挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
片道15分の恋人 作者:桜庭かなめ

恋心編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/75

4月7日(月)

 高校生活、という言葉だけで不思議と胸が高鳴る。
 中学の時は数人の男子達と駄弁っているのが主だったけど、それなりに楽しかった。
 きっと、高校でも同じような感じになると思う。勉強をそれなりにやって、あとは友達と適当に遊ぶ日々。ガイダンス期間だった先週の間に、無事にクラスメイトの何人かと友人になることができた。僕にとっては上々な高校生活の幕開けだ。
 そして、今日から授業が始まる。いよいよ本格的な高校生活がスタートする。
 最寄り駅である鳴瀬なりせ駅にて、七時三十分発、潮浜しおはま線の八神やがみ行きの電車を待っている。その場所は決まって先頭車両の一番後ろの扉。ここに拘る理由は特にないけれど、気付いたらいつもここにいる。
 私立八神高等学校に通う僕の降りる駅は、終点の八神駅。ここ、鳴瀬駅からは約三十分かかる。満員電車には慣れていないのでまだまだ辛いけれど、好きな音楽を聴きながら乗り切るつもりだ。
 午前七時三十分。定刻通り、八神行きの電車が到着する。
 鳴瀬駅にも会社や学校があるため、降りる客もそれなりにいる。僕の乗ろうとしている扉からも学生やサラリーマンなど数人が降車した。
 そして、僕が乗車したときだった。
 僕の目の前に、見たことない制服姿のとても可愛らしい女の子が立っていた。黒髪のセミロングヘアが清楚なイメージを持たせる。目はパッチリとしていて、見つめられたらきっと虜になってしまいそうなほど魅力的だった。
 僕の胸の辺りが頭だから、背は大体160cm手前くらいだろうか。女子の中では平均的な方だと思う。スタイルも一般的な学生……という感じだ。
 と、ここまでで約数秒。
 何やっているんだ、僕は。例え数秒でも、女の子をじっと見ていたら変に思われるだろ。
 扉側に振り返ると、すぐに電車が動き出した。
 ――ガタン。
 まるでその音が引き金だったかのように、段々とドキドキしてきた。
 今、僕の後ろに立っている黒髪の彼女の顔が頭から離れなくなったのだ。電車の速度が上がっていくに連れて、彼女の可愛らしい顔が鮮明になっていく。
 本当に彼女は可愛いんだ。
 中学までの同級生や、高校でのクラスメイトの女子にも可愛い子はいる。けれど、恋人にしたいと思ったことは一度たりともなかった。恋愛感情を抱かなかった。
 でも、今の感覚は今までに味わったことのないものだ。彼女のことを思う度に、その感覚は強まっていく。僕にとって、彼女はそんな存在なんだ。
 たった一度見ただけで、胸が高鳴る。彼女に心を奪われそうになる。おまけに、彼女のこと考えると顔が熱くなる。きっと、頬も赤くなってる。
 あの一瞬で、僕がどうなってしまったのか。それは分かりきっていた。
 ――僕は彼女に一目惚れしたんだ。
 それを自覚したときには、終点である八神駅のすぐ近くまで走っていて、彼女の姿はなかったのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ