挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

恋人編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/75

5月1日(木)-後編-

 僕に会えない。会わない方がいい。
 栞からのメールに僕はどう返事をして良いのかずっと考えていたため、授業も板書を写すだけの作業となり、内容は全く覚えていない。
 結局、栞に電話もメールもすることなく、あっという間に放課後になってしまった。
「どうすべきか……」
 会わない方がいい、という言葉がある以上……会いたいという僕の気持ちを伝えることを躊躇ってしまう。
 でも、この言葉には本当は僕と会いたいという気持ちが込められているようにも思える。だけど、何かをきっかけにして僕と会わない方が良いと思っているような気がする。
「こうなったら、一か八かだな……」
 僕はスマートフォンを取り出して、

『何があったのか分からないけど、僕は栞のことが好きだし、栞と会いたい。鏡原駅の改札前で待ってるから、一緒に帰ろう』

 という内容のメールを栞に送った。
 栞に何があったのかは分からないけれど、このまま何もしなければ栞に苦しい想いをさせてしまうだけだ。それなら、せめても僕が栞に会いたい気持ちを伝えた方が良いだろう。そうすることで栞の気持ちが変わるかもしれないし。
「よし、鏡原駅に行くか」
 栞は茶道部に入っているけれど、活動がなければ下校して潮浜線に乗ってしまっている可能性も考えられる。
 僕は八神高校の校門を出ると、八神駅まで走る。走って数分の距離でも、運動部の人間ではないので到着したときには息苦しくなっていた。
 そして、潮浜線に乗って鏡原駅に向かう。時間は約十五分。
 鏡原駅に到着し、改札を出たときの時刻は午後四時になっていた。天羽女子の制服を着た女子が改札を通っていく姿が見受けられる。
「もう、帰っちゃったかな……」
 栞からの返事がないので、帰ってしまったのかどうかは分からない。部活があるならあと二、三時間待てば会えるから良いけれど、茶道部が何曜日に活動しているのかは聞いていない。先週の金曜日に栞と放課後に喫茶店に行ったから、金曜日にはないっていうのは分かるんだけど。
「とりあえず待ってみるか」
 会える確証はないけれど。でも、改札は一カ所しかないから、まだ帰っていなければ確実に栞と会うことができる。
「悠介、こんなところで何してるの?」
 まさか、と思って後ろを振り向くと、そこには亜実が立っていた。
「亜実こそどうしたんだよ」
「潮浜線に乗ろうとしたら悠介の姿が見えたからついてきた」
「別に声をかけてくれて良かったのに」
「だって、何だか物凄く疲れてそうだったから声かけづらくて……」
 数分ほど、全力疾走に近い走りをしたからなぁ。鏡原駅に到着してやっと落ち着いた感じだったから、亜実が声をかけづらかった気持ちも分かる。
「ていうか、ついてきたのか」
「うん。悠介はここで誰か待ってるの?」
「ああ。僕の彼女だよ」
「あっ、昨日会えなかった女の子だね。まあ、今日の様子からしても今日も会えなかったみたいだけど」
「……ご名答」
 本当に栞に何があったのか。僕に会えないと思うほどだから、相当なことに出くわしてしまったのだと思う。
「ねえ、あたしも会ってみたいから一緒に待ってもいい? それに、一人でじっと待っているよりも退屈しないで済むでしょ」
「そうだな」
 会いたいって言うのだから提案を受け入れる他はない。
 しかし、亜実と一緒にいる光景を見たら栞はどう思うだろうか。今の栞だと変な勘違いをしてしまう可能性は十分にありそうな気が。その時には本当のことを話せば良いだけなんだけど。
「彼女の名前って何ていうの?」
「日高栞」
「へえ、可愛い名前だね」
「名前に負けず劣らず可愛い女の子だぞ」
「その栞ちゃんって女の子にベタ惚れなのが一瞬にして分かったわ」
 まあ、栞のことが大好きだからな。一目惚れからベタ惚れになりますよ、そりゃ。また、栞の嬉しそうな顔を見たい。
「ここで待っているってことは天羽女子に通っているんだ」
「そうそう、よく分かったね」
「まあ、鏡原駅が最寄りの高校で思い浮かぶのはあそこだしね。あたし達が済んでいる地域の女子なら一度は考えるところだよ。きっと、悠介のところも」
「じゃあ、亜実も天羽女子に受験するかどうか考えたわけだ」
「ま、まあ……あたしは早くから八神を第一志望にしてたから、あまり考えなかったかな」
 自分は違うからか、亜実は少し恥ずかしそうにそう言った。
 僕の中学でも、天羽女子に受験するか悩む女子は結構いたな。それなりの偏差値の私立高校だから第一志望にしたい女子もいたし、滑り止めで受けるという滅茶苦茶頭の良い女子もいたな。
「天羽女子に通っているってことは電車の中で出会ったってこと?」
「ああ、そうだよ。入学してすぐだったかな」
 亜実、僕と栞の話を掘り下げようとしているみたいだ。
「そういえば、栞は高津田駅が最寄り駅って言ってたな。確か、亜実も同じ駅じゃなかったか?」
「そ、そうだね。でも、知らない名前だから学区が違うのかも」
「そっか」
 そういえば、亜実とは一度も朝の電車で会ったことがないな。亜実は朝礼のチャイムの直前に来ることが多いから、乗っている電車が違うのかな。
「何だか栞ちゃんが羨ましいな」
「えっ?」
「だって、同じ電車に乗ったことをきっかけに惹かれていったわけでしょ? それってありそうでなかなかないことだと思うから素敵だなって……」
「正直言って、運命を感じたよ」
 こんな好きな人に出会うことは二度とないと思ったくらいだから。
「でも、そんな栞ちゃんと昨日から会えてないんだ」
「ああ、そうなんだよ。誰にも話さなかったけれど、実は今朝……栞から僕とは会わない方が良いんじゃないかってメールが送られてきて……」
 僕は今朝、栞から送られてきたメールを亜実に見せる。すると、今まで面白がって訊いていた亜実の表情もさすがに複雑なものに。
「これはショックだね。じゃあ、昨日会えなかったのも……」
「これが原因だと思う」
「栞ちゃんが悠介と会わない方が良いと思う原因って分かってるの」
「いや、全く検討がつかなくて。一昨日デートをしたんだけど、本当に楽しそうだったから心当たりが全然ないんだ」
「へえ……」
「それで、一緒に帰ろうってメールを送って、ここで待っているんだ」
「ふうん……」
 亜実はあまり浮かない表情をしている。
「……会えるとは限らないんじゃない?」
「もう帰っちゃったかもしれないし、今日は栞の入っている部活があるかもしれないから終わる時間まで待とうかなって」
「そっか。本当に栞ちゃんのことが好きなんだね」
 早く会いたいって気持ちも強いけれど、栞と会える可能性があるなら何時間でも待つつもりだ。それに、栞に会うことが彼女の心を救う最良の方法であることを信じているから。
「ねえ、悠介」
「ん?」
「……今のあたし達の姿を見たら、あたし達ってどう見えるのかな。もしかしたら、恋人同士だって思われちゃうかなぁ……なんて」
 亜実は頬をほんのりと赤くしながらそう言った。
「見られるかもしれないね」
「ふえっ」
「どうしたんだよ、変な声出して」
「いや、まさかそういう風に言うとは思わなくて……。ていうか、彼女がいるのにそういうこと言って良いものなの?」
 何をあたふたしているんだか。
「恋人に見えるかどうかっていうのは僕達が決めることじゃない。それに、栞も僕達を見てそう思ったとしても、僕達は中学時代からの友人だっていう事実を伝えればいいだけのことなんだから」
「……そうだよね。そういえば良いだけだよね」
 そう言う亜実の笑みは作り笑顔のように見えた。
 そして、僕と亜実は栞のことを待ち続けるが、栞の姿が僕達の前に現れることはなかった。午後六時を過ぎて部活が終わったからか、天羽女子の生徒が再び多くなったのだが、栞を見つけることはできなかった。
「栞ちゃん、結局来なかったね」
「そうだな……」
 今日はもう帰って、また明日……会えるかどうかトライした方が良いかもしれない。
「ねえ、悠介」
「うん?」
「……もう、諦めた方が良いんじゃない?」
 今の言葉を態度でも表しているかのように、亜実の表情は妙に冷めていた。
「諦める?」
「うん、だって……会えないっていうメールがあったんだよ。悠介君が会いたいっていうのに、全然反応がないし。栞ちゃんを苦しめないためにも、彼女の言うとおり……諦めた方がいいんじゃないかな」
 そう言って、亜実は改札の方に歩いて行く。
「とりあえず、今日は帰ろうよ」
「……ああ」
 何故だろう。亜実の後ろ姿が亜実じゃなく見える。
 全く分からなかったあのメールが送られた理由を考えた時、ふと、灯台もと暗しという言葉が頭をよぎった。
 そして、その晩……今までのことを思い返すと、その言葉通りの一つの仮説が出来上がるのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ