挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パンデミック・マン 作者:ですの

エピデミック編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/65

第八話 エピデミック・ドライブ

三上はアクセルを踏み込み続ける。
高速道路には乗り捨てられた車が所々に放置されていた。

「三上さん、こんな道の中でそんなに飛ばしちゃ危ないです」

「ダメだって結花ちゃん! 絶対追ってきてる!! 逃げなきゃ、もっと遠くへ!」

三上は興奮気味に助手席に座る大町に言葉を返す。
大町は防護服に防護マスクを装着していた。少し窮屈そうだ。

「どこに向かうんですか?」

「空港、それしかない!」

「飛行機たぶん飛んでないと思いますけど……」

三上はそれ以上は答えず、運転に集中する。

道路上を走るものは、三上達の乗る車以外には無かった。
時刻は間もなく正午を回ろうとしてた。

「……ねぇ三上さん、お腹空いたし少し休憩したいです。防護服着てると身体が凝っちゃって」

「わかったよ、仕方ないから一旦下道に降りる。食料手に入れられそうな施設を探そう」

三上達を載せた車がインターチェンジを下っていく。
一般道も彼らの車以外に動くものは無かった。

三上は唇を強く噛み締める。

「三上さんがいくら責任を感じても、もう仕方ないですよ。起きちゃったものはどうしようもないんですから」

「そうは言っても、いざ自分で現状を視ちまうと……」

「私達ですら予測できなかったんです。こんなの止められるはずが無かったんですよ。むしろ、私の方が責任を感じてます。こんな事になるリスクを知っていながら、それでも研究を辞めなかったんですから。気に病むことはありませんよ」

最初の事件が起きてから一か月が経った。
外気は日に日に暖かさを増し、にわかに春の訪れを知らせていた。

車は静かな街中を淡々と進む。
すると近くにコンビニが見えてきた。

「結花ちゃん、あそこで何か無いか探してみるよ」

「……いや、大丈夫です。見て下さい、窓が全部割られてます。多分もう中には何も無いと思います」

コンビニだけでは無かった。
道路沿いにある建物の多くが荒れ果てていた。

「……こんな事になっても道路は走れるようになってるのを見ると、日本人は思いやりの民族だなって改めて思えますよ」

大町が呟くようにそう言った。

「きっと自衛隊が整備してたんだろ。色々大変だったろうに」

「でも、なんかミスマッチですね。折角だし私達でハチャメチャに道路荒らしちゃいましょ。バーって」

「何言ってんだよ絶対ダメだよ。まだ生き残ってる人たちがいたら、その人たちにとってハチャメチャに迷惑でしかないぞ」

「すみませんつい悪戯心で」

三上は運転しながら、これまでの事を思い出していた。
あの始まりの日の出来事や、運び込まれた施設での日々。

「一体どうしてこんな事に……」

三上達を乗せた車は食料を探して街中を走り続けていた。
※2017/01/14
表現の一部と誤字脱字の修正をしました。
一部加筆しました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ