挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

The Connection-H&H-

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/75

4月24日(木)-Another Eyes-

 悠介が別の高校の女の子を抱きしめ合っているのがはっきりと見える。
 あの女の子も悠介のことが好きらしいけど、先に好きになったのは絶対にあたし。あたしの方が悠介のことをたくさん好きだって想ってる。
 それなのに、どうして悠介はあの子の方に行っちゃうの? あの子を見て惹かれるものがあったの? それって、あたしには無いものなの?
 悠介を幸せにできるのはあたししかいないの。だって、あたしが一番悠介のことが好きだし、愛してるもん。
 なのに、どうして、どうして……。
 どうして、あの子の彼氏になっちゃうの! 
 確かに、あの子は可愛い顔をしていると思うよ。笑ったときの顔だって、頬を赤くして悠介のことを見ているときの顔だって可愛いけれど。そんなところに悠介が惚れたのかもしれないけれど……。
 それでも、悠介にはあたしが一番良いの!
 欲しいよ、悠介が欲しいよ。悠介があの子と一緒にいるのを見ると毎日辛いよ。胸が締め付けられちゃうよ。
 どうすれば、悠介をあたしの彼氏にできるんだろう。こんな状況なのに好きだって告白しても絶対に断られるに決まってる。
 正面からぶつかっても駄目なら、それ以外の方法を考えるしかない。
 ……そういえば、あの子って鏡原駅で降りる。それに、あの制服って……天羽女子高校のものよね。

「……そっか、そうすればいいんだ」

 いいこと、思いついちゃった。思わず笑い声が漏れてしまう。これなら上手くいく。最高の方法じゃない。
 悠介、待っててね。あたしがあの子よりも絶対にあなたを幸せにするから。


恋人編に続く。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ