挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

王都生活編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/303

46話 国の名前と二つの条約

 町も大分綺麗になってきた。
 俺の普段の努力の賜物であろう! 口しか出してないがな……!
 そんな事はこの際どうでも宜しい。
 俺が拘った点は、トイレ,水周り,虫除け,そして、風呂! である。
 最初の3つは日本式。蚊帳の代用に蜘蛛糸を加工し、網戸まで作らせたのだ。
 最初、木で便座を削り出してきたのだが、それは使い物にならないと変えさせた。
 和式である。木の便座なんて、掃除が大変だろう。腐るし。
 しかし、流石ドワーフ。器用なモノであった。
 便座関係以外は大きな失敗も無く、順調に製作していったのだ。
 ここで役に立ったのが、『思念操作』である。『思念伝達』が進化したスキルなのだが、同じように使う事も出来た。
 なので、俺の思い描いた事を伝えるのが容易だったのである。
 絵や言葉では伝えにくい事も、想像イメージをそのまま伝達する事により、簡単に相手に伝わった。
 蛇口を捻ったら水が出る! そんなイメージも伝えたが、流石に無理であるようだ。
 水の高位魔石を用い、空気から水を作る装置があるそうだが、かなり高額な上に嵩張るそうだ。
 また、魔石の交換で金がかかりすぎ、軍事目的などでも使えないとの事。
 本当に、一部の大金持ちだけの設備なのだそうだ。
 俺達にはそこまでの余裕は無いので、あるモノで何とか考えて代用していく。
 まあ、水道関係は今後の課題で実現は出来そうもないのだけどね。
 代用として、各家や水場に設けた桶に水を補給し、そこから水を出す仕組みを作り上げた。
 トイレと同様、最初に水を補給したら、蛇口を捻ると水が出るように出来たのだ。
 流石、カイジンに、ミルドである。言ってみるものだ。
 そして、魔物達に、水場を清潔に保つ事を徹底させ、手洗いうがいも癖付けた。
 魔物に雑菌がつくのかどうか知らないし、無駄になるかもしれないのだが、一応念のためである。
 カイジンによると、冒険者達は初期に〈浄化魔法〉の使い手を仲間にするか、自分で覚えるそうだ。
 長旅で不潔になるのをこれで何とかするらしい。
 とは言え、上位者でなければ気休め程度のようだけれど。
 そして、蚊帳。
 森であるだけに、流石に虫が多い。そういったものを防がないと、虫刺され等でも大変な痛みなのだ。
 俺は大丈夫だったが、ホブゴブリン達は痛そうにしていた。
 そこで、俺の発案で作成したのだ。
 後は、虫除けの結界を用意したいが、ドワーフ達では作れない。
 人間の町に行って買って来なければならない。お金も無いのだけどね。
 3人組バカに買って来てくれ! と頼んだ事があったのだが、

「無茶言わないで下さい! 滅茶苦茶高価なんですよ!」
「それにぃ、町を覆える程って、どんだけ必要か判らないですぅ!
 町を覆うなんて、王都くらいのものですよ!」
「リムルの旦那、お金があっても、運搬も大変ですぜ?」

 という事だった。
 遊びに来るのはいいが、来ても役には立たない奴等である。
 最も、シュナとは仲がいい。
 良く一緒に料理したり、裁縫道具を買ってきてやったりと、親しくしているようだった。
 アイツ等のように、お客がやって来てもいいように、長屋も用意してあった。



 魔物達も人間並に出生率が落ちている。
 そうした事を踏まえ、結婚制度をどうするか思案しないといけない。
 ゴブリンやオーク、そしてリザードマンも強い者が好きな相手を選ぶ権利を有するとの事。
 種族的により強い子孫を残す為の慣わしなのだろう。
 ここで問題となるのが、一夫多妻を認めるかどうか。
 旦那が亡くなった女性等なら、認めてもいいとは思う。鬼人達は、誰とでも子供を作れるそうだが、作らないと言っていた。
 魔素をごっそり奪われて、回復しない場合があるのだとか。
 ベニマル曰く、

「リムル様くらいのもんだぜ?
 名付けだけでも魔素が回復しない事あるから、魔王達ですらホイホイ名前付けないんだぜ?」

 との衝撃発言!
 おいおいぃ!!! ばんばん名前付けまくってるし! 今更そんな事を言うなよ!
 よく今まで魔素が回復してくれていたものである。
 今後は慎重に名付けも考えないといけない。しかし、回復するのが当たり前と思ってたし、大丈夫という確信もあったんだけどね。
 子供も2種類あるそうだ。
 種だけ授けるパターンと、本気で作るパターン。
 前者だと自分の能力をある程度受け継いで生まれて来るが弱い。後者は、強力に全ての能力を受け継ぎ生まれて来るらしい。
 本気で子作りすると、寿命も減るのだそうで、

「俺は独身でいいよ! 別に興味ないし!」

 的な事を言っていた。
 ところで、女性は話が異なってくる。
 強い種以外は拒否出来るのだとか。無理強い出来る時点で相手の方が強い事になるが、姑息な手段での行為など行っても、子供が出来ないのだとか。
 自分の認めた相手だけしか子供を作る権利が無いとの事。
 これは高位魔物や魔人に共通しているらしい。
 ゴブリン達、亜人族デミヒューマンの一種は、そこまでの強制力はなく、人間と変わりない。
 今までは生まれる子の数が5〜10匹とかだったのが、一人二人に落ちただけである。
 子孫を残すという観点から、一夫多妻は有り。ただし、未亡人に限る!
 というルールを設ける事にした。問題があったら変更する予定である。
 月初めに告白式を行い、成立したカップルに家を与える。そういう風習にしていこう。
 独身者は長屋暮らしである。
 まあ、上位の役付きになったら家を持つのも自由だ。
 その辺りは不満の出ないように決めていこうと思う。

 結局、皆の不満を無くすのは不可能だろうけど、俺の判断ジャッジに委ねるという風習が出来たようだった。
 意見が食い違った際、揉め事が起きそうなら俺に判断を委ねてきた。
 とはいえ、長老連中の所で大抵は解決するので、よほどの場合に限る。
 その辺は、皆俺に気を使い、面倒をかけないように心がけてくれているのだ。
 案外、魔物達の方が協調性が高いのが驚きだった。
 社会主義、資本主義、どちらもどちらで言い分があるだろうが、腐敗はどうしても無くならない。
 絶対正しい事を行う王様が治める国。そこでは、王の下で皆が平等になる。
 有り得ない夢物語だ。それでも……
 俺は目指す事にした。
 願わくば、俺が腐ってしまわない事を祈る。もし俺が腐ったならば、その時は誰かに討伐して貰いたいものだ。
 告白式を見ながら、そんな事を考えたのだった。



 さて、町での暮らしも安定し生活の上でのルールも決まって来た事だし、そろそろ人間の町へと行きたいのだが。
 せっかく人化も可能なのだし、堂々と見学に行きたい。
 普通、異世界転生というと、最初に来るべきイベントだろうに、俺は未だに出会った人間の数が少ない。
 ドワーフの町で絡まれた奴等と、シズさん。後は、3人組バカだけではなかろうか?
 そう考えれば1年以上経つというのに、出会った人間は少なすぎる。
 当初の目的であった、"異世界人"に会うというのも忘れてはいけない。
 シズさんの記憶の欠片にあった名前、二人の弟子。神楽坂優樹ユウキ カグラザカ坂口日向ヒナタ サカグチ
 その二人にも会ってみたいけど、坂口日向ヒナタ サカグチってのはヤバイ感じ。
 だが、俺には気にかかっている事があった。何故、優しいシズさんが、坂口日向ヒナタ サカグチを放って置いたのか?
 先輩として、同郷として、導いてやれなかったのか? 会って見る必要があると思う。
 『捕食者』は喰った対象の記憶の一部を引き継ぐが、万能では無い。記憶とはそれほどデリケートなものだからだろうけど。
 一度会って、その辺りの事を確かめてみたいと、前から考えていた。
 3人組が自由組合のギルドマスターに話を通してくれているとの事で、手紙も預かって来て貰った。
 その手紙では、俺に一度会いたいとの事。
 小国の自由組合支部とは言え、ギルドマスターを名乗っているのだ。コネもある。
 一度会い、色々と便宜を図って貰いたい。
 上手く行けば、王都にある自由組合本部の総帥グランドマスターである神楽坂優樹ユウキ カグラザカへの紹介状も書いて貰えるかもしれないしな。
 町も落ち着いて来た事だし、そろそろ俺が居なくても自分達でやっていけると思う。

 そうなると、必要になってくるモノがある。
 そう! お金だ。
 あの3人組は貧乏しているようで、お金は余り持って無かった。期待もしてなかったけど。
 町で野菜の苗も買いたいし、魔石や工芸品等でも珍しい物があるかも知れない。
 俺の持つ"魔鋼"を売ればいいと最初は考えていたのだが、その考えは捨てた。
 理由は簡単。"魔鋼"が希少だったからである。
 自分達の武装を揃えるのにも使用するので、売るのは勿体無いという結論に至ったのだ。
 騎乗武器の開発にも"魔鋼"は欠かせない。形状変化させる事で、斬撃と打突攻撃の使い分けも可能になるし、持ち運びにも便利なのだ。
 大量にあるが、限りある資源。補給出来る目処が立つまでは流出させるのは止める事にした。
 鉄鉱石等は、山岳地帯の一部に鉱山が発見されたので、猪人族ハイオークの鉱夫が定期的に納入してくれている。
 クロベエとカイジンにより、鉄鋼をベースとした武器作成は順調に進められているところなのだ。
 武器や防具は自給自足出来そうだが、魔法武具にする為にも魔石が必要なのだ。
 それに、研究するにも大量の魔石がいる。魔石は人間が精霊工学で加工した物であるらしく、天然物は少ないのだ。
 魔物を倒して手に入る、"魔晶石"というものを抽出し、加工するらしい。
 大規模な工場設備が必要で、本部の自由組合でしか加工出来ないそうだ。
 魔物の討伐時、希に出る"魔晶石"は各支部で集められて中央に送られる。その量で、各支部への支援金の額も決まる。
 そういうシステムになっているらしい。冒険者が魔物を狩るのは、被害を防ぐ目的だけでなく営利目的もあるという事。
 良く出来たシステムである。
 となると、魔石を入手するには、購入しかない訳で……
 ここでもやはりお金の壁に突き当たる。



 そうなると、お金を得るにはどうすればいいだろう?
 自分で働いて稼ぐのは、効率が悪すぎる。
 何か売るにも、野菜関係はまだまだだし、高値で売れるとも思えない。
 武器防具は、自分達で使用する目的以外で売る予定は無い。
 では、何も売れる物が無いのか? 
 実は、ありますとも! こういう事もあろうかと、ガビルに育成させているものがあった。
 そう! ヒポクテ草である!
 ガビルを呼ぶ。

「ガビル君。育成状況はどうかね?」
「ふふふ、よくぞ聞いてくれました! 順調ですぞ! 我輩の努力の結晶ですぞ!」

 そう言って、俺にそっと草を差し出してくる。
 雑草だった。
 俺は無言で、ガビルに向けて『黒雷』を食らわせる。
 なあに、死にはしない。最近、威力調整は完璧だ。

「ぐおぉ! 何をするのですか! 我輩が何か!?」
「バカ野郎! 雑草じゃねーか! お前は一体何を育てているんだ!!!」
「な、なんと! これは失敬! このガビル、少しばかり功を焦ってしまい申した!」
「功を焦ったで済む話じゃないだろ! たく。
 気をつけてくれよ! 大体、あの高密度の魔素の中で雑草を育てるほうが難しいっての!」

 そういう遣り取りはあったものの、概ね計画通り。
 希少植物であるヒポクテ草の育成は、順調に進められたのだ。
 ガビルに草との見分け方を教える事の方が、苦労したくらいである。
 そういうガビルであったが、洞窟内を我が物顔で歩き回り、今では洞窟の主となっている。
 魔物達もガビルを見ると逃げ出す程。
 配下の龍人族ドラゴニュートも個人でムカデに勝てる猛者も出始めて、洞窟内は彼等の領域テリトリーと化している。
 なかなか大した物なのである。決して言わないし、褒めないけどね。
 ヤツは褒めると調子に乗って失敗するタイプだ。俺に似ている。
 似た者同士、良く判る。そうして育成を任せて、結構な量のヒポクテ草が生産されていた。

 カイジンを呼び、ヒポクテ草を見せる。
 隣には量産したヒポクテ草から作った回復薬。鑑定したら"上品質"と出ている。
 天然物と変わらない、良い出来栄えであるという事だ。
 話を切り出す事にした。

「カイジンよ。この回復薬を町で売ったら、いいお金になると思うけど、どうだ?」

 カイジンは少し思案し、

「ふーむ。旦那、難しいぜ。この薬、効果が良すぎるんだよ。
 抽出効果が高すぎる。有り得ない程、完全なんだ!」

 こう言った。
 そして、色々とカイジンから説明を受けた。
 この回復薬は99%の抽出率でそれは完全回復薬と言われる最高位の薬である事。
 普通に抽出したら98%が限界であり、ドワーフの技術力でもそこまでが限界だった事。
 その98%の抽出率で、上位回復薬として高額の薬である事。
 等などである。

「という事は、これを市場に出したら……」

「悪目立ちするであろうな!」

 そう、空から反応があった。
 俺の『魔力感知』に反応は無かったのに!

「久しいな、カイジン! それに、スライム。余、いや、俺を覚えているか?」

 そう言いながら、空から羽の生えた馬に乗って一人の人物がやって来た。
 立派な白馬に翼が生えて、ペガサスだな。地面に着地し、馬から降り立つ人物。
 忘れもしない、ドワーフの王! 英雄王ガゼル・ドワルゴその人だった。

「こ、これは王よ! 何故、え、一体どうしてここへ?
 えええ!!! というか、城を抜け出して来られたのですか!?」

 カイジンは目が飛び出さんばかりに驚いて、うろたえている。
 それはまあ、そうだろう。王が一人、いやもう一人連れているな。二人でここまで来たのだから!
 ていうか、もう一人のヤツ、見覚えあるな……
 あれ! ベスターじゃねーか! 俺達を罠に嵌めようとしやがった…何でここにいるんだ?

「フン! 俺の警護の兵ども、100人もいて、俺が抜け出す事に気付かなかったぞ!
 弛んでおる。帰ったら鍛えなおしよ!」
「い、いや、それは王相手では……」
「ん? カイジン、何か言いたい事でもあるのか?」
「い、いえ! 何も御座いません!」
「そうか? ならばよい!」

 俺の考えを他所に、目の前でそんな遣り取りをしている二人。
 王が抜け出すって、一体どういう事だ!?

 俺達は、場所を移して話をする事となった。
 仮初ではなく、きっちりと新設された中央の建物。この建物に、この町の主要な者の部屋が割り当てられ、執務を行っている。
 その建物にある小会議室に俺達は入っていた。

「で、王よ、これは一体どういう事でございますか?
 ベスター殿まで連れてこられて……」
「おう! いや何、簡単な事よ!
 俺の一存で、立ち入り禁止と言ってお前達をドワーフ王国から追い出したからな。
 俺の方から出向いただけの事。
 ベスターのヤツも、お前達の件の画策の責任を取らせ、王宮への立ち入り禁止を申し渡した。
 で、有能なコイツが遊んでいるのも勿体無い話よ! だから、連れてきた。」
「……」
「だから連れてきた! じゃないでしょう!?
 そんな、王よ! ご理解されているのですよね?
 ベスター殿をここで働かせる御積りですか?」
「む? 駄目か?」
「そういう問題では無く! ベスター殿の技術が流出する事に繋がりませんか?」

 大真面目に言い募るカイジン。
 根が真面目なのだろう、必死に王に問い詰めている。
 対して、王は飄々として聞き流している。前に見せた威厳ある姿は本質ではなく、こっちの姿が本来の彼なのか。
 当のベスターは、何が何だか判っていない感じだった。

「流出…か。お前達が出て行った時点で、こちらは流失しておるわ!
 本当は、お前達を消そうか、そうも考えたのだぞ?」

 一転、ドワーフ王は真面目な顔をしてそう言った。

「王よ、そ、それは…」
「本当の話よ! 結局は止めたがな。俺は無駄な事はしない。
 ベスターを連れてきたのも、ここで働かせてやりたいからだ!」

 その言葉で、ベスターの目に火が灯った。

「お、王よ!」
「勘違いするなよ、ベスター。お前には期待していた。それは本当の話だ。
 俺に仕える事は許さんが、ここで存分に働く事は許可しよう。
 それだけの話よ!」
「王よ、それでは、ドワーフの技術を惜しげも無くここで出しても良いと聞こえますぞ?」

 カイジンが大慌てしだしたが、

「フン。良いか、聞くのだ。
 お前達が、ここにいるならば、ここが技術の最先端であるとも言える。
 判るか?
 ドワーフ国、国王としてではなくお前達の友として、興味があるのだ。
 良いか?
 ドワーフ王国は、今日この日を以って、ここと正式に相互不可侵条約を結ぶ!
 だが、それは建前。裏で本当に結びたいのは、相互技術提供条約だ。
 これは、何があっても表に出す事は出来ん。
 どうだ? 二つの条約、結ぶ気はあるか?」

 真剣な眼差しで俺を見つめ、そう言った。
 相互不可侵条約に相互技術提供協定だと? 願ったり叶ったりじゃないか!
 俺達を、一つの集団として正式に認める、そう言っているのだ。

「良いのか、それは俺達を国として認めると、そう言っているのと同義になるぞ?」

 俺の問いに、

「無論だ。相互に利益がある話だと思うが?
 あと、気になるのだが、この国の名前は何だ?」

 え? 国の名前?
 俺とカイジンは目を見合い、

「まだ決めてないな…」
「そういえば…」

 その事に思い至ったのであった。

 ドワーフ王ガゼル・ドワルゴはその日は滞在すると言い出した。
 飛翔馬ペガサスで移動するならば、王国とここを1日程度で来れるらしい。
 しかし、夜からの飛行は危険なので、明日帰るそうである。
 俺達は、主だった幹部を集め、急遽、国の名前を決める会議を行う事にした。
 そうして決まったのが、魔物の町"テンペスト"である。
 リムルという名前に決まりかかったので、恥ずかしいから止めさせた。テンペストなら辛うじて我慢出来る。
 自分だけの名前じゃない感じだし、響き的にギリギリ大丈夫な感じだ。
 その夜、町の名前も決まり、皆大はしゃぎの宴会になった。
 この町には結構豊富に食べ物があるので、それなりに質のいい料理が出せる。
 ドワーフ王も期待以上の料理に満足していた様子。
 それは主に、シュナの料理の腕前が素晴らしいからなんだけどね。

 余興と言いながら、ドワーフ王が模擬戦を行う事になった。
 城での生活で本気で身体を動かせないと愚痴りながら。案外気さくな人柄のようで、ここでは互いに名前で呼び合う間柄になったのだが…
 流石に模擬戦は不味いだろう。そう思ったけど、王は聞かない。
 思う所があるようだ。
 仕方無いので、相手をする事にした。
 人間形態に変身する。
 豚頭魔王オーク・ディザスターを喰って俺の体積が若干増えた。
 今は子供では無く、少年少女くらいの身長である。150cmないくらいか。少し成長した感じだ。
 訓練用の木刀を用意し、お互いに構える。
 ハクロウの掛け声に合わせ、試合開始である。

「始め!」

 瞬間、王が目前より消えた。俺の持つ全ての感覚に引っかからない。
 ヤバイ! そう思った瞬間に。正面から木刀を弾き飛ばされていた。
 勝負はついた。一瞬で負けたのだ。
 これが…ドワーフ王。英雄の実力の片鱗を見た思いである!

「いいか、リムル。お前、最初俺が空から来た事に気付かなかったな。
 魔力感知は確かに優れているのだろう。しかし、裏をかく方法は無数にあるのだ。
 お前がとっているであろう、探知の方法を予想し、裏をかく。
 戦の基本よ! もっと精進するがいい。能力に頼ってばかりいると、成長せんぞ!」

 そうか、これが言いたかったのか…。
 俺は納得し、感謝した。

「ありがとうよ、ガゼル。今度会ったら、こんな簡単にはいかねーぞ!」
「フン。言いよるわ、小僧が!」

 俺達の勝負が終わると、魔物達の歓声が広場に響き渡った。
 興奮と熱気が広場に満ちる。
 ベニマルやソウエイ、シオン達も思うところがあったのだろう、真剣な顔になっていた。
 ハクロウは頷き、顔を嬉しそうに綻ばせている。
 俺達はまだまだだ。それを実感させられた出来事だった。
 宴会は夜遅くまで続けられ、皆浮かれ騒いだのだ。



 そして翌日、ドワーフ王ガゼル・ドワルゴとの正式な調停を行い、二つの協定は調印されたのである。
 これが、歴史に魔物の町"テンペスト"が登場する初めての出来事となったのだ。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ