挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パンデミック・マン 作者:ですの

エンデミック編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/65

第六話 エンデミック・ブレイク

三上は施設内に運び込まれて直ぐに様々な検査をさせられた。

休む間もなく彼は周囲から隔離された部屋に連れられ、パイプ製で安い作りの椅子に座らされ手錠で繋がれた。

そして今、三上は防護マスクをした人物と対峙している。
お互いに何も話さない。

顔は隠れていて見えない。シルエットから察するに、どうやらこの人物は女性らしかった。

女はただ黙って三上の事を視ていた。

長い沈黙が続く。

(……なんだよ! なんで何も言わないんだこいつ! 通じないからか? 日本語わからないからか!? だったらここに呼ぶなよ! 気まずい!)

三上は意を決する。

「は、ハロー……」

「……」

「へ、ヘイ! スピーク!! スピークトゥミィ!! ファッック!! ユーアーファック!!」

「……」

三上は英語検定四級の実力者だ。

「お、おおおおい!! 何か話せよ!!」

すると対面の女がようやく話し始めた。
何かを質問されているようだ。三上のヒアリング能力でそれを理解することは出来なかった。

英検四級、三上の英語が再び炸裂する。

「オーケー。アイキャントアンダースタンド、ワッチューセイイング! イエア! ヘルプ!! アイニージュヘェルプ!!」

すると女は少し笑い声を上げた後、三上に話しかけた。

「通訳、呼びましょうか?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ