挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

恋人編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/75

4月28日(月)-中編-

 午後三時半。
 今日も授業が終わり、後は下校のみ。鏡原駅から鳴瀬駅まで、栞との十五分を過ごすつもりだ。
 そういえば、ゴールデンウィークに栞と行きたい場所を考えていたんだけど、迷いに迷ってあまり絞り込めなかった。
「さてと、帰るか……」
 終礼も終わって教室を出ようと席を立ったときだった。
「悠介」
 と、クラスメイトの篠宮亜実しのみやあみが僕の目の前に立つ。
 亜実とは高校受験の際に通っていた予備校で出会った。日本人には珍しい金色の髪をしていて、純粋な日本人だと知ったときにはかなり驚いた記憶がある。彼女はそんな金髪の髪を後ろで纏めている。いわゆるポニーテールという髪型だ。
「どうかした?」
「……あ、あのね。悠介」
 そう言って、亜実は少しもじもじしている。彼女らしくないな。
「どうしたんだよ、亜実らしくない」
「い、いや……その。勉強を教えて欲しいなと思って」
「勉強か……」
 高校受験の時には予備校の自習室で結構教えていたのに、どうしてこんなに遠慮がちに言うんだろう。
「やっぱり、駄目かな。悠介は彼女いるもんね……」
「……あれ、お前知っていたのか?」
 僕、まだ誰にも話していないんだけど。
 でも、亜実は僕とは最寄り駅は違うけど潮浜線ユーザー。朝の電車で僕と栞が一緒にいる場面を見かけたことがあるのかもしれない。
 なるほど、彼女がいる僕を呼び止めてはまずいと感じているのか。
「亜実は僕に教えて欲しい?」
「……うん。分かりやすいから。それに教えて欲しいことが、明後日に提出しなきゃいけない数学の宿題で……」
「ああ、あれか。そういえば、亜実は数学は苦手な方だったな」
 亜実は文系科目は得意だけど、理系科目の方は頑張って平均点ぐらいだからなぁ。高校の数学も、苦手な人にとってはそろそろ難しく感じる内容になってきた。
「じゃあ、宿題を一緒にやるか」
 僕もやってなかったし。この際だから一緒にやって終わらせてしまう。
 亜実は僕の答えが意外だったのか驚いて、そして申し訳なさそうな表情を見せる。
「でも、いいの? 彼女さんと一緒に帰るんじゃなかったの?」
「そうする予定だったけど、困っている人をほっとけないよ。大丈夫、今からこのことを言うから。亜実は僕の席でも、自分の席でもいいから準備しておいて」
「……うん、ありがとう」
 亜実は嬉しそうに笑った。
 僕は廊下に出てスマートフォンで栞に電話をかける。
『悠介君、どうしたの?』
「栞、ごめん。今から学校で友達に勉強を教えることになって。今日は一緒に帰れそうにないんだ」
 僕がそう言うと、栞はため息交じりにそっかぁ、と呟いて、
『……ちょっと残念。でも、それは大切なことだよ。勉強を教えてあげて』
「ああ、分かった」
『その代わり、明日……私とデートしてくれる、かな? 私、今日はずっと考えてて……悠介君と一緒に行きたいところがあって』
「良いよ。楽しみだ」
 明日、栞に会えることになって心が弾む。
『ねえ、悠介君』
「うん?」
『……友達って男の子なの? もしかして、女の子?』
 声だけだけど、栞の不安げな様子が伝わってくる。僕も栞と同じ立場だったら、勉強を教える相手が異性だったらどうしようかと不安になる。だからといって、嘘を付くつもりはない。
「女子だよ。でも、そいつはただのクラスメイトだから。だから、安心して。そいつには勉強を教えるだけだから」
『……うん、分かった。じゃあ、私は家に帰るね』
「すまないな。明日のデート、楽しみにしてる」
『……うん。私も楽しみ。じゃあ、また明日ね』
「ああ、また明日」
 そして、栞の方から通話を切った。
 最後までちょっと残念そうな感じだった。今朝の別れ際に今日も一緒に帰る話になったのに、それを破ってしまったから。
 でも、明日……栞とデートをすることになったんだ。先週の金曜日以上に、明日は二人の時間を一緒に楽しもう。今のことで抱いてしまった不安を無くせるくらいに。
 そのためにも、まずは亜実と一緒に数学の宿題を終わらせることにしよう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ