挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

王都生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/303

59話 動き出した聖教会

 魔人グルーシスは、森の巡回中に突然の念話を受け混乱した。

「ん? どうかしたのか?」

 仲間達、警備隊の隊員達が、口々に心配してくれる。
 気のいい奴ら。自分が魔人だなどと、疑う事も無い。何時しかグルーシスにとっても、彼等は本当の仲間のような錯覚を抱かせている。

「何でもない」

 そう応えて、彼等を安心させた。
 何でもないなんて、どんでもないのだが。
 今受けた念話の内容。

(グルーシス! こっちは緊急事態だ。もしもの時は、今後の行動はお前の判断で行え!
 今から戦になる。勝てたら再度連絡する。それまでは、お前の自由だ!)

 何かが起きているのは間違いない。
 魔王カリオンのあれほど慌てた"声"は初めて聞いた。相手は誰だ?
 何も判らない事がもどかしかった。
 どうする? 判断を仰ぐにも、手段は無い。
 それから何度も念話を試してみたのだが、相手が出る事は無かった。
 仲間達へ動揺を悟られぬよう気を配りながら、グルーシスの心は不安に塗りつぶされていく。





 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





 魔王クレイマンはその報告を受けて喜色の表情を浮かべた。
 カリオンの説得に向かわせたミリムであったが、何故か戦闘になったようだ。
 それはいい。確かに、言いなりにならぬのならば邪魔な魔王は少ない方が良いのだから。
 報告者によると、圧倒的な戦闘力を持ってカリオンを制し、王城もろとも吹き飛ばしたとの事。
 報告者フレイは、優雅にお茶を飲みながらそう述べた。
 フレイ以外の子飼いの魔人も、密偵として放っていたのだが皆同様の報告を告げている。
 疑う余地は無かった。
 魔王カリオンは死んだ。そして自分は、あの強者であったカリオンすら問題にもしない"絶対的な力ミリム・ナーヴァ"を手に入れた事になる。
 魔界を統べる十大魔王。
 その内、自分を含めた3名が一つに纏まり、1人は消えた。
 しかも、絶対的強者を脅しとして用いるにも、魔王カリオンの最期は良い宣伝となるだろう。

「クックック。これは、全て良好な流れになってきました。計画通りです」
「あら? そうなの? 私もお役にたてている様で嬉しいわ」

 心の篭らない賛同の言葉を述べながらフレイが立ち上がった。

「私は帰るけど、ミリムはどうするの?
 戦闘で気が立っていたみたいで、世話をしようとした魔人が八つ裂きにされてたわよ?」

 ッチ。っと顔を顰め、フレイを見るクレイマン。

「貴方が世話をすれば良いでしょう。何しろ、お友達なのでしょう?
 任せます、連れて行って下さい。私の城まで壊されてはかなわない」

 その言葉を聞き、やれやれと首をふるフレイ。

「私のお家も壊されたくは無いのだけれども? まあ、言っても無駄なのでしょうね?」
「判っているようで、何よりです。行っていいですよ!」

 その態度は既にフレイを同格と見ていない。
 配下の者に対するものであった。
 フレイはその事に不快さを表す事もなく。クレイマンを冷たい視線で一瞥し、その場を後にした。

 フレイが去ったのを確認し、クレイマンは笑みを浮かべた。
 全ては順調であった。
 全ては"あの方"の計画通り。
 予言を実行するような確かさとまではいかないが、起きる物事に対して適切に事象は進行していた。
 当初の予定では、オークロードを新たな魔王に指定し、その後ろ盾となるという理由を元に魔王達を操る計画だった。
 利害を一致させ、発言の統一を目論むだけの計画。失敗しても損失は無い。
 だが、怪しい魔物の出現と、その魔物が作った町。それを知るなり、その事を利用するよう計画の修正を行った。
 利害の一致という餌はそのままに、その魔物達を餌とする計画に。
 食いついたのが、最も力ある魔王だったのは幸いだった。
 クレイマンは立ち上がり、周囲を多重結界で遮断する。
 そして、いつもの様に、定時報告を行うのであった。
 信頼すべき相手。
 自らが忠誠を誓う、真なる主へと……





 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





 警備隊に参加してからというもの、ミュウランの毎日は多忙を極めた。
 彼女の呪術師シャーマンとしての職務は、それ程忙しい訳では無い。たまに物好きな者が呪術を教えてくれ、と言ってくるぐらいのものだ。
 簡単な呪いならば、教えてやっている。元々、魔人になる前は魔女だったのだ。人の使える呪文を教えるなど、容易い事であった。
 忙しいのは、もう一つの職務、参謀職の方である。
 そもそも、新参の自分が参謀という時点で、間違っていると思うのだが…。
(魔人を信じるなんて、お人好しにも程がある!)
 言葉にすると、そういう感じであろうか。
 部隊への指示や、町の魔物達との打ち合わせ、そして隊長への報告等。全てを彼女がこなしていたのだ。
 いい加減にして欲しいと思うのも無理は無い。
 けれども、そういう不満と同時に、満たされる思いもあった。
 久しぶりに人と交わり、忘れていた感情を思い出して。
 そして、

「ミュウラン、いいだろ? そろそろ返事を聞かせてくれ!」

 自分に言い寄る男。ヨウムを見つめ返す。
 最初、警備隊に潜入した時に視線を感じていた。
 バレたのかと警戒していたのだが、グルーシスは何も感じていないと言う。
 どういう事だ? と窺っていると、視線の主はヨウムだった。目が合うと、気まずげに視線を逸らしたのだ。
 しかし最近、態度だけでなく言葉でも言い寄って来るようになった。
 曰く、

「好きだ。付き合ってくれ! 絶対に幸せにする、約束するから!」

 直球であった。
 普段は軽薄そうな態度なのに、根は真面目なのか。未だに手を出して来ていない。
 まだ若い乙女であった頃、遥か700年も前の話。その頃の事は良く思い出せない。人と交わった思い出も無い。
 正直、彼女にとって恋愛というものは、経験した事の無い未知なる体験なのである。
 喜びよりも不安が大きい。それに…

(幸せにすると言ったって…。私の心臓はクレイマンに握られているというのに。
 出来る訳、無いじゃないの! それに……
 すぐに死んじゃう人間が、どうやって私を愛せるというのだ?)

 結局、彼女は返事を先延ばしする。
 断ってしまえ! 理性がそう告げるのに、何故か断る勇気が持てなかった。
 魔人になってから400年。こんなにも不安な気持ちになったのは初めての経験である。
 そんなミュウランに、クレイマンからの念話が届いた。

 魔人ミュウランにとって、クレイマンは忠誠の対象では無い。
 可能ならば寝首を掻く事も辞さないだろう。ただ、あの油断ならない魔王に、そういった隙が出来るとはとても思えなかったけれども。
 前回の報告時、異様に上機嫌になったクレイマンの事を思いだし、不快になる。
 何かまた悪辣な事を思いついたのだろう。そう思ったのだ。
 残念ながら、彼女には逆らう術はないのだ。表立って逆らわない事しか出来る事は無い。
 誰かが不幸になったとしても、自分が救われる訳では無い。不快な気持ちになるのは自然な流れであった。
 そんな彼女に突然念話が届く。

(元気そうですね。貴方の齎した情報の御蔭で、此方は非常に順調です。
 素晴らしい働きでした。
 貴方から預かっている心臓ですが、そろそろお返ししても良いか、そう思えてきました)

 突然の申し出であった。
 ミュウランは心が浮き立つのを感じる。だが、慌ててはいけない。
 相手は魔王。平気で配下の者すら騙す、性悪な人形傀儡師マリオネットマスターなのだ。

(は! ありがとうございます!)

 無難に返事をする。

(警戒しなくても宜しい。なあに、最後にもうひと働きお願いすると思います。
 それまでは、のんびりと生活を楽しんでおいて下さい。それではまた)

 一方的に告げて、念話は途切れた。
 これは罠だろうか? だが、確かめる事は出来ない。
 今までもそうであったように、自分に出来るのは命令に従う事のみ。
 だけど、もしも本当に開放して貰えるのならば……

(私は、彼を受け入れる事が出来るのだろうか?)

 不安と、若干の期待を胸に、ミュウランは何事も無かったかのように行動を再開する。





 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





 坂口日向ヒナタ サカグチは微睡むような眠りから目覚める。
 甲斐甲斐しく彼女の世話を焼くように、ニコラウスがコーヒーを入れて運んでくる。

「おや、お目覚めになられましたか?」

 ニコラウス・シュペルタス枢機卿。
 神聖法皇国ルベリオスの唯一神聖不可侵たる法皇の懐刀であり、西方聖教会の実質上の頂点に君臨する男。
 その彼が、ヒナタに対してだけは、まるで子犬のように忠実に懐いてくるのだ。
 昨夜もベットを供にして、一晩中相手をさせられた。
 飽きる事無く、身体中を舐めまわす彼を見やり、
(本当、犬みたい…)
 そうヒナタは思ったものである。
 彼は、ヒナタを崇拝している。
 まるで、女神か聖女でもあるかの如く。バカな男だ、ヒナタはそう思う。
(私だって、食事も摂れば排泄もする。年を取れば、当たり前だが老化するのだ。
 何時までも美しい身体という訳では無いのに。この男は、幻想を見ているだけなのだ)
 彼が彼女の身体を望むならば与えよう。安いものである。
 この身体にそれ程価値があるとは思えないが、彼が望むなら好きにすればいい。
 彼女にとって、自らの身体であれ、懐柔の手段に過ぎない。等しく価値は無い。
 当然、彼女にも肉欲はある。不感症という訳でもないのだ。だからと言って、それが何だというのか?
 好きでも無い男に身体を許す事も何とも感じないけれども。だが、嫌いな男に身体を許す事は無いだろう。
 つまりは、
(結局、私もニコラウスを嫌ってはいない、そういう事か?)
 彼女にもその辺りは理解出来ていない。それが実情なのだ。

「さあ、朝食の用意が出来ましたよ。お食べになるでしょう?」

 ふと、おかしさが込み上げてくる。
 ニコラウスが、人の為に朝食の用意まで行うなど、誰にも想像も出来ないだろう。
 普段の彼を知る者は皆、ニコラウスの事を聖者の仮面を被った、傲慢で酷薄な男と評するのだから。

「ああ、貰うよ。ありがとう」

 ヒナタが何気なくそう声をかけると、ニコラウスは嬉しそうに頷いている。
 二人で朝食を食べた。
 久しぶりに、美味しいと思える食事だった。

「そうそう。貴方に報告があったのですよ。先程、密偵が齎した情報です」

 食事を終えて寛いでいると、ニコラウスがヒナタに話しかける。
 彼女の気を惹きたくて仕方ないと言わんばかりに。
 ヒナタは、自慢の黒髪を左右に手串で梳きながら、ニコラウスを見詰めた。
 机の上に置かれた丸眼鏡を手に取り、装着すると、

「聞こうか」

 簡潔に問いかける。
 そこにいるのは、"法皇直属近衛師団筆頭騎士"であり、聖騎士団長の肩書きを持つ麗しき麗人。
 普段の落ち着きと、冷徹さを表情に浮かべている。
 寛ぐ時間は終わったのだ。

 ニコラウスの伝えて来た情報。
 ジュラの大森林の魔物達の騒乱と、魔物による町の建設。
 そして、一部の国が魔物達との交易を開始した、という報告。

「なんだと? 魔物は人類共通の敵という教会の考えを根本から覆す事になるな……」

 ヒナタの呟きに、頷くニコラウス。

「その通りです。どう致しますか?」
「ふむ…。そうだな…」

 ヒナタは思案する。
 叩き潰すのは容易い。しかし、そこに大義が無ければ人心は離れる事になる。
 せめて、人と交流する前であれば、叩き潰してしまって終わりに出来たものを…。

「今は様子見しか出来ないな。
 ただし、その町の戦力の調査と、それを潰せるだけの戦力の確保を!
 教会としては、どこからか要請があるまでは動けない。
 まあ…、要請が無ければ要請せざるを得ない状況を作り出すだけだがな…」

 そう結論を下す。
 その発言を聞き、ニコラウスは頷いた。

「子飼いの者に調べさせましょう!
 教会の"血影狂乱ブラッドシャドウ"を動かしてでも!」

 血影狂乱ブラッドシャドウとは、騎士崩れ。高い戦闘能力を有するが、一般人をも殺害するイカレタ殺人鬼。
 神と法皇と教会にのみ、その忠誠を誓う数名の狂信者。
 だが、その腕は超一流であり、教会としても処分出来なかった者達であった。
 ヒナタにとっては虫唾の走る、頭のオカシイ存在である。
 合理主義者たるヒナタにとって、神を妄信するなど愚かさの象徴でしかない。
 そんなヒナタが神の正義の守護者なのは、盛大な皮肉であったが。

「そう? じゃあ、お願いするわ。精々、やり過ぎないように躾は忘れないでね」

 まだ動ける段階ではない。
 情報収集は任せよう。それに、何らかの切欠を作れるかも知れないし。
 そう考え、決断した。

 結果として、血に飢えた狂犬は解き放たれたのだ。
 びっくりするくらい、書くのに時間がかかりました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ