挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

恋人編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/75

4月29日(火・祝)-前編-

 午前十一時。
 僕は今、鳴瀬駅の八神方面のホームに立っている。どうして僕がここにいるかというと、昨晩、栞から突然、

『午前十一時五分に鳴瀬駅に到着する電車で来るから、いつもの場所で待っていてね』

 というメールが来たからだ。
 また、栞の行きたいところは鳴瀬駅の隣にある畑町駅の近くにあるらしい。畑町駅には何度も降りたところはあるけど、駅周辺はそれなりに店が集まっている。もしかしたら、栞は僕と一緒に行きたいお店があるのかも。
『まもなく、一番線に各駅停車、八神行きが参ります――』
 さあ、栞が乗っている電車が間もなくやってくる。こうして、休みの日にデートをするのは初めてだから緊張するな。
 そして、僕の前に八神行きの電車がやってきた。
 扉が開くと、そこには――。
「おはよう、悠介君」
 白いワンピースに身を包んだ栞が僕の方を向いて立っていた。
「おはよう、栞。服、似合ってるね。可愛いよ」
 白いワンピースもそうだし、羽織っている水色のカーディガンが爽やかな印象を抱かせる。栞らしい服装だと思う。
「ありがとう。悠介君も似合ってるよ。とってもかっこいい」
 栞は頬を赤くして、僕のことをちらちらと見ながらそう言った。
 そして、電車は畑町駅に向かって走り始める。
「昨日はごめんね。一緒に帰ることができなくて」
 ちゃんとした理由があったけれど、昨日の放課後のことは直接謝っておきたかった。
「ううん、気にしないで。クラスメイトに勉強を教えていたんでしょう?」
「ああ。明日提出の宿題を一緒にな」
 そうは言うけど、実際には七、八割は僕が解いた。あいつ、本当は僕に全てやらせる気だったんじゃないか? まあ、終わったことだし別にいいけれど。
「でも、悠介君に頼んでくるなんて。その女の子って入学前から知り合いだったの?」
「ああ。受験の時に通っていた塾で出会って、それ以来かな……」
「そっ、か……」
 栞はそう呟くと、少し寂しそうな笑みを浮かべた。
 僕は手を栞の頭の上にそっと乗せる。
「ふえっ? ゆ、悠介君……」
「……今、僕は栞の彼氏で、栞は僕の彼女なんだ。だから、安心して」
 今日、栞が僕とデートしたいって思った理由の一つが、今の笑みなのだろう。昨日、僕が電話したときもきっと、今と同じ気持ちを抱いたんだ。
 僕は栞の手をそっと握る。
「今日は一緒にたくさん楽しもう。僕、栞の行きたいところがどこなのか、ずっと楽しみにしているんだ。早く、栞と一緒に行きたいな……」
 そう、今日は栞と一緒に楽しむんだ。昨日、一緒に帰れなかったことがどうでも良くなってしまうくらいに。
 栞は僕の言葉に答えるように、僕の手をしっかりと握り返す。
「私も今日は悠介君と一緒に楽しみたい。昨日、悠介君と一緒に帰れなくて、他の女の子と一緒にいると思うと寂しい気持ちになっちゃって。心配させてごめんね」
「栞と一緒に帰れなくて寂しかったのは僕も同じだよ。だから、今日は一緒に楽しい時間を過ごそう」
「うん!」
 栞は嬉しそうな笑顔を見せた。この笑顔を見ていると、昨日の寂しさがあっという間になくなる。心が安らぐ。ずっとその笑みをすぐ側で見せてほしいと思う。こう思えるのは栞しかいない。
 そして、電車は畑町駅に到着した。
「さあ、行こう!」
 僕は栞に手を引かれ、電車を降りる。
 今日は栞の行きたいところに行く予定になっている。そこがどんなところなのか今からワクワクする。
 僕の手を引く栞の手を、今一度しっかりと握るのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ