから彼に味わわせたい。
『まもなく、鏡原、鏡原。お出口は左側です』
 今日もあっという間に鏡原駅のすぐ近くまで来ちゃったんだ。誰かと話していると時間があっという間に過ぎていく。もっとこの時間が続けばいいのに。
「あっという間ですね、本当に」
「そうですね。明日もお話ししましょう」
「……うん。そうしましょう」
 今日は彼の方からまた明日、と言ってくれた。明日も会えるんだと思うと今から嬉しくなってしまう。本当に私、彼のことが好きなんだな。
 そして、電車が鏡原駅に到着し、私は降車した。
 一人になって、駅の改札を出たところで思う。
「そろそろ、気持ちを伝えることも考えてみようかな……」
 今の彼との関係でも楽しく話はできる。けれど、恋人同士になったらきっと、もっと彼といられる朝の十五分間が楽しくなると思うし、もしかしたらそれ以外の時間にも彼と一緒にいることができるかもしれない。できるのなら、もっともっと彼と一緒にいたい。
 彼に告白をすること。ちょっとずつ考えていくことにしよう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ